遠藤拓郎のレビュー一覧

  • 睡眠はコントロールできる
    睡眠のコントロールをして、『パフォーマンスを最大限に引き出す』
    ただ、睡眠のコントロール??
    時間を単に削ればいいというわけでなく、睡眠の質を上げて、短い時間でも快適に過ごせるように☆

    起きてる時間が長ければやりたい事がやれる!
    そのためには、睡眠のメカニズムを知る!
    ただ、メカニズムを知るという...続きを読む
  • 睡眠はコントロールできる
    睡眠の専門医が症状別に睡眠の病気を紹介している。知らない事も結構あった。
    体温が下がる時に睡眠状態に入り、それをコントロールする事で自分の好きな時に眠れる。
    寝ると体のスイッチがOFFになる、
    など勉強になった。金縛りや夢遊病の仕組みがわかった。
  • 睡眠はコントロールできる
    最近睡眠時間が長過ぎるので危機感を感じて購入。

    自分が睡眠相遅延症候群だということは分かったんだけど、体内時計をコントロールする光源が家にないんだなー。窓から差し込む光もシカトできる自分は果たしてどうすればよいのだろう…最近は6時間でも十分活動できるんだけど理想はやっぱ4.5時間っすねー。いろんな...続きを読む
  • 睡眠はコントロールできる
    睡眠で悩んでいるいろんな人の病状をマンガでさらっと読ませてくれる本です。

    睡眠の悩みを「病気」と認識する考えがなかったのでちょっと目からウロコでした。

    自分も朝起きるのは苦手だし、昼間も聞くだけの講義の日とかがあった日には、うとうと眠ってしまうこともしばしばあって、「どうにかしたいなー」とは思っ...続きを読む
  • 睡眠はコントロールできる
    漫画が織り交ぜてあって読みやすくイメージしやすい。
    自分に当てはまる症状について、即効性のあるアドバイスがあって助かった。
  • 睡眠はコントロールできる
    江川達也氏の漫画が挟んであって内容把握が速く出来て良い。睡眠について悩んでる人は必読。睡眠を支配してもっとパフォーマンスを上げたい人にもおすすめ。個人的には後者。やりたいこと多すぎるんだもの。著者の医院いってみようかな。近いし。
  • 睡眠はコントロールできる
    iPhoneで115円だったので購入。
    人より睡眠時間が必要なタチで、睡眠のメカニズムを知るために読んでみた。
    様々な症例はおいといて、そこそこ役立ちそうな内容。勉強になった。
    実践して慣らして行こうと思う。
  • 睡眠はコントロールできる
    「睡眠時間を削って、勉強や遊びに費やしたい。」
    誰もが思うこの発想を、叶えてくれる(かもしれない)本。

    私自身、90分のサイクルや、最低でも6時間睡眠を意識するなど、
    睡眠時間を重要視して生活してきていたので、睡眠に関する新たな知識を補填できたのは良い点であった。

    本書の特徴として、後半になるに...続きを読む
  • 睡眠はコントロールできる
    睡眠をコントロールする方法を解説する本……と思ったが少し違った。睡眠に関する9種類の病気や問題について、症状や治療法を解説している。
    本書で取り上げられているトピックは次の九つ:睡眠相遅延症候群、過眠症、ストレスによる不眠、4時間半熟睡法、睡眠時無呼吸症候群、寝たい時間と眠れる時間、夢遊病、ナルコレ...続きを読む
  • 合格を勝ち取る睡眠法
    受験のための睡眠法をまとめた1冊。
    ・最低限必要な睡眠時間
    平日4.5h+土日6〜7.5h
    ・眠いときは5〜15分程度の昼寝や1.5hの仮眠。眠るときには、心臓と頭の高さを同じにすると、心臓の負荷が減り、眠りやすくなる。
    ・体のメンテナンスは、「成長ホルモン」の働き:23時〜2時ころの睡眠の「前半3...続きを読む
  • 睡眠はコントロールできる
    読みやすそうなので特に期待もせずに読んでみました。
    テレビで病気の特集なんかをよくやっていますが、あれをちょっと詳しくした感じ。
    本気で治したいという人には不向き。
    何となくの暇つぶしに読んでみる教養としては最適だと思います。
  • 女性のための睡眠バイブル
    美容やダイエットにとって、睡眠がいかに大切かを
    わかりやすく説明している1冊。

    美容雑誌などにも載っていそうな基本的な内容で、
    それほど新鮮味はなかったなー。

    睡眠についてもう一度きちんと考えたい、
    っていうヒトにはいいかも。
  • 睡眠はコントロールできる
    20120111st
    脳と身体のスイッチON・OFFができないと睡眠麻痺(金縛り)や夢遊病(軽度のものは寝言など)の症状がでる。
    攻め睡眠→質を高めるためにはコアタイムを外さないことと、入眠までの体温調整。
  • 合格を勝ち取る睡眠法
    受験勉強や試験勉強をしている人、これからしていく人向けの本ですが、普段の生活で効率良く睡眠をとりたい、睡眠の質を上げたいという人にもお薦め出来る本です。本書で紹介される睡眠時間は最低限必要な時間なので、試験や受験で追い込みが必要なときの参考として、普段の生活は6時間の睡眠時間を確保してみようと思いま...続きを読む
  • 睡眠はコントロールできる
    睡眠時間をコントロールしたいので読み始めましたが、どちらかというと病気の人でも睡眠をコントロールできるよという話でした。
    同作者が出している4時間半睡眠の本に興味持ちました。
  • 睡眠はコントロールできる
    睡眠に関する症状の解説をする。

    また、それらの解決方法から睡眠の質を向上させるために必要なポイントも解説している。

    「起きれない」ということはよく本人の性格の問題にされてしまうことが多い。
    しかし、気持ちの問題だけではなくて、体に問題のある病気の場合もある、と言うこともしっかりと伝えている。

    ...続きを読む
  • 睡眠はコントロールできる
    電子書籍アプリで読破。江川氏のマンガもあり読みやすい。先生が薬をばんばん使うのが、ちょっと大丈夫なのか?と思ったが。
  • 睡眠はコントロールできる
    心に残るというより
    素直に勉強になりました。

    というか、
    自分にも多かれ少なかれ
    こういう症状あるなぁって思う節が…笑

    そう思うと怖くなって、
    評価は3つ星でしたw
  • 睡眠はコントロールできる
    iPhoneにて読書。
    中身は非常に簡単で分かりやすく、すぐ読めてしまう。
    基本的には、章ごとに病状→治療法の順で説明されている。
    症状が無い病気の項目は読む必要ないと思う。
    睡眠一般について語られている部分は、よく聞くことだが、それだけ重要ということだろう。
    朝日をきちんと浴びる。1.5時間の倍数...続きを読む