逃北 つかれたときは北へ逃げます

逃北 つかれたときは北へ逃げます

作者名 :
通常価格 713円 (649円+税)
紙の本 [参考] 715円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ブックライブ10周年記念】特別企画開催中!

作品内容

嫌なことがあった日のストレス解消って? ヤケ食い、フテ寝、買い物とさまざまな発散方法があるけれど、私の現実逃避は「北」へ逃げること。北海道、青森、岩手、宮城からグリーンランドまで、私を待っていたのは自らのルーツを巡るアレコレで……。北を求めた10年間を描いた“逃北エッセイ”。俳優・千葉雄大との特別対談も収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2016年11月25日
紙の本の発売
2016年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
13MB

逃北 つかれたときは北へ逃げます のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年09月29日

    能町みね子さんのエッセイ。

    北国(定義は著者参照)のとがったところとか、少しさみしいかんじのところとか、旅をしているところが魅力的。

    北国へ惹かれる気持ち、わかる。

    なにか、こう、惹きつけるものがある。


    しかし、何より、観光を目的とした旅ではなく、「そこの住民として」行動するという、能町さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月15日

    あ〜わかる〜〜すごくわかる〜〜と終始思いながら読んだ。私も祖父母のルーツまで辿らないと東京を出られず、自意識を持て余していた頃、つねにどこかへ「帰りたい」と願い、その想像上の故郷はいつも北国でした。夏の青空より雪が降りそうな真冬の空が好き。読んでる間中、つめたい風を身体に受けているような心地良さの中...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月28日

    旅と言うより、故郷への逃避。
    その向かうべき先は、楽園の如きリゾート地にお客様として迎えてくれる南国。ではなく、何もない北こそ相応しい。北海道、青森、新潟、長野、宮城、そしてグリーンランド。観光とは少し違うココロの癒し方。北の出身である身としては、シンパシーを感じ得ない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月06日

    とても面白かったです。北へ行きたくなりました。能町さんは特に名所には行かれてないのですが、訪れている土地が素敵で心惹かれました。さみしくていいな。恥ずかしながら、北上したのが国内で、しかも長野くらいまでなので、もっと北へ行ってみたいです。寒いのは苦手ですが、雪景色や冷たく澄んだ空気は好きです。チーム...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月09日

    東北に行こうと思ったときに
    出会ってしまった「逃北」。

    ああ、もしかしたら私もそんな気分なのかもしれない。
    と、読み進むと、なんともいえぬおかしみが
    あって、北へ行くこと。寒さの中に飛び込んでいく
    ことが、こんなにもワクワクと愉しいことなのか
    と、能町さんに教えられた。

    旅の途中の視点が、さらに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月25日

    北に憧れるその気持ち、少しずつ理解しました。
    けどやっぱり1年以上、住まないとその過酷さはわからないのでは・・・と北の人は思っていますよ。

    とはいえ、私も南よりは北の方が落ち着きます。
    今行きたいところは、国内外どちらも北方面ですもの。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月20日

    旅先に住むつもりで各所をまわる、生活者目線、地元に溶け込むといった感覚はとってもよくわかります。自分も旅先ではいかにも旅行者的な振る舞いをするのではなく、さも地元に住んでいるかのような振る舞いにあこがれますし、観光名所でもなんでもないところでそこに住む人々の生活感を感じることを楽しんでいます。
    著者...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月22日

    能町さんにとって「逃北」とは、自分のルーツへの希求であり、人生のリセット行為ないしセーブ行為なのかも。
    なんか分かるかも。

    「旅先住んだつもり設定」はすごい共感 笑。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月09日

    北への現実逃避の旅を綴ったエッセイ。

    可もなく不可もなくという感じで、面白さは余り無い。北についての定義から始まり、北海道、東北地方、新潟、グリーンランドへの旅が描かれる。

    作者は男性から女性に性転換した経歴があるらしい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています