アンドリュー・マカフィーのレビュー一覧

  • プラットフォームの経済学 機械は人と企業の未来をどう変える?
    今後発展していくであろう、マシン・プラットフォーム・クラウド(crowd)について詳述している本書は、これからの未来を予知している様なものでもあり、将来を考えていく上で必須な知識であると思った。
    特に、インターネットが発達した要因に、完全・無料・瞬時という3つが重要であったことは面白かった。
  • プラットフォームの経済学 機械は人と企業の未来をどう変える?
    プラットフォームの日本語訳って”舞台”とか基盤”って意味がり、ビジネスでいうとアメリカのGAFAやUber、Airbnb等、需要者と供給者を結びつけるプラットフォームを構築して莫大な利益を上げています。そんなプラットフォームについて人工知能やロボット、ビットコイン等の科学技術を絡め解説されています。...続きを読む
  • プラットフォームの経済学 機械は人と企業の未来をどう変える?
    前作「ザ・セカンド・マシン・エイジ」に続く、引き込まれるような面白さ。free, perfect, instantなテクノロジー・ベースのサービスに無限の希望が拡がる。500頁の大作が苦に感じさせない、疾走感がある。
  • ザ・セカンド・マシン・エイジ
    現在、話題になっている自動車の自動運転は経済学者が2004年の著書「新しい分業」でコンピューターには無理が仕事を判断したそうである。この例が示すように、コンピューターが予想を超えたペースで人間の能力を超えてきてる状況を筆者は「第ニ機械時代」と呼んでいる。筆者によると現在はその「第二機械時代」のほんの...続きを読む
  • ザ・セカンド・マシン・エイジ
    グーグルのハル・バリアンは「どんどん安く豊富になるものにとって必要不可欠な存在となる」ことを奨めるが、データ・サイエンティストや携帯電話向けのアプリ開発者は、まさにそれである。また遺伝子配列の解明が進むにつれて、遺伝子関連のカウンセラーも必要不可欠になるだろう。

    現在すでに利用可能なオンラインの教...続きを読む
  • ザ・セカンド・マシン・エイジ
    人工知能についての学びだけではなく、

    過去のコンピューターの歴史、進化と合わせ、

    今後の世界が読み解けます。

    様々チャンスを得るヒントが詰まった1冊です。

    おすすめですよ!!
  • ザ・セカンド・マシン・エイジ
    AIと経済社会に関する本。

    ファーストマシンエイジ(=蒸気機関)と匹敵する大変革をセカンドマインエイジ(=IT、AI)が起こすとの論拠を具体的な例を多数含めて説明している。

    AI関連で一番参考になる。
  • ザ・セカンド・マシン・エイジ
    蒸気機関が馬の仕事を奪ったように、コンピュータが人間の仕事を奪うのか?
    最近特に興味を持っているテーマなので読んでみました。
    同じく興味を持っている人にはおすすめの本です。

    本書では、肉体労働が機械に置き換わった産業革命を「ファーストマシンエイジ」、知的労働がコンピュータに置き換わる近い将来を「セ...続きを読む
  • 機械との競争
    「テクノロジー失業」
    テクノロジーの進化の早さは指数関数的に伸びており、人間が調整可能な範囲を超えているため、人間の雇用を奪っていく。
    自動運転、翻訳。
    複雑なパターン認識での進化のスピードも加速している。

    人間が機械と共存するには、
    組織革新と人的資源への投資。
    組み合わせによる新規市場・ビジネ...続きを読む
  • 機械との競争
    [並走から、追い抜きへ]企業が莫大な利益を得る中で、雇用者数の改善が一向に見られない状況に目をつけた著者は、経済と技術の相関に目をつける。そして、雇用者数の改善が見られない理由を、技術のあまりにも急速すぎる発展にあるとし、多くの労働が機械にとって代えられるという事態が既に起こりつつあることに気づく....続きを読む
  • 機械との競争
    第1次産業革命や第2次産業革命と同様に、現在のコンピュータの発展によってコンピュータが人の仕事を盗むかというとその通りで、とは言ってもその代わりコンピュータにはできない複雑な仕事は増えるので問題はない。なのだけど、情報技術に対して順応するのが遅くまだまだ仕事が整っていないというのが現状の問題のよう。...続きを読む
  • 機械との競争
    産業革命が進展していた頃、機械に職を奪われるという危機感を頂いた労働者が織物機を破壊した事件(ラッダイト運動)については歴史の授業で習ったが、いまやICTが職を代替する時代になっているということを各種分析を根拠に解説している。「平均的な人間の大多数が従事している仕事については機械がこなせるようになる...続きを読む
  • プラットフォームの経済学 機械は人と企業の未来をどう変える?
    ☆3.5くらい?。間を開けすぎて読んだので結局何だったの?という印象が一番強かったが、ブロックチェーン等、所々興味のある箇所はあり。原著のタイトルはMACHINE,PLATFORM,CROWD :HARNESSING OUT DIGITAL FUTUREなので、ちょっと日本語のタイトルは違うかなぁ、...続きを読む
  • プラットフォームの経済学 機械は人と企業の未来をどう変える?
    プラットファーマーの時代となった現代における、企業のあり方について考えさせられる本。
    人間にもまだまだ活躍の場所があるという事だと理解したが、会社がこの先うまく対応していけるのか、世界の動きについていけるのか心許ない。
  • プラットフォームの経済学 機械は人と企業の未来をどう変える?
    「人間はテクノロジーを使って何をしたいのか、目的を明確にしなければならないし、人間の価値について深くかんがえなければならない」
  • 機械との競争
    「イノベーションのジレンマ」の言葉を借りると、
    人間自体が「持続的技術」で、機械が「破壊的技術」と言えるかもしれません。

    テクノロジーの急速な進歩によって、雇用が減り、クリエーターと肉体労働者に二極化するという話です。


    1.この本をひと言でまとめると
     「機械との競争」に人は負けている。機...続きを読む
  • 機械との競争
    景気が良くなっても雇用環境が良くならないのは、テクノロジーの進歩による「雇用の喪失」だと。
    産業革命を牽引したのは「蒸気機関」、次が「電気」、そして現在進行中のコンピュータとネットワーク。
    「文明がこれまで成し遂げた最も偉大な功績は、機械を人間の主人ではなく奴隷にしたことである」
    しかし、人間側のス...続きを読む
  • プラットフォームの経済学 機械は人と企業の未来をどう変える?
    ◯企業は人間とマシン、モノやサービスとプラットフォーム、コアとクラウドのバランスを見直す必要がある。(39p)

    ◯企業が存在する根本的な理由の一つは、市場参加者が必要に応じて都度集まるやり方では完備契約が結べないことにある。(467p)

    ★世界を変えるテクノロジーを3つの切り口で整理。訳が良いの...続きを読む
  • プラットフォームの経済学 機械は人と企業の未来をどう変える?
    Machine,Platform,Crowd
    ビジネスの世界を変える3つのトレンドはマシン、プラットフォーム、クラウド

    プラットフォーム;フリー、パーフェクト、インスタント
    ロボティクスの近年の進化は5つの要素が同時並行的に発展した。
    DANCE; Data,Algorithm,Network,C...続きを読む
  • 機械との競争
    テクノロジーは雇用を破壊する。

    コンピューターは雇用に影響を与えず、近年低迷しているのではないか、と言われていたが、むしろ逆だ。発展が早すぎて人類が進化に追いつけていない。
    コンピューターの発展は雇用体系を大きく変え、失業を起こしている。
    労働力を節約する手段が、その労働力の新たな活用先を見つける...続きを読む