【感想・ネタバレ】もやしもん(1)のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

ネタバレ購入済み

おもしろかった

とうふそうめん 2020年08月02日

めちゃめちゃ勉強になる!!!!!!
初めて読んだけど読んでよかった!!!!
続きも読みたいとおまいます!!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月05日

登場人物のキャラクタもさることながら、菌がかわいい。
ライノウィルスも可愛いな。あんまり出会いたくないけど。
菌や発酵食品について無駄な知識が満載で非常に良いです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年08月29日

農大を舞台に、菌を見ることができる主人公が、活躍するでもなくいろんなできごとに巻き込まれていきます。

目に見えない菌の世界を今までにない見せ方で表現されているので、酒造りや体調不良に関わるような菌の話が非常に身近に感じられるようになりました。

農や食に興味のある方にはとてもオススメです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月06日

全11巻 学ぶこととは何か考えさせられる作品。中学や高校の頃に出会えていたなら人生が変わっていたと思う、きっと。もっと続いて欲しかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月08日

酒が恋しくなる。菌が可愛い。沢木が可愛い。みんな可愛い。長谷川さんの恋を見守りたい。もっと続いてほしかった。もっと早く出会いたかった一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年10月29日

ためになる漫画。可愛いキャラに凝った設定。必見!

あらすじは菌が見える青年が農大に入学。教授、先輩、同級生との出会いを経て成長していくという農大キャンパスライフを描く。

菌が見える。というのはもう完璧にフィクションで主人公は菌がデフォルメされた可愛らしいキャラクターとして見えている。
...続きを読む菌。とは一般的な菌の事で、作品中の菌は拡大したものを作者がまんまデフォルメしている。

内容はストーリーパートと説明パートの大きく2つにわけられ、主人公達が活躍する通常のストーリーと菌やキャラクターが時に日本酒とはなんぞや。を説いたり、表皮常在菌にはこんな役割が?!などためになる知識を噛み砕いて説明するパートに分かれている。

ストーリーはギャグありシリアスあり笑いあり、恋愛あり、微笑ありと目まぐるしく展開されていく。


文字数が多く、単に漫画として読むのは非常に面倒に感じてしまうかもしれない。
しかし、ストーリーに菌の知識などをうまく載せているので楽しみながら勉強になる情報を仕入れる事ができる。
特に、酒については多々、話が挙がっているので酒好きにはぴったりのネタがごろごろ転がっている。
しかも、菌をキャラクター化する事で親近感も持たせており、そのキャラクターは子供たちの人気も獲得し、絵本にまでなった。


 話も斬新で展開が全く読めないところも魅力の一つです。
 好きなのは枠外のキャラクター説明と作者のつぶやき。意外とツボです。
 そんな
 ためになる漫画。ぜひ、ご一読を!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年07月24日

お友達からお借りして読みました。
全巻読み終わって、『この漫画に出会わせてくれて本当にありがとう!!』と、お友達に全力でお礼を言いたいです。

舞台は東京の農業大学。
最近は荒川さんの銀の匙とかで農業系のお話が話題を呼んでますが、こちらのお話は農業のもっともっと深い所のお話。
主人公は実家が「もやし...続きを読む屋」を営んでいる菌を肉眼で見ることが出来るという男の子。『菌が見える』って、そんな発想聞いたことないですよね。目からうろこ。しかしこの設定がまた面白いんです!!
空気中を漂う菌たち。私たちの体に無数にくっついている菌たち。菌って聞くとなんか嫌なイメージを持ってしまうんですが、この漫画を読むとガラリとイメージ変わります。
菌たちが可愛らしく描かれている、という点ももちろんありますけど、お話が進むにつれ菌たちがもたらす奇跡が本当に素敵なのです。
普通の漫画とは違って、ストーリーとは別に菌についての説明や菌を使った様々な発酵物に関する説明も盛り沢山です。きっと全部読めばそれだけで一気に雑学が増えます(笑)
ただ全部読むのは結構大変…(笑)

1巻~13巻まで様々なシリーズが展開されていますが、どのシリーズも甲乙つけがたいほど面白い。
菌が見える主人公沢木の成長と、仲間たちのそれぞれの恋愛と。新しい仲間を加えて行われる未来と。全部がちゃんとまとまっていて、最終巻は最終巻に相応しいほどの良作。ここまでちゃんとまとまっているのもなかなかありません。
でもでも、この先ももっと読みたいってよくももちろんありますけどねー!!
何にしても、読んで損はありません!自信を持ってオススメします!一度読めば菌たちの虜になるはず!(笑)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月03日

読んだことはあるけど、この度、購入することになったので、じっくり読めました。
これは、最終のインパクトがすごかった。
菌が見えるという設定も面白いが、アザラシの発酵物を校内で生産し、内蔵物をすするという樹先生のキャラにも衝撃を受ける。
継続して読みたいコミックです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年04月27日

 これ,面白いマンガです。まわり中の菌が見えてしまう直保という男の子が主人公。菌の名前がたくさんでてきて,わけわかんないけれども,もしかすると,知らないうちに覚えてしまうかも…なんて気もする。その直保が,農業大学に入学するところから物語は始まる。最初から,世界中の変な発酵食品が出てきて,それだけで興...続きを読む味がそそられる。
 こんな細菌たちが,目に見えるって設定は面白い。除菌をしたくなってくる人もいるだろうけれども,除菌なんてムダだなと思う人もいるかも。

 さて,本書を手に取ったのは,NPO法人「えがおつなげて」の方の講演をうかがう機会があってのことである。いきなり13巻まで手に入れたのだけれども,これからも楽しみ。
 第1巻からは,大学の先生(樹慶蔵)の次の言葉を転載しておこう。農業大学で学ぶ意義が書かれている。これは,本書を手に取って楽しむ意義でもある。

「農学は生物の全てを学ぶ学問だ。農という人の営みに限定された物を学ぶだけではない。はるか太古から微生物や自然が営み創り出して来た物や現象を学び乍ら,未だ我々が定義すら出来ない新たな物を発見していく事も農学の使命なんだ。つまり,農学は太古と未来をつなぐ至高の学問と言ってもいい。」(,や。は補いました。)

 どうです。ふかーいマンガでしょ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年07月12日

気になっててやっと読み始めた!
菌が可愛い、、、。あんなふうに見えたらなぁって思っちゃう
早く全巻読みたい(^-^)♡

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

(匿名) 2020年04月27日

肉眼で菌が見えるという超特殊能力を持つ沢木惣右衛門直保が主人公。
舞台は東京の農業大学。登場人物がみんなキャラ立ちしていてストーリーと共に楽しめる。
1巻から農ウンチクが満載。読むのにちょっと時間がかかるかも。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月13日

説明が詳しすぎるところは端折ったりしちゃいましたが、こういうウンチクストーリーは好みです。新しいことを知る楽しさを感じました。菌が可愛いです。シリーズ読んでいこう、と思えました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月02日

日頃見えていなかった部分も含めて、
みんなが息づく世界に、改めて感謝したくなる一冊。
グルメ本としても。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月28日

設定が衝撃的で、絶対面白いと思って読みました。
菌関係の話は面白いですが、キャラの性格が現実離れした人ばかり…。読者を置いて行きがち。基本うんちくだらけのマンガで、上から目線のうんちく語りキャラ達がなんとなくめんどくさい。偉そうな割に、内容は間違ってる事が多い。
菌しか出てこない話が時々あり、それに...続きを読む癒されます。

絵があまり上手くないです。アニメの方が絵が上手く、話も暴走してなくて、原作より面白かったかも。

余談ですが私も生物学専攻なので、菌は見えませんが、少しだけ'感じる'ようにはなりました。蓋開けとくと菌が入るなーとか、これ3日経ってるから菌増えてきてるだろうな、とか(笑)
このマンガを読むと少し世界が変わるかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月18日

無事完結!
(物語の中の時間が)1年で終わってよかった。
余韻が残るような、後ろ髪引かれるような、みんなの今後について想像の余地が残る終わり方でよかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月11日

農大に入学した種麹屋の息子と造り酒屋の息子の話。
菌に関することなら何でも話題になるらしい。

かなり詳しく菌について書いてあります。
お酒、漬け物、乳酸菌など生活に密着して存在してる菌だけじゃなくて、アザラシのお腹の中に海鳥を入れて土中で発酵させ、鳥の内蔵を尻から吸って食べるというおぞましい物まで...続きを読む色々出てきました。。

主人公が「菌が見える」という設定のため、部屋が汚いシーンとかげんなりするほど汚いです。
そういうシーン以外は面白かったです(´∀`;)
続きが気になる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年04月27日

農大のリアリティと、
菌が見える主人公とそれに纏わる企みというファンタジーを、
くどくど説明されるマニアックな薀蓄が橋渡しをし、
不思議と繋がっていく。

本当はもっと、
もやし屋の話かと思っていたのだが、
これからなのかな?

ずっと我慢に我慢を重ねていたが、
ついに買ってしまった・・・。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年09月08日

再読。そういえばホルヌッセンなんてあったっけ!O-157騒動の首謀者・長峰がここに^^;(お尻を手で拭いたのかーっ?!)それにしてもラクレット美味しそうです!!キビヤックやホンオフェは勘弁して欲しいけどこれは率先して食べたい!(ただし長峰抜きで)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年03月23日

読んでいると何だか安心する漫画。
1巻読むのに平気で1時間かかったりするけど、面白いから読み飛ばすこと無く隅から隅まで読める。登場する女の子は可愛いけど顔がだいたい一緒だね笑

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月24日

菌が肉眼で見える青年、沢木直保が農大で送るキャンパスライフ。
菌を目で見ることができるというトンデモ設定を元に、微生物学的なアプローチが面白い。
内容的にはかなり学問的な深みに突っ込んでいるが、個性的で魅力のあるキャラクターが活躍することで極めて漫画的に面白い内容になっている。
食品科で応用微生物学...続きを読むを学んだ身としては、菌の活動が馴染み深くもあり、興味深くもあり。
コウジカビや乳酸菌を、シンプルで可愛らしい図柄のキャラクターで描いたその発想に脱帽です。

このレビューは参考になりましたか?