給料戦争

給料戦争

作者名 :
通常価格 709円 (645円+税)
紙の本 [参考] 825円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

給料を上げる! 出世する! 感動と成長のストーリー。終戦間際から現代にタイムスリップした日本兵・花沢とラオスで出会ったお人好しの会社員・浅野。二人は日本で一緒に暮らすことに。一方、会社では新本部長に同期が抜擢され、浅野は部下になってしまう。ふて腐れる浅野に恋人の由美子は、出世して給料を上げるためのヒントを伝授するのだが……。人事制度から給与体系、出向、転職まで学べる、会社員必須のキャリアアップノベル。●基本給は25万円なのに、手取り額が20万円ちょっとになる理由●サラリーマンが、給料を上げるために絶対やるべき5つのこと●会社の業績を回復させるためには、人件費の削減も必要●転職する95%の人が失敗してしまう訳●買収した子会社への転籍は、栄転か? 左遷か?●社員が自分の給料の決定プロセスを知らない会社は儲からない――スピード出世した同期の下で目標を見失い、くすぶっていた浅野がつかんだ最高のキャリアプランとは?

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2016年09月03日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
5MB

関連タグ:

給料戦争 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年04月05日

     シリーズ5冊目。だんだん話が凝ってきている気がする。軍人との絡みで笑う一方、随所で気をあらたに引き締めるべしと自省する点も多く、記憶に残る小説?であった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月09日

    物語風に会社の給料の仕組みが分かり面白かった。所々で出てくる戦争との対比で自分の中の甘さを考えさせられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月03日

    ビジネス戦略ノベルシリーズの「会計天国」に引き続き、手にとった本。
    ストーリーとしては食品会社の営業マンがその彼女の社労士とタイムスリップで現代に現れた旧帝国陸軍の士官とサラリーマンの給料が計算される仕組みから人件費の削減に関する解雇の種類と手法に関してなど。
    転職や出向か転籍など何となくイメージで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月08日

    シリーズでは、会計天国と貯金兄弟に続いて、読んだのは、3冊目の本作。(戦略課長と猿の部長は未読)
    会社の給与明細の見方だとか、転職するときの考え方・落とし穴だとか、今回も見所満載でした。

    浅野と花沢のやりとりも面白くて、後半、花沢の不在に寂しさを覚えながら読み進めると、まさかの大どんでん返しが!
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月23日

    小説としては今ひとつだけど、総務・人事の考え方を加えてある事が新しいジャンルのような感じです。
    中でも記憶に残った事は、みんな平等ではなく強い者が弱い者を引っ張っていく社会。今のような格差社会を是正する一つの方法かもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月19日

    同著者のシリーズ既刊に比べると、スキルアドバイスよりもサラリーマンの自己実現にウェイトを置いた内容。クリステンセン教授みたい。
    税金、年金など給与シートの読み方、価値のあるビジネスパーソンを目指すための原則、経営者が人件費抑制を迫られたときの苦しさ、営業におけるポリシー、そして何よりもリスクをとって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月19日

    本作はストーリー形式で日ごろもらいっぱなしで詳しく中身を確認していない給与に関する解説を主人公の恋人役がそのセリフとともに進められます。さらには給料を上げるには、給与体系はいかにあるべきかといった内容にまで発展しています。これらが展開されるストーリーともあいまって自然なかたちで(多少説明のためのセリ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月30日

    ビジネスものにしては妙なタイトルに妙な表紙。なんじゃこりゃと好奇心を刺激され。

    主人公・浅野が出張中のラオスで会ったのは、戦時中の滝壺からタイムスリップしてきた日本兵・花沢。浅野の恋人・由美子がレクチャーする形で「給料」について読者も学ぶ。

    給与明細、はい、いつまで経っても手取りがなんぼかしか見...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月05日

    経営コンサルティングを生業とし、楽天市場では数多くの優秀賞を受賞している竹内謙礼氏と、公認会計士、税理士、行政書士という肩書きをもつ青木寿幸氏のビジネス戦略小説シリーズ。

    小説としては、以前に拝読した『貯金兄弟』や『会計天国』よりも、最後まで楽しめる一冊だったし、ビジネス的にも身近な「給料」という...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月08日

    愛する家族を守るため、兵士は総務課に向かった。見えざる敵「源泉徴収」を打ち破り、栄光の「年末調整」を手に入れるためーーって話かと思ったら、ちょっと違った。

    登場人物が「タイムスリップしてきた旧日本帝国軍人(iPadを使いこなす)」ってこと以外は、割と普通の「給料ってなんだろう」的なノウハウ小説です...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています