速水健朗の一覧

「速水健朗」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/08/17更新

ユーザーレビュー

  • フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人
    食の消費の選択が、その人の考え方やセンス、ひいては政治思想まで表しているとの主張。体内に取り込むものの選択には分断が伴うというところは、食に携わる人間として抑えておくべき主張に思えた。わかりやすく2つの派閥に分けて話しているが、派閥のアウフヘーベンのようなものはないのだろうか。
  • フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人
    どう食べるかは、政治的選択でもある。

    出版された2013年から、さらに日常的にオーガニックという言葉を目にするようになった2019年に読む。

    理想を追求するのが左翼的な思考。

    そんな風にお硬く考えてなくても、
    自然と関心をもっていた「オーガニック」や「サステイナブル」といったテーマを、全編通し...続きを読む
  • 1995年
    【揺れて荒れて変えて】阪神淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生する中、安室奈美恵がCDデビューし『失楽園』が人々の関心を捕らえた1995年。平成の中でも時代を画す重大事件が相次いだこの1年を振り返りながら、後代に与えた影響について考察を加える作品です。著者は、幅広い分野に関する著作を持つライターの速水...続きを読む
  • 東京どこに住む? 住所格差と人生格差

    家探しは人生である

    東京に住むならどこがいい?
    そんな内容ではありません。
    人は人を求め寄り添って生きていくのです。そんな究極の形であるのが東京という都市なのです。昨今の田舎ブームも以前に比べたら数倍の盛り上がりを見せているのでしょうが、如何せんもとの数字から見ると小さく、移住人口全体から見ると都市への人口流入は拡大し...続きを読む
  • 東京どこに住む? 住所格差と人生格差
    人が住む場所をもっと意識するのは引越しをするときかもしれない。引越しのタイミングは就学、就職、結婚、転勤など受動的な移動が思い浮かべられるけどもっと主体的に移動を意識して良いと思う。主体的に移動しやすい人を考えると結構範囲が限定されてしまうので移動力というのはあるのだなと意識することしきり。

    東京...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!