【感想・ネタバレ】鳥居の向こうは、知らない世界でした。 癒しの薬園と仙人の師匠のレビュー

ユーザーレビュー

購入済み

どんどんのめりんでいく

Laline 2021年03月09日

千歳の生い立ちが過酷だと異界に行き零先生や仲間たちの温かさが胸にしみる。
どんどん物語にのめり込んで行っちゃいました。
薬膳の料理やデザートのレシピが知りたい!

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

シリーズ1巻。

蜜蜂 2020年12月14日

主人公の千歳は家族と上手くいっていない孤独な女子大生。二十歳の誕生日に訪れた神社で黒兎に導かれ、鳥居を抜けて異世界へ。仙人・零に拾われ薬師の弟子になり、徐々に楽しくのびのびと暮らすようになります。元の世界では異母弟・優が彼女を案じているようなので最終的には元の世界に戻るのかな?と思っていましたが、違...続きを読むう様ですね。それまでの人生が孤独だった分、親代わりの師匠(外見若いけれど仙人なので結構お歳…言動もお爺ちゃんぽいw)や友人にも恵まれた異世界生活は幸せそうですもんね。次巻以降の展開が楽しみです^^❤

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

りん 2020年05月03日

主人公の話し方や感情の持っていき方に好感が持てました。無理がないというか。
頑張っただけ褒められて、癒されて、しがらみのない世界でひと呼吸つけた感の主人公が、とてもいい感じで応援したくなります。
主要登場人物がみんな優しくて読んでるこっちが癒されるので、何度も読みました。
私も癒しのご飯食べた...続きを読むい。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

穏やかな異世界譚

usaBrou 2019年02月13日

ほっこり、暖かくなる感じ。
よくある、ある日突然異世界に行くお話し。
こうゆう話は、大抵、主人公が何とかして元の世界に帰ろうとして足掻くものだけど、この主人公はどんどん異世界に馴染んでいく。
それがなんかいい。
続きがとても気になります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月01日

父親だけ血の繋がりがある家族と暮らし、日々の生活で目立たずひっそりと自分を殺して生きてきた千歳。
彼女がある日、神社で異世界へ飛ばされてしまう。
異世界で、薬師の零先生と出会い、薬師としての修行を始める。

異世界の国、郷で過ごすうち、
千歳が少しずつ感情豊かになり、大切なものが1つまた1つと増え、...続きを読む温かく見守ってくれる人々が増えて行く。
「大切なことは目には見えない」けれど感じることは出来る。

作中に出てくる薬膳料理も美味しそうで、食べ物って効能あるんだったなと今更ながら気づきました。笑
郷に行ってみたい(*'▽'*)

大切な人や大好きな人に恵まれるって、何にも代え難いそれだけで十分幸せなことだなーと痛感。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月04日

「かくりよ〜」とはまた違った世界観でしたが、こちらもとても楽しめました。
近々、次巻が出るようなので楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

表紙のイメージ通り

hiropon 2017年05月04日

表紙のイメージ通り、幻想的で清浄な空気感があるお話だった。
どこかしらに傷を持った人達と、薬膳などの薬師などの職業からくる背筋がのびるかんじ、ピアノの音色がうまく合わさり、美しいイメージがわく。
読後感爽やかなすがすがしい感じがする。

すごく大切に書かれている感じがする。
読んですごくよ...続きを読むかった。

続きもあるといいな

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

異界

さっち 2021年03月04日

食べ物の描写が絶妙で,台湾あるいは中華街に行きたくなる。
料理がしたくなる。
身体に良いものが食べたくなる。

目の前に異界の美しい世界が広がっていく。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

読み進めてください!

おもち 2020年11月21日

今流行の異世界ものはチート設定が好みではない為、敬遠しておりましたが本の雰囲気に釣られて購入。
 冒頭は本当に読み辛く、物語の先の予感のさせ方あまりにわかりやす過ぎたため、かなり若い子向けだったかと懸念しました。
読み進めていくうちに惹き込まれてしまいあっと言う間に読了してしまいました。
千歳の成長...続きを読むとこれからの展開がとても楽しみです。
続刊も購入済なので大切に読みたいと思います。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

鳥居の向こうは知らない世界でし

菊ちゃん 2020年06月01日

鳥居の向こうと題名があったので神様のお話かと思いましたが、黒兎に導かれて不思議な異世界に辿り着いた主人公。最初は悲しい彼女の生活は何とか解決出来ないのかと気を揉んだりしました。現世では自分の感情を押し殺しまるで空気のような存在だった彼女が、異世界で徐々に他人との関わりを変えていく様子は私にも安堵感と...続きを読むこれから続く物語期待でいっぱいです

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月20日

Tさんのお勧め。

かくりよの飯と同じ作者。
ファンタジーとしては異世界の話の方が好きなのかも。
前世鬼夫婦の話より楽しめた。

美人で、瞳に仙力を持ち、ピアノの名手ときてはちょっと主人公にのせすぎかもしれないが。
偉い仙人の先生に第三王子とイケメンぞろいなのは、まあいつものこととしても。

千歳の...続きを読むピアノの演奏との仙力に反応して。
焔草の花が咲く場面は幻想的で美しかった。

ただ、難を言えばピアノはちょっと現代的すぎるかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月24日

継母との関係がうまくいかず、一人ぼっちで生きてきた大学生の千歳が台湾みたいな異世界「千国」に迷い込む中華ファンタジー。千歳は零先生の元で薬を作り、人々から感謝されるようになる。イケメンが何人か出てくるが恋愛要素はない。安心する。
とにかく、癒しのストーリーである。
そして、台湾風のスイーツはじめ、出...続きを読むてくる食べ物がとても美味しそうなのだ。

最後に千歳が現世か異世界かのどちらかを選ぶ時が来るのだが、彼女は現世の方を選ぶのかなと思っていた。が、異世界の方を選んだ。(現実世界では、行方不明になった扱い。)
現実世界でも、うまくいかない人間関係やいじめがあった場合、そこを避けるのも一つの手段だろうから、仕方ないのかなとも思う。
優しくて強い、千歳の幸せを祈りたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月06日

お宿のお話のような軽妙さではないけれど、扱ってる薬膳等の題材の為か深みがあり、水気を充分に含んだ水晶のような、浄化の力の感じがする
ただ気を引く終わらせ方だったのと後書きがないのが残念
続き期待
好みから言えばきらきら星からドビッシーまで行ってほしい

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月08日

気が付けば、異世界にいた主人公。
そこで手に入れた、自分の大事な場所。

世間では昔の恋人の子供、という位置の主人公。
しかも今の妻は、母と父の同級生であり、友人であり…。
ものすごく、噂話になりそうな状態です。
弟と妹という存在もいますし、今妻がぴりぴりするのも
分かる気がします。
が、存在はとも...続きを読むかく、こうなる事も考えて
夫に突撃したわけですし。

おかげで『空気』に長けた主人公は、あちらでも…が
徐々に存在感を、自己主張を? してきています。
成長した、というのもありますが、受け止めてくれる
安心感が分かったというのもあるかと。
時折やってくる明るい青年も、拾ってくれた外見青年も
人がいればそれだけ、何か背後があるものです。
笑顔をまとうか、感情を出さないか、は
それぞれの生活環境と身を守る手段によって。

話してみないと分からない事もたくさんありますが
後悔しない方向を取りたいものです。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

ほのぼの異界もの

naoko 2020年01月31日

異界へ迷い込んだ主人公が薬師として生きていくお話。孤独な主人公が異界で少しずつ人との関わりを築いていく様子が良かったです。宮中の厳しさが垣間見えるものの、ほのぼのとしたイメージが心地良い作品です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月21日

サラッと読める作品。そして最後の終わり方が気になりますね。世界観を掴むのに少し時間がかかりましたが、私の好きな和風系ファンタジーです。主人公の気持ちが痛いほど伝わり、読み終わったあと、心がほんわか暖かくなる一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月05日

20170303
綺麗な装丁に惹かれて手に取って購入。
あらすじから読み取れるよりも丁寧な物語。

誰もがみんな、傷を隠して生きている。

花南のお母さんが綺麗にお手入れしていた爪を切って、
“お母さんの手”になって、花南の頬を撫でる。
じんときた箇所はいくつかあったけれど、
こういう細かい描写が丁...続きを読む寧な所が好み。

続きが楽しみだなぁ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

ん~~

りっちゃん 2021年02月12日

設定自体は悪くないし、主人公も可愛らしくて良いのだけれど 最初に異界に行くきっかけがウサギのためか、和洋中プラス現代と近世がごちゃ混ぜになった感が否めなく なんか読んでいる途中途中でしっくりきませんでした。「こういった世界観です」と言われてしまえばそれまでなのですが。

このレビューは参考になりましたか?