クロニクル・アラウンド・ザ・クロック

クロニクル・アラウンド・ザ・クロック

作者名 :
通常価格 2,035円 (1,850円+税)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

次は誰が死ぬの?――いま、ロックバンド“爛漫”の事件に立ち会ったひとりの少女は語り出す、美しいほどに血も涙もない真犯人・オープンD……著者最高の青春「犯罪」小説!

ジャンル
出版社
河出書房新社
ページ数
432ページ
電子版発売日
2019年08月23日
紙の本の発売
2015年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

クロニクル・アラウンド・ザ・クロック のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年05月13日

    文庫を持ってるのに装丁がよかったのでつい買ってしまった。
    爛漫の音楽を知っているような気がしてくる。なぜか文庫を読んだ時よりくれないさんの成長を感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月29日

    どうにもニッチは無駄死にという気がしてならない。絶対音感=音楽的才能に優れているという訳ではないのか。むらさきさんはくれないに父親について嘘は吐いていなかったのね。でもどうしてギターでなくピアノの英才教育を受けさせたんだろう。ミステリとしてはざわざわするが、恋愛小説としては後味爽やか。アニメ化でもい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年05月08日

    先に新潮文庫から刊行された、『爛漫たる爛漫』『廻旋する夏空』『読み解かれるD』をまとめて単行本化したもの。
    作者曰く「音楽小説であり青春小説であり推理小説」(※単行本版あとがきより)。

    ■好きなところ

    ・主人公・向田くれないと新渡戸鋭夫の、息の合った漫才のようなやり取りが痛快。個性的なキャラクタ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています