「津島佑子」おすすめ作品一覧

「津島佑子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/05/15更新

ユーザーレビュー

  • 変愛小説集 日本作家編
    このアンソロジー、読んだ人によって、好きになる作品が違うだろうし、好きな変愛も違うのかなって思いながら読んでました。

    私が好きだったのは、以下の作家さん方。(本に入ってる順に)

    多和田葉子さん。多和田さんの作品はどれを読んでも「ことば」にさわれる喜びがあるけど、ここに入ってる作品は「文字」にさわ...続きを読む
  • 狩りの時代
    差別はどの時代にもあるというような描写があった。だから差別はあってしょうがないと諦めるのでなく、どうするかを考え続けなければならないのだけれど、簡単にその回答が出るわけでもなく、本当に難しい問題なのだと、この著書から改めて感じる。 タイトルがズシンとくる。
  • 狩りの時代
    こどもの頃に耳元で囁かれた言葉。フテキカクシャ、アンラクシ、ジヒシ‥誰が、どうして、そんなことばを言ったのか?こどもながらに「口にしてはいけないことば」の気がするが、確かめられない絵美子は、そのまま差別に対して無知で無自覚な「わたしたち」の姿でもある。
    あとがきで、本書が津島佑子さんの遺作だと知る。...続きを読む
  • 火の山 山猿記(上)
    上下巻にに分かれておりかなり長いですが、
    その長さを感じないほど深く入り込んで読める作品でした。

    とある一家の物語をこれほど見事に描ききっている作品は
    そんなに多くはないのではないでしょうか。

    貴重な一作だと思います。
  • 火の山 山猿記(下)
    『純情きらり』ファンにとっては上より下のほうが面白いかも。あー、この場面あったなー、とドラマを思い起こしつつ楽しめること請け合い。