竹内謙礼のレビュー一覧

  • 貯金兄弟
    兄弟の生涯を通した小説で、貯金に係る知識を教えてくれる作品。時に理論的に、時に感情的になる二人の行動にドキドキしながら、最後まで読み進めることができ、大切な貯金の知識を楽しく学ぶことができました。
  • 投資ミサイル
    前回読んだ会計天国が非常に面白かったので、続けて読んだ2作品目。
    投資について学ぶ事が出来ながら、小説としても楽しめるこのシリーズにすっかりハマってしまった。
    "戦略なき投資は、失敗する"。この本の中で1番出てきたであろうセリフだ。
    自分の目標とする金額だったり結果を明確にした上で、そこまでの戦略を...続きを読む
  • ホームページの値段が「130万円」 と言われたんですが、これって相場でしょうか? ~ネットの価格はまだまだ下がる!
    これは面白い、ネットビジネスも実践者だからこそ書けるネットビジネスの内部事情が詰まっているこの人は知っている人だ
  • 会計天国 今度こそ最後まで読める、会社で使える会計ノウハウ
    コント見たいなノリで読みやすい

    内容は、決算書にまつわるテーマを一章に一つのテーマにし、課題解決をしていく

    決算書に関わる仕事をしているが、ワードは知っていても、本質が理解できておらず、基礎及びその活用法を理解する上で良書と感じた
  • 会計天国(PHP文庫)
    会計に関する読み物を探していたところ、評判も良かったので読む。

    著者は青木寿幸、竹内謙礼の二人で、他にも『給料戦争』『相続仮面』などビジネスノベルとしてシリーズ化されており、そのシリーズの最初の作品だ。

    主人公はコンサルティング会社を経営している北条、ある日娘の結婚式に出席するために向かっている...続きを読む
  • 貯金兄弟
    お金の使い方について考えさせられる本

    生命保険や住宅購入、年金などお金に関することを浪費家の兄と節約家の弟を比較していて読みやすかった。貯金が一番大事ではないが、お金は人生の中で重要なツールになることは間違えない。お金の中にも収入で様々な種類があり給料以外の面もある。実際読んでみて、どう稼ぐかより...続きを読む
  • 会計天国(PHP文庫)
    『会社は責任を押し付け合う場所ではない。社員が協力し合って、売上を上げて利益を稼ぎ、その中から給料を分け合う組織体なんじゃ。その給料によって、社員やその家族が幸せになって暮らせる、これを目標にすべきなんじゃないのか?

    だからこそ、世界中で会社という制度は繁栄してきたし、これからも存在できるんじゃ。...続きを読む
  • 会計天国(PHP文庫)
    交通事故から始まる面白いストーリー展開から始まる経営指南書。
    5つの経営者や管理職を題材に、決算書の読み解き方と具体的な再建プランを考える内容。
    決算書は大きく貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の3つから成り、それぞれの分析のやり方や考え方がとてもためになりました。
    ビジネスで行き詰まっ...続きを読む
  • 会計天国 今度こそ最後まで読める、会社で使える会計ノウハウ
    いくつか具体的なケースが出てきて、それぞれのケースで必要な決算書の読み方などを学べるので、かなり分かりやすかったです。
    ただ単に知識を詰め込んだだけという訳でもなく、小説としてもなかなか面白いと思いました。決算書を元に問題を解決に導いていく、という感じでしょうか。
  • 会計天国(PHP文庫)
    会計の基礎が小説仕立てで分かりやすく解説されています。
    利益を出していくこと、固定費をあげて参入障壁を上げる、組織のモチベーションも維持しながらコストを削減していくなど、経営者として実感を持って読むことができました。
  • 給料戦争
     シリーズ5冊目。だんだん話が凝ってきている気がする。軍人との絡みで笑う一方、随所で気をあらたに引き締めるべしと自省する点も多く、記憶に残る小説?であった。
  • 猿の部長 マーケティング戦略で世界を征服せよ!
    パラレルワールド。
    猿の惑星に行ったのではなく、どういうわけか
    経済的な知能を持った猿が、大きな企業では部長以上になっている。
    そこに、紛れ込んでしまったマーケティングのプロフェッショナル滝川。
    ちょっと、ホストクラブ風で、昭和っぽい。
    シャツのボタンを外して、金のネックレス。
    しかし、凄腕のマーケ...続きを読む
  • 貯金兄弟
    マジで面白いお金の本。
    お金の事なんて、って言う前にお金の知識を付けよう!

    個人的には、大学生か就職してすぐぐらいに読みたかった。(無理だけど)
    なぜなら僕は生命保険について、全く知識がなかったから。今回、勉強になったので、見直そうと思う。
    そういう意味では、何事も「切り替える」ことが大事ってこと...続きを読む
  • 貯金兄弟
    兄と弟、極端な2人が描写されているが、どちらも部分的には思い当たる部分がある人は多いかもしれない。
    2人のいいとこどりをするのが正解。
  • 猿の部長 マーケティング戦略で世界を征服せよ!
    上司が猿って…(笑)設定だけでも面白かったです。SF&マーケティング&ミステリーの組み合わせです。最後まで一気読みです。最後にどんでん返しがあります。
  • 貯金兄弟
    一流広告企業の出世頭なのに貯金がたまらない兄と、堅実に消防士になり倹約を徹底する弟の人生を描きながら、ローンや生命保険など今と将来のお金のやりくりに必要な知識を紹介している。火を副テーマにしたストーリーも楽しく読めた。前著『会計天国』では硬く感じた説明パートも読みやすいのは、家計と経営というテーマの...続きを読む
  • 投資ミサイル
    全く期待してなかったが、かなり面白かった!!私も銀行の企画セクションに勤務する証券アナリストだが、投資理論をこれくらい分かりやすく説明できたらと思った
  • 猿の部長 マーケティング戦略で世界を征服せよ!
    奇想天外な設定のビジネス小説第3弾。
    部長以上はみんな猿という世界に迷い込んだ主人公が、猿の部長達を相手にコンサルするという話。
    合間に唐突に入るギャグがめっちゃおもろい。
  • 猿の部長 マーケティング戦略で世界を征服せよ!
     シリーズ3冊目で、慣れたためか、計算ネタがなかったためか不明だが、もっともすらすらと読めた。また、小説としても単純ながら面白さがあり、その点もよかった(本書でマーケティングの基礎をというわけでもなかったが、それもあらかた満たしていると思えた)。
     美容室のビジネスの話が、身近に具体例を見てきたせい...続きを読む
  • 戦略課長
    ロボットが銀行から出向してきて上司になる、という設定がおもしろい。そのロボット上司がかなりまっとうな「戦略」を主人公に説く。事業を成功させるための現実的な戦略の基本を知ることができるビジネス小説。

    中心テーマは「投資」。株や物の売り方、不動産投資、ミュージシャンへのなり方まで、幅広く戦略的な考え方...続きを読む