検事の信義
  • 最新刊

検事の信義

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

検事・佐方貞人は、介護していた母親を殺害した罪で逮捕された息子の裁判を担当することになった。事件発生から逮捕まで「空白の2時間」があることに不審を抱いた佐方は、独自に動きはじめるが……。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
シリーズ
佐方貞人シリーズ
電子版発売日
2021年10月21日
紙の本の発売
2021年10月
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

検事の信義 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年11月26日

     『佐方貞人』シリーズ4作目。4編からなる連作短編集。米崎地検検事時代の佐方を描く。
     前半2話で描かれるのは、起訴と真実の解明が一筋縄ではいかないという現実を、佐方が身を以て知ることになる話だ。
     後半2話は検察内部のメンツが絡む話だった。真実を解明し、事実に照らして起訴・求刑をすることが検察の務...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月20日

    検事、佐方貞人シリーズ4作目。期待を裏切らない秀作。連作で第4話「信義を守る」では前例のない求刑をする佐方、やっぱりカッコ良すぎます。増田さんが惚れるのわかるよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月14日

    柚月裕子の佐方貞人シリーズ第4弾。
    今回も佐方の地検検事時代を連作短編ミステリの形で描いています。
    様々な事情を抱える被疑者、証人、警察組織、そして検察、それらを含む事件の裏側をにある真実を求めながら、決して圧力に屈することなく「罪をまっとうに裁く」事を検事の信義とする佐方達の活躍は、今回も超絶面白...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月04日

    佐方シリーズ第四弾

    相変わらず己の信じる正義を貫く佐方。
    短編4作それぞれ奥深い内容でした。

    第3話に狐狼の日岡がちょいと登場でテンション上がった*\(^o^)/*

    やっぱりこのシリーズはいいなぁ
    次が楽しみで待ち遠しい…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月03日

    先週発売された本でたまたま立ち寄った書店で発見、佐方シリーズはいままで読んだことがなかったが手に取ってみた。
    短編が5つ、とても読みやすい。
    主人公検事の清々しいほどの「罪をまっとうに捌く」という信念で尊敬と憧れの想いを持ちつつ読み進めていきました。
    増田事務官からの主観もあり世界観によく入り込めた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月28日

    柚月裕子『検事の信義』角川文庫。

    検事の佐方貞人を主人公にした連作短編4話収録のシリーズ第4弾。

    検事としての正義を貫くために自らの信念を決して曲げず、闘い続ける佐方貞人。いずれの短編もずしりと重い。

    昨今は本当に真っ直ぐに生きることが難しくなったと思う。全うに生きていても余り良いこともなく、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月21日

    佐方シリーズ4作目。今回も検事としての正義をひたすらに貫く様は共感した。空白の2時間に拘り続けるところが良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月06日

    大好きなシリーズ。ネットで即買いしました。
    「孤狼の血」の日岡登場に勝手に沸きました。
    安定の面白さ。映像化されないかなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月22日

    孤高の検事・佐方貞人の気概と執念を描く、心震わすリーガル・ミステリー。シリーズ第4弾。
    人間の言動にはすべて意味がある。なぜ、どうして、何の為に…、追求することで隠された真実が見えてくる。ちょっとした違和感を見逃さない佐方検事の推理力と、法を貫く正義感にはいつも感服する。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月21日

    どんな相手に対しても自分の信義を貫く佐方が格好良かったです。格好良いけど、すごく難しいこと…。憧れます!

    このレビューは参考になりましたか?

「佐方貞人」シリーズ のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 最後の証人
    638円(税込)
    検事を辞して弁護士に転身した佐方貞人のもとに殺人事件の弁護依頼が舞い込む。ホテルの密室で男女の痴情のもつれが引き起こした刺殺事件。現場の状況証拠などから被告人は有罪が濃厚とされていた。それにも拘わらず、佐方は弁護を引き受けた。「面白くなりそう」だから。佐方は法廷で若手敏腕検事・真生と対峙しながら事件の裏に隠された真相を手繰り寄せていく。やがて7年前に起きたある交通事故との関連が明らかになり……。
  • 検事の本懐
    770円(税込)
    連続放火事件に隠された真実を追究する「樹を見る」、東京地検特捜部を舞台にした「拳を握る」ほか、検事・佐方貞人が活躍する、法廷ミステリー第2弾。第15回大藪春彦賞受賞。
  • 検事の死命
    715円(税込)
    郵便物紛失事件の謎に迫る「心を掬う」、検事の矜持を描いた「死命を賭ける」ほか、検事・佐方貞人が活躍する、法廷ミステリー第3弾。
  • 検事の信義
    748円(税込)
    検事・佐方貞人は、介護していた母親を殺害した罪で逮捕された息子の裁判を担当することになった。事件発生から逮捕まで「空白の2時間」があることに不審を抱いた佐方は、独自に動きはじめるが……。

「佐方貞人」シリーズ の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング