モオツァルト・無常という事

モオツァルト・無常という事

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

小林批評美学の集大成であり、批評という形式にひそむあらゆる可能性を提示する「モオツァルト」、自らの宿命のかなしい主調音を奏でて近代日本の散文中最高の達成をなした戦時中の連作「無常という事」など6編、骨董という常にそれを玩弄するものを全人的に験さずにはおかない狂気と平常心の入りまじった世界の機微にふれた「真贋」など8編、ほか「蘇我馬子の墓」を収録する。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内文学
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年05月02日
紙の本の発売
1961年05月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

モオツァルト・無常という事 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年07月27日

    すくなくも末尾に並ぶ「骨董」と「真贋」は読んでおきたい。

    美は鑑賞ではなく素直な感激と喜びによって立ち現われると語る「骨董」、贋作を刀で文字通り切ってすてた「真贋」だけは。

    ついでに「西行」と「実朝」を読めば、人の美も感じることができるだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月29日

    「近代評論の神様」と呼ばれる筆者の戦中〜戦後にかけての評論集。
    天才の息吹を確実に感じる怒涛の文章。
    高校の現代文の先生が猛烈に薦めてたのにも納得。
    この一冊によって評論という行為に無限の可能性を切り拓いてくれた功績は大きい。
    ただ『西行』・『実朝』・『平家物語』などの所謂中世日本史ものはある程度突...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月08日

    久しぶりに再読したけど、やっぱりわかんないとこがある。
    言いたいことが何となくわかりはするけど、こんな狭いスコープではないんだろうなといつも思う。
    徒然草、に至っては未だにわかりません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月02日

    10年くらい前に読んだけれど、鮮烈な印象は鈍らない。
    「アイネ・クライネ・ナハトムジークなら聴いたことがある」くらいにしかモーツァルトに興味がなくても、じゅうぶん感動できる。モーツァルトの音楽が天国的だと言われる理由に納得したことがあるならば、涙することができる。
    江藤淳の解説も必見。

    ★★★★★...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月14日

    高校の教科書で「無常という事」と出会い、「解釈を拒絶して動じないものだけが美しい」という言葉に深く打たれた。
    座右の銘にしたいけれど、そこまでよく意味が飲み込めていない。
    無常ということを体感してみたいと思う。

    小林先生は全般的に、読んでなにかすごいことがわかったような気分になる。それを説明しろと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    美しい文章という定義付けは難しいだろう。
    たとえばノーベル文学賞に輝くアーネスト・ヘミングウェイの骨太ながらも。危いまでに繊細な心の陰影をのぞかせる文脈とか、妖しく美しくあることが、まるで運命づけられたようにしなやかに律動する川端康成の筆のすさびなどは、その最右翼と目してもよいだろう。

    この本の表...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「無常という事」が高校の国語の教科書に載っていて、
    読んだその時の感動ったら・・・。
    家に帰って父に「この文章すごくいいよ!」って
    自慢したら、父の本棚に小林秀雄の全集がありました。
    文学に興味がなかったあの頃は気がつかなかった・・・。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    小難しい日本語なのに、何故か心地よい。
    日本人でよかったと、時たま心に刻みたくなるような一節があちらこちらと転がっていて大好き。かっこいい。むしろバイブル。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    西行についての本を片っ端から読もうと決めて、手に取った本。
    『西行』だけを読むつもりが、すっかり読みふけってしまいました。
    受験生の時は鬼門だった小林秀雄が、かくも心に沁みるものかと、驚きのあまり泣けてくるほど。
    絶品の日本語だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この人の著作にはまらない人というのは僕は尊敬します。この人に心底批判的になってみたいです。 ぼくにはできません。 それくらい、僕は彼の不確かな日本語の論評が大好きです が

    この頭でっかちの巨人は「音楽」を理解していたとはとうてい思えません。 音楽批評にはほころびがありませんが、だめです。  音楽を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング