にょっ記

にょっ記

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【カドカワ祭ゴールデン2021 開催中!】マンガ・書籍4,000冊以上が最大50%OFF!期間限定・1巻無料作品も多数配信中★

作品内容

今からジャニーズの一員になることがあろうかと考えたり、電車で武将OLに出会ったり。俗世間をイノセントに旅する歌人・穂村弘が形而下から形而上へ言葉を往還させながら綴った“現実日記”。ほんのり笑って、特に爆笑。フジモトマサルのひとこまマンガ+カットでニヤリもプラス。長嶋有・名久井直子ペアの「偽ょっ記」収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
192ページ
電子版発売日
2018年09月28日
紙の本の発売
2009年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
21MB

にょっ記 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年09月12日

    穂村弘さん、面白すぎ!!
    にょっ記、にょにょっ記、にょにょにょっ記
    と3作品一気に読んでしまいました。
    世の中を穂村的視点で観察、分析、そして
    謎のノホホン化学反応で
    ほほ〜と感心させたり、ちょっとおチャラけてみたり
    おいおいと心配にさせてみたり
    この方は本当に歌人なのでしょうか。
    エッセイなのに出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月25日

    不思議なエッセイ(的なモノ)。

    ちょっと前、書評サイトに「にょにょにょ」が紹介されており、何やら面白そうだと思ったら、既刊で「にょ」と「にょにょ」が出ていることを知り、まずは「にょ」だろうと読んでみた次第。遅ればせながら。

    どこまでが事実で、どこからがファンタジー(?)なのだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月06日

    おもしろかった。
    フジモトマサルさんの挿絵目当てだったんだけど。それ以上におもしろかった。
    くすっと笑ってしまうことや、日常の何気ないことを留めておくいとおしさ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月25日

    ちょっとくだらなくて下ネタもあり、何度も噴き出しながら読みました。
    嘘なのかほんとなのか分からないような日常のあれこれ。言い回しが時折詩的なところもぐっときました。
    面白いフォロワーの呟きをぼんやりと眺めてる感じに近い本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月03日

    偽日記。

    日記形式で綴られたの随想?空想?妄想?詩?

    大仰なホラを吹いているわけではない、大発見をしたわけでもない、それこそ誰もが見たり聞いたりした事がありそうなものの中からピンポイントで面白いものを突っつき出す眼差し。
    しかもそれらを冗長に語って聞かせるのではなく、あくまで手短に。シンプルに。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月01日

    表紙のフジモトマサルの絵が好きだ。
    この絵は「むらかみさんのところ」の表紙でも書かれていてとてもかわいい。

    にょっ記もとても面白かった一時間半でさらっと読める本。
    内容もさらっとしていて素直でかわいい日記。

    くすっと笑える挿絵があったりとほのぼのさせてくれる本。

    これを読んだからどうなる、とい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月08日

    短い日記形式で、寝る前に読むのに最適。

    筆者のエッセーも複数おもしろく読んだが、やはり歌人だけあって、短ければ短いほどキレの良い面白味が冴えわたる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月28日

    再読。集中力のないときに読むのにぴったり。和む~。他人の会話についての日記が好き。フジモトさんのイラストも可愛い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月16日

    面白い。ときたま登場する天使が示唆に富んでる?ようで実際大した意味はないのか、分からないところがいい。
    虚と実がひっくり返る感覚が味わえる。
    ただ空白が多いのですぐ読み終わっちゃう。あ、挿絵は可愛いからいいのよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月12日

    3冊めのにょにょにょっ記を先日読んだばかり。順番が逆になっちゃったけど、にょっ記シリーズ(?)の1冊めをやっと読めました。あぁ面白い。フジモトマサル氏のシュールな絵と穂村弘氏の文章の書き方がとてもツボにハマる。母もこの本を読んでいて親子でファンです。「女性百科宝鑑」は声を出して笑ってしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

にょっ記 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • にょっ記
    550円(税込)
    今からジャニーズの一員になることがあろうかと考えたり、電車で武将OLに出会ったり。俗世間をイノセントに旅する歌人・穂村弘が形而下から形而上へ言葉を往還させながら綴った“現実日記”。ほんのり笑って、特に爆笑。フジモトマサルのひとこまマンガ+カットでニヤリもプラス。長嶋有・名久井直子ペアの「偽ょっ記」収録。
  • にょにょっ記
    611円(税込)
    奈良の鹿を見習って、他の県でも一種類ずつ動物を放し飼いにしたらどうかと考えてみたり。古本屋で買った『ヤング愛情学』の回答者のテンションの高さに驚いたり。歌人・穂村弘の不思議でファニーな日常へようこそ。名コンビを組むフジモトマサルのイラストも満載。西加奈子が本文・イラストを担当した「偽ょ偽ょっ記」収録。
  • にょにょにょっ記
    764円(税込)
    もう、“にょ”は増えない……。 惜しくもイラストレーターのフジモトマサルさんの逝去によって終了した『別冊文藝春秋』人気長寿連載の第三弾にして、シリーズ最終巻。 夜中の通販番組の「キュッパ」に腹を立て、「ゴリラ脱毛」について考え、そして、今はなきロンロン口での待ち合わせ……。 妄想と詩想の間を往来する歌人・穂村弘の文章と、奇才・フジモトマサルのシュールなイラストイラストの奇跡のコラボ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています