綺譚集

綺譚集

作者名 :
通常価格 733円 (667円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

散策の途上で出合った少女が美しく解剖されるまでを素描する「天使解体」、白痴の姉とその弟が企てる祖父殺し「サイレン」、陵辱された書家の女弟子の屍体が語る「玄い森の底から」等、妖美と戦慄が彩る幻想小説や、兎派と犬派に分かれた住民たちの仁義なき闘争を綴る「聖戦の記録」の黒い笑い、失われた女の片脚を巡る「脛骨」の郷愁、ゴッホの絵画を再現した園に溺れゆく男たちの物語「ドービニィの庭で」の技巧等々。文体を極限まで磨き上げた十五の精華を収める。孤高の鬼才による短篇小説の精髄。※紙書籍版とはカバー画像が異なります。/【収録作】「天使解体」/「サイレン」/「夜のジャミラ」/「赤假面傳」/「玄い森の底から」/「アクアポリス」/「脛骨」/「聖戦の記録」/「黄昏抜歯」/「約束」/「安珠の水」/「アルバトロス」/「古傷と太陽」/「ドービニィの庭で」/「隣のマキノさん」/解説=石堂 藍

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
270ページ
電子版発売日
2019年06月14日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

    Posted by ブクログ 2018年10月17日

    文章芸の極みな短編集
    言葉の選びと連なりが表現するものは
    さまざまな読み味があり向ける視野の幅広さがあり再読に耐える深さが出来上がっていて
    いつまでもすりすりしていたくなる造形の楽しさがある
    『脛骨』のようなすっきりする作品が自分の中に好みとしてあるけれど
    そこから立って見渡して独力でなされた広さに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月06日

    津原泰水の短編はどれも素晴らしいのだけど、どの作品も読み始めはややうんざりする。自分の中の見たくない自分や忘れかけていたものなど、なんというかそういう朽ち果てようとしていたものに不意に出くわしてしまう感じ。ダメージが大きい。綺譚集では、自分の残酷さと薄さに向き合わされた。「聖戦の記録」、血が滾った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月05日

    ひたひたと、ずぶずぶと、静かに狂気に溺れていく感覚。
    罪であり、むごたらしく、醜悪なものであっても、津原泰水の文章の中では、崇高な犯し難い何かに変貌します。
    長編も何作か読みましたが、短編の方が魅力が凝縮されている感じです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月21日

    泰水好きだなーもー!
    綺譚集は過去の短編を集めた作品だそうですが、やっぱり冒頭の三部作が秀逸。「天使解体」「サイレン」「夜のジャミラ」のインパクトたるや・・・特に個人的にはジャミラですね、ついうっかり何度も読み返しちゃう。
    「脛骨」も好きです。かわいいよね! 他にある意味印象深いのは「聖戦の記録」。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月01日

    今日も 雨ですね 梅雨だな~って実感




    昨日 すずらんは たくさん本を読みました




    前から 「ほしいな~」ってものを




    いただいたので うふあとで あっぷしようっと♪




    綺譚集 わたしは 好きですね




    なぜって とても残酷なんだけど 津原さんの 世界観は

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月03日

    【天使解体】私を置いてずんずんと進んゆく。ずんずんと解体されてゆく。

    【玄い森の底から】
    美しくしなやかなことばにくらくらくら。

    【聖戦の記録】闘え!戦え!


    【約束】なんてうつくしいのだろう。
    私も約束になりたい。なりたいよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月08日

    器用で芸達者、且つ凄まじい勢いを持つ文体の力もさることながら、独特のフラットな感性とインパクトの強い物語のギャップが、読み手に何とも言い難い「これは凄い」という印象を抱かせ、屍体と黄昏の向こう側には恐怖と悲しみと虚無しかないという良識を易々とひっくり返し、読後の清涼感をもたらしてくれます。

    扱って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月15日

    幻想的で奇怪な短編集です。
    どの短編も一風変わっています。
    装丁が作品と通じるものがあり、雰囲気出ています。
    作品からほんの少しのグロと溢れんばかりのエロスを感じます。
    うっとりとしてしまいます。
    心に残った作品は「天使解体」と「夜のジャミラ」と「脛骨」と「黄昏抜歯」と「ドービニィの庭で」と「隣のマ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    >天使へと解体される少女に、独白する書家の屍に、絵画を写す園に溺れゆく男たちに垣間見える風景への畏怖、至上の美。生者と死者、残酷と無垢、喪失と郷愁、日常と異界が瞬時に入れ替わる。――綺の字は優美なさま、巧みな言葉を指し、譚の字は語られし物を意味する。本書収録の十五篇は、小説技巧を極限まで磨き上...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    「天使解体」…好きなんだけど…なんか……
    あれだ。


    一番好きだったのは「聖戦の記録」でした。
    ほんとうに素晴らしい戦い。ばあちゃんたちが途中、すごくむかつきました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています