西川正身のレビュー一覧

  • フランクリン自伝
    人生は短いので、だらだらしている時間をなるべく減らして十三徳の樹立と富の蓄積に励まなければならない。これが幸福への最速の道であると思う。
  • フランクリン自伝
    ベンジャミン・フランクリン。

    健全な自尊心をもち、相当な読書好きで勉強をしたことがうかがえる。

    何故この本が古典となったのか? その価値は青年に向けて、節制や勤勉や誠実であることの重要性を、一庶民であったフランクリンがそれらの特性を養いながら立見出身できたところにあるのではないか。

    良い本は行...続きを読む
  • フランクリン自伝

    自伝を初めて読んだ。
    こんなに面白いものだったなんて。

    まず、決して裕福ではない時代、そして家に生まれたフランクリンですが、
    彼が彼自身または書物よって導き出した考えにより、
    合理的に誠実に動き、苦難にあいながらもまたそうする事で己の人生を運び成功して行く様がとても感慨深く、感銘を受けました。
    ...続きを読む
  • フランクリン自伝
    発熱で寝込んだ時に読み始めた。

    もっと説教臭いのかと思っていたが、割と坦々とした内容であった。

    時代を感じさせてくれるので面白く読めた。

    言うならば、アメリカ開拓時代?の風景が想像されるような時代。
    日本で言えば、戦後の昭和40年代から50年代ぐらい?として、勝手に映像化して楽しめた。

    偉人...続きを読む
  • フランクリン自伝
    個人的には科学者としての側面ばかり認識していたが、
    本書を通して実に幅広く、かつ目覚ましい活躍をした人物であり
    また著しい立身出世を成し遂げた人物でもあるということを知った。

    十三の徳については、その内容自体もだがいかにして身に付けていくか、ということの説明に大きな価値がある。

    自分は俗物なので...続きを読む
  • フランクリン自伝
     教養的読書。ベンジャミン・フランクリンといえば100ドル札紙幣に描かれているアメリカ合衆国建国に大きく貢献した人物として有名である。フランクリンは決して恵まれた家庭に生まれたとは言えず、植字工など苦労の多い時期を経験している。そこからの立身出世の物語はアメリカンドリームの原型なのだろう。フランクリ...続きを読む
  • フランクリン自伝
    13の徳を磨く方法や、どのような生涯を送ったのか、時代背景、どれも楽しかった。日常に生かすにはっていう視点を持って読めた。
  • フランクリン自伝
    ベンジャミン・フランクリンは、日本ではあまり有名ではないが アメリカではThe Father of All Yankeesと呼ばれ アメリカ建国の父として非常にポピュラーな存在だ。

    彼の肩書きは、印刷業者・ジャーナリスト・哲学者・発明家 ・慈善事業家・政治家・外交官・科学者・文学者と多岐に渡って...続きを読む
  • フランクリン自伝
    フランクリンがどのようにフランクリンになったのか、
    その秘訣が余す事なく公開されています。
    自伝のため美化しているきらいはあるものの、
    その「自己を律する能力・努力」は、
    自分に甘いと自覚する私にガツンと喝を入れてくれます。
  • 新編 悪魔の辞典
    「誰だって頑張ってるんだよ!」「信じれば夢は叶う!」みたいな言葉に吐き気を催す人へ。ビアスの真骨頂。
  • 新編 悪魔の辞典
     風刺と機知に富む社会批評で、
    アメリカ草創期のジャーナリズムで
    辛辣な筆を揮ったピアスの箴言警句集。
    その中で面白かったのが、
     「王子さま」
       ロマンスの中では田舎娘に、
      現実の生活では友人たちの細君に
      愛情を施す青年紳士。
     「電話」
       気に食わぬ奴を寄せつけないでおく
      便...続きを読む
  • 新編 悪魔の辞典
    原語で読めたらさらに面白かろうに!
    言葉遊びと、辞書のように他の類義語に対応させているのでより面白い。
  • 新編 悪魔の辞典
    一番のおすすめは『友情』
    天気の良い日は二人ぐらい十分乗れるが、悪い日にはたったの一人しか乗れない船。

    他のおすすめとしては『大砲』『批評家』『殺人』『お金』『阿片』『尊敬』などが素晴らしい。
  • 新編 悪魔の辞典
    ひねくれものとあまのじゃくは必携だと思う。ただし読み過ぎると穿った見方を獲得しすぎて多分社会生活に影響します。
  • 新編 悪魔の辞典
    捻くれものは絶対読んでいる一冊 笑 「偏愛」→「幻滅への予備段階」で妙に納得してしまいました。なるほど捩れた世界の方が見通しが良いようです。
  • 新編 悪魔の辞典
    「人ってここまで皮肉れるものなんだなぁ…」と思わず感動さえ覚える一冊です。
    古典文学の定番でもあり、未だに根強い人気を持ちます。
    とにかくページをめくった瞬間から出るわ出るわ、ブラックジョークの嵐。
    唖然のち苦笑、時々鬱。
    「一年」を思わず「365回の失望からなる一期間」と読んでしまわない程...続きを読む
  • 新編 悪魔の辞典
    人間って昔も今も考えてる事あんまかわんないだなあと読んで思った。
    ウイットに富んだ会話を欲するけども、どうもするっと出てこない。そんなシャイで弱気な貴方のポケットに是非一冊。
  • 新編 悪魔の辞典
    題名の悪魔って言葉は内容と関係ないです!!この辞典は多くの真実を教えてくれます。新明解国語辞典を超えてこれが本物の辞典です!!とにかく読んで下さい。思わず笑っちゃいますよ。
    例えば「逮捕された」を引いてみると「現行犯で捕まり、お巡りを納得させるだけの持ち合わせていない。」
    「達成」は「努力の死、嫌悪...続きを読む
  • フランクリン自伝
    主に節制と勤勉の徳について書かれていた。自分で定めた13の徳を毎週一つずつに集中して身に付けようとしているのが印象的だった。
  • フランクリン自伝
    フランクリンの生い立ち、人生観だけではなく、当時のアメリカ黎明期をも知ることができ面白かった。
    国籍関係なく、優れた人物だった。