酒巻久のレビュー一覧

  • ドラッカーの教えどおり、経営してきました
    ドラッカーの教えを実際にどのように経営に活かしてきたのかを実例をふんだんに交えながら語られていて興味深い。

    1.利益の出し方
    ムダをなくす:古いものを体系的に捨てていく。時間のムダをなくす。
    社員の目的・目標を明確にして達成には報いる。
    2.自ら動く社員をつくるマネージメント
    強みを活かす。すべて...続きを読む
  • 「会社のアカスリ」で利益10倍! 本当は儲かる環境経営
    201511/
    不良(品)の発生は「人・物の移動距離」や「作業者間のコミュニケーションの濃淡」と密接な関係があり、間締めはその低減に大きな威力を発揮するのだ。/
    一事が万事とはよくいったもので、小さなルールが守れない人間に大きなルールが守れるはずがないのだ。ゴミや前向き駐車など取るに足りないようなこ...続きを読む
  • 見抜く力 リーダーは本質を見極めよ
    ビジネス書週間ランキング2位2015/10/4週

    キャノン電子の社長が赤字の原因や人間の本質の見抜き方などリーダーが養うべき眼力について具体策を交えて解説した。

    いつも手元に置いておきたい一冊。
    経営の話だが一階の社員でも理解できる、わかりやすい文章。
    順序立てて見抜く力を紹介している。
  • ドラッカーの教えどおり、経営してきました
    興奮しながら一気に読みました。

    読んだ経営者の甘えを許さない本というのが
    初読の感想。

    やっぱ【実際出来たし】というのが一番説得力ありますよね。

    今年読んだ本の中で一番、線を引いて
    一番折れ目をつけた一冊です。
  • 朝イチでメールは読むな! 仕事ができる人に変わる41の習慣
    好きな本。

    買っても良い。

    手元に置いておきたい本。

    好きな感じ。

    こういう考え方が好きね☆
  • ドラッカーの教えどおり、経営してきました
    TOPPOINT 2011年5月号より。

    著者はキャノン電子㈱の社長。

    ドラッカーの経営学の教えを実践してきた
    経営者がドラッカーの教えを仕事へ落とし込む方法を
    解説。
  • ドラッカーの教えどおり、経営してきました
    キャノンの酒巻さんの話は実感がありとても参考になりました。ここまでドラッカーの教えを忠実に守っている方は、なかなかいないですね。パナソニックの中村会長もドラッカーと幸之助創業者の共通点を挙げておられています。
    私の指南書にもなっています。
  • 朝イチでメールは読むな! 仕事ができる人に変わる41の習慣
    実際に、朝イチのメールをやめると仕事の効率があがった。
    他にも役立つ知恵がたくさんあり、ためになった。
  • 朝イチでメールは読むな! 仕事ができる人に変わる41の習慣
    仕事の上での習慣で参考になるものが多い良書だった。
    とくに通勤時の準備と反省、
    メールを朝イチで読まないというのは
    効果的だと思う。
  • 「会社のアカスリ」で利益10倍! 本当は儲かる環境経営
    環境への取り組みは、お金がかかったり、ケチケチとしみったれた印象を持っていたが、儲かる環境経営は会社のどんなアカを落とすのかを具体的に知ることができた。
    よく言われる3Rの中でもリデュース、ムダの削減が大切だということが理解できた。
    トップのリーダーシップと従業員全員が自分で考え、行動する職場。意識...続きを読む
  • 朝イチでメールは読むな! 仕事ができる人に変わる41の習慣
    キャノンという日本企業の経営者らしい視点。手書きのメッセージ、サイン、報告、部下の心情など、非常に参考になった。ただし、自然科学の前に人は皆平等の精神とは相容れない。
  • ドラッカーの教えどおり、経営してきました
    学者やコンサルタントが書いているマネジメント本よりも、ずっと現実、実例に即しており、実感がこもっている。原典の引用もあるので、どの理論をベースにしているかわかるし、原典に当たって深掘りすることもできる。
  • リーダーのための伝える力
    リーダーは組織でどのように必要なことを部下に使えるべきか?について具体的に多項目に渡って書かれている。

    報告のタイミングから気配りの仕方、話し方等。
    当たり前のが書かれてるがこれからリーダーになる様な人にはオススメ。

    中身が濃いのでたまに見返す様な教科書的な使い方が良いと思う、
  • 見抜く力 リーダーは本質を見極めよ
    直前に読んでいたザ・会社改造(三枝匡)と共通する内容が多かった。
    トップ人材は近いところに収斂していくのだろうか。

    事業立て直しプランが、売り上げ据え置きで経費を減らすという、当たり前というか面白くない策であるように思ってしまうが、そこには数値ベースでの確固たる理由があり、結果、利益率を大幅に改善...続きを読む
  • リーダーのための伝える力
    今までの10年とこれからの10年は大きく違う変化の時間軸が短くなれば先の読めない不確実性はこれまで以上にます総合電機メーカーのような舞台の大きな会社がその変化に機敏に対応していくのは容易なことでは無い変化への対応速度外に上げていかないと弱体化を避けられない

    そうした時代に必要とされるのはゼネラリス...続きを読む
  • ドラッカーの教えどおり、経営してきました
    キャノン電子の社長である作者は入社以来のドラッカー信奉者。ドラッカーの思想を、実際の仕事、経営にどのように落とし込んできたかを、すべて実例を挙げながら解説していく。ドラッカー思想のエッセンスが現実の経営を通して理解できる、画期的な入門書。
  • 見抜く力 リーダーは本質を見極めよ
    キャノン電子・酒巻社長の書籍。
    【深い知識を得るための手法】
    ⑴自分に必要な知識を洗い出す
    ⑵5冊〜10冊試し読みし、自分に合った一冊を見つける
    ⑶⑵で見つけた一冊の参考文献を片っ端から読む
  • 見抜く力 リーダーは本質を見極めよ
    キャノンの常務取締役から子会社のキャノン電子(株)社長として赤字続きの同社を高収益企業へと変えた著者のリーダー論。
    赤字企業の原因であるムダを見抜き、人を見抜き、そして自分自身と会社の強み・弱さを見抜き、時代の変化を見抜くヒント。
    著者の経験に根差した指摘に納得すると同時に、本を読んだ知識だけでは、...続きを読む
  • 見抜く力 リーダーは本質を見極めよ
    いろいろと勉強になりました!
    仕事への徹底した真摯な姿勢。
    ある程度キャリアを積んだ方にぜひ読んで頂きたいです。
    もちろん新人さんが読んだとしても、会社とは、仕事とは、リーダーとはこういうものなのだという指南書になると思います。
    ソフトバンクの孫社長、アップルの故スティーブ・ジョブズ氏とも親交があっ...続きを読む
  • 朝イチでメールは読むな! 仕事ができる人に変わる41の習慣
    著者の経験に基づく仕事の進め方の本。
    この手のビジネス本によくある派手な言い回しが少ない分、読みやすかった。
    (多少、押しつけがましいところはあるが気にならない程度)
    読書の話でも『ひたすら読む』のではなく、
    『分からなかったら子供向けの入門書から読む』ことで理解が深まる、というのに少し癒された。
    ...続きを読む