「小林秀雄」おすすめ作品一覧

「小林秀雄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/07/21更新

ユーザーレビュー

  • 学生との対話(新潮文庫)
    文筆家としての自覚と矜持を貫いた小林秀雄は、講演や対談の場での自らの話し言葉を文字にするときは、必ず速記原稿に目を通し、書き言葉に調えることを必須としていたとのこと。
    今回のこの本は、小林氏の著作権継承者である白洲明子氏の検分と容認を得てようやく刊行されたものなのです。
    そのような経緯があるのですが...続きを読む
  • 学生との対話(新潮文庫)
    熱量がある。


    以下引用

    諸君の現在の心の中に生きなければ歴史ではない

    現代のインテリは不思議を不思議とする素直な心を失っています

    信じるというのは、責任をとること

    物知り人を嫌う
  • 人間の建設
    こうしたひとたちが、同じ場所で同じ時間を共有するということはおもしろいようで、実はさびしいものである。何かが変わることはなく、ふたりという人間がひとりひとりであるということが否応なくわかってしまう。けれど、だからこそ、このひとでしかない、そういうことに気づかされる。小林は小林でしかなく、岡は岡でしか...続きを読む
  • 人間の建設
    20170520
    素晴らしい。一文字も漏らさずに何度も読み返したい珠玉の対話。叡智とか教養とか、そういうものだろうか。直感を文章で紡ぐことが、知でも意でもなく、情に訴えかける「伝えたい」という情熱の確かな発露であるのだと、思い至る。小我を生きるより、大義を探し求め、世のために生きよ。先達にそう背中を...続きを読む
  • 学生との対話(新潮文庫)
    もし、自分がこの場にいたら、きっとお腹の調子がおかしくなったり、呼吸が変なことになってしまっただろうな。という空気感さえ伝わってくる。

    「現代思想について」
    「常識について」
    「文学の雑感」
    「信ずることと知ること」

    の講義後に行われた対話集。

    印象に残ったのは、科学と心理の話。
    科学とは物と...続きを読む

特集