「津島佑子」おすすめ作品一覧

「津島佑子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/07/14更新

ユーザーレビュー

  • ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語
    ジャッカ・ドフニとは、北方のトナカイ遊牧民ウィルタの言葉で、「大切なものを収める家」の意味。
    作者は2010年、26年前訪ねた「ジャッカ・ドフニ」の建物でウィルタであるゲンダーヌ氏と出会ったはずなのに、それは喪った子供と同じように幻だったのか・・・。
    「あなた」はどんどん過去へと遡り、1967年の道...続きを読む
  • 狩りの時代
    差別はどの時代にもあるというような描写があった。だから差別はあってしょうがないと諦めるのでなく、どうするかを考え続けなければならないのだけれど、簡単にその回答が出るわけでもなく、本当に難しい問題なのだと、この著書から改めて感じる。 タイトルがズシンとくる。
  • 狩りの時代
    こどもの頃に耳元で囁かれた言葉。フテキカクシャ、アンラクシ、ジヒシ‥誰が、どうして、そんなことばを言ったのか?こどもながらに「口にしてはいけないことば」の気がするが、確かめられない絵美子は、そのまま差別に対して無知で無自覚な「わたしたち」の姿でもある。
    あとがきで、本書が津島佑子さんの遺作だと知る。...続きを読む
  • 火の山 山猿記(上)
    上下巻にに分かれておりかなり長いですが、
    その長さを感じないほど深く入り込んで読める作品でした。

    とある一家の物語をこれほど見事に描ききっている作品は
    そんなに多くはないのではないでしょうか。

    貴重な一作だと思います。
  • 火の山 山猿記(下)
    『純情きらり』ファンにとっては上より下のほうが面白いかも。あー、この場面あったなー、とドラマを思い起こしつつ楽しめること請け合い。