文藝春秋3,000冊以上クーポンで40%OFF!

このエントリーをはてなブックマークに追加

文藝春秋3,000冊以上クーポンで40%OFF!話題作やドラマ化原作など3,000冊以上!【3/23(金)~3/29(木)】

※セーフサーチを中またはOFFにすると、すべての作品が表示されます。

  • このキャンペーンは終了しました 開催中の特集一覧へ

担当者のおすすめ

      • 闇の叫び アナザーフェイス9

        闇の叫び アナザーフェイス9

        イクメン刑事・大友鉄「最後の」事件! 子育てのため長く事務方の部署で刑事としてのモラトリアムの時代を過ごしてきた大友が、新たな岐路を迎えるシリーズ最終作。 最愛の妻を亡くして、残された息子の優斗を独り身で育てることになり、捜査一課から閑職の刑事総務課に移ったイクメン刑事の大友鉄。 その時々で事件の...

      • Number(ナンバー)948号

        Number(ナンバー)948号

        僕らは本田圭佑を待っている。 Keisuke Honda Come Back! 日本がロシア行きを決めた歓喜を、彼はベンチで見守っていた。 2017年11月の欧州遠征では、その名は呼ばれなかった。 だが、3カ月後に迫ったW杯本大会で、彼は不要なのだろうか? もしグループリーグ突破の勝負どころでPKを獲得したら。 そのキッカーを託...

      • 完全黙秘 警視庁公安部・青山望

        完全黙秘 警視庁公安部・青山望

        財務大臣がパーティ会場で刺殺された。現行犯逮捕された男は「完全黙秘」。身元不明のまま起訴される。警視庁長官の特命により捜査にあたる警視庁公安部・青山望は、類似の完黙事件を知る。福岡、京都、歌舞伎町、そして永田町。青山は刑事部、組対部の同期と連携しながら捜査をすすめるうちに、政治家と暴力団、芸能界...

      • 葉桜の季節に君を想うということ

        葉桜の季節に君を想うということ

        ミステリー文学賞&年末ランキング4冠! 本格ミステリーの新時代を告げた記念碑的傑作! かつては探偵事務所で働き、いまは「何でもやってやろう屋」を自称して気ままな生活を送る「俺」成瀬将虎。 ある日、高校の後輩のキヨシの頼みで、彼が密かに惚れている久高愛子の祖父の不審死と、高額で布団や健康食品を売り...

      • リピート

        リピート

        もし、現在の記憶を持ったまま十ヵ月前の自分に戻れるとしたら? ある日突然の電話で持ちかけられた、夢のような「リピート」の誘いに乗って、疑いつつも人生のやり直しに臨んだ十人の男女。ところが彼らは一人、また一人と不審な死を遂げて……。なぜ、犯人は「リピート」した者を狙うのか? 犯人は十人の中にいるのか...

      • 藝人春秋2 上 ハカセより愛をこめて

        藝人春秋2 上 ハカセより愛をこめて

        芸能界に潜入したスパイ、水道橋博士の極秘レポート! 週刊文春の連載「週刊藝人春秋」に大幅加筆。橋下徹からタモリまで芸能界の怪人奇人を濃厚に描くノンフィクション。抱腹絶倒の上巻。 ■主なもくじ プロローグ 藝人は二度書く 第1章 【動く標的】橋下徹 第2章 【芸能奇譚1】タモリの財布 【芸能奇譚2】タモリ...

      • オンナの奥義 無敵のオバサンになるための33の扉

        オンナの奥義 無敵のオバサンになるための33の扉

        『聞く力』シリーズが190万部のベストセラーとなる一方、2017年に“還暦婚”を果たした阿川佐和子さん64歳と、『ふたりっ子』『セカンドバージン』などのヒット作を誇る売れっ子脚本家で、実生活でも背徳の愛を重ねてきた大石静さん66歳。フツーではないオバサン二人が、究極のオンナの生き方を語り合う。 主なラインナッ...

      • やせる力 骨ストレッチ

        やせる力 骨ストレッチ

        注目の「骨ストレッチ」で部分痩せを実現 骨を意識して身体をゆるめる「骨ストレッチ」の部分痩せメソッドを紹介。顔、お腹、二の腕など女性が気になる7パーツが細くなる! Chapter1 顔 ……顔や首のたるみが取れ、小顔になれる。 Chapter2 ウエスト ……脇腹の可動域が広がり、くびれがつくれる。 Chapter3 お腹 ……...

      • 聞く力 心をひらく35のヒント

        聞く力 心をひらく35のヒント

        「週刊文春」の名物対談「阿川佐和子のこの人に会いたい」が、連載900回を超えた。20年間で取材した各界著名人は1000人近い。が、未だにインタビューに苦手意識があるというアガワ。なぜ相手の本音を引き出すことができるのか? 本書では、数々の失敗から会得した「『分かります』と安易に言わない」「『たとえば?』『...

      • 勉強の哲学 来たるべきバカのために

        勉強の哲学 来たるべきバカのために

        勉強ができるようになるためには、変身が必要だ。 勉強とは、かつての自分を失うことである。 深い勉強とは、恐るべき変身に身を投じることであり、 それは恐るべき快楽に身を浸すことである。 そして何か新しい生き方を求めるときが、 勉強に取り組む最高のチャンスとなる。 なぜ人は勉強するのか? 勉強嫌いな人が勉...

小説・ミステリー

ビジネス・実用書

歴史・時代小説

エッセイ・紀行・ノンフィクション