【感想・ネタバレ】テンジュの国(1) のレビュー

書店員のおすすめ

18世紀のチベットで山間の村を舞台に、薬草が大好きな医者見習いであるカン・シバの一家とそこへ婚約者として別の村からやってきたモシ・ラティの日常生活が小さな出来事を挟みながら綴られていく、とっても穏やかでふんわりかわいらしいお話です。そして、巻末についているチベット文化のミニ情報がまたおもしろくて、1冊で二度楽しいのもイイ! 少しずつ距離が近づいていく若い2人の恋愛模様も気になりますが、チベットの生活や服装が本当に素敵で、今よりずっと昔の遠い国のお話なのに、読んでいるとすっかり行った気になってワクワクします。表紙の色使いもとても優しくてなんだか癒されてしまう、不思議なマンガです。

ユーザーレビュー

購入済み

ほのぼのする

ひろぽん 2019年12月24日

可愛いらしいく、とにかく平和で癒されます。
チベット行きたくなる
笑顔や照れてる顔がホッコリしますね

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

hachimitsu 2019年12月14日

素直なカン・シバを見ているのが楽しくて面白かった。薬草の話に夢中になっている姿も良い、今後が楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月25日

チベット版乙嫁語り?ぽい雰囲気。まあ一応架空の国と言うことだが、ちょっとシャングリラみたいな高山地域の民族衣装や暮らしぶりが可愛い。興味をそそる。やっぱり民族衣装を着た娘さんはいい!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月22日

"乙嫁語り”が好きで、同系統を期待して入手。そういう意味では正にドンピシャ。ただ、敢えて同じような作品を読まなきゃいけない、っていうほどの差別化・インパクトは乏しい気がするのでした。まあ自分の好みとして、描かれる女性は本作の方が綺麗だと思うけど。それは見どころ。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

歴史&ほのぼの

さかな 2020年01月12日

昔のチベットの薬剤師を描いた漫画です。内容は薬剤師の日常ドラマといった感じですが、よく言えば平和であり、悪く言えば緊迫感がありません。「乙嫁語り」に少し雰囲気が似てますので、好きな方にはお勧めです。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

薬草マニアのほっこり結婚生活

とかげのしっぽ 2019年12月15日

とある民族の若いお医者さんがお嫁さんをもらって、薬草摘みだったりお薬を作ったりしながらほっこりと結婚生活的な(まだ式はしてない)様子を描く物語。これはほのぼの〜っと読むのに良いなぁ。

主人公は薬草が好きで草のことばかり話すようですが、嫁さんも織物や染織が好き。染織は薬草から抽出するのも多いようで、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月22日

のんびりしてて可愛い、
ただ、もう少しチベットの詳しい知識を教えてくれたらな、と思ったり。なんとなくおしい…

このレビューは参考になりましたか?

残念

みき 2019年01月14日

乙嫁語りっぽいと思って買って見たが
チベットのコアな部分は少なく感じ
どうしても比べてしまうので惜しい気持ちになる

このレビューは参考になりましたか?