とっぴんぱらりの風太郎(下)
  • 最新刊

とっぴんぱらりの風太郎(下)

作者名 :
通常価格 753円 (685円+税)
紙の本 [参考] 759円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

炎上大坂城の死闘!
法螺貝の音と共に大坂の陣は始まった。
敵は10万徳川勢。
燃える天守閣の中での別れ、宿敵との死闘、そして希望――。
堂々の完結篇!

和議成立ののち、平穏な日々が戻ったのも束の間、血なまぐさい因縁が風太郎を追い立てる。
やがて訪れる最後の大決戦。
燃え盛る大坂城目指し、だましだまされ、斬っては斬られ、忍びたちの命を懸けた死闘が始まる。
崩れ落ちる天守閣、無情の別離、託された希望。
圧巻のクライマックス。万城目学、時代小説でもお構いなし!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
416ページ
電子版発売日
2016年09月16日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

とっぴんぱらりの風太郎(下) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年05月21日

    ひさご様の正体!?読者も含めて気付いてないのは風太郎だけ(笑)そこから推測される悲しき大坂夏の陣!

    残菊の一味の動向も気になるし、常世、黒弓、蝉、百市、ゲゲの絡みも気になる!?

    そして瓢箪仙人はどうなるのか!



    ネタバレになるので理由は詳しくは言えませんが風太郎達が決意を固める所が泣けます。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月31日

    大坂夏の陣へと時代は進んでいく。再び現れた因心居士が風太郎の運命を決める。ファンタジーの雰囲気が、その後の展開との落差を生む。ひょうたんの側に付いた風太郎、黒弓、百、そして蝉。それだけで時代には抗えない過酷な運命が待ち受けていたのだ。ハッピーエンドでは終わらない、それでも満足のゆく物語だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月12日

    2019.4.4再読
    プリンセストヨトミへの伏線がいい。このまま終わらない的な感じで続きが読みたい!

    いやー、まいった。こうなるのかなーとの想像を超える展開。闘う者達の悲しい運命と、かすかな希望を持ちながら最後まで一気に読んだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月04日

    ニート忍者風太郎がひょうたんと出会うことにより運命は奇妙な方向へと変わってゆく。騙し騙され、死闘が始まり、最後に守るものは…という物語。長かったー、けれど最後は息もつかさずページを進めた。万城目さんはなんてものを書き上げたんだろう。登場人物も個性的で、何と言ってもひょうたん! 面白おかしく、しかし、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月13日

    とっぴんぱらりなのに!風太郎なのに!とラストで思わずにいられませんでした。序盤はそういうコメディちっくな展開もあったり、瓢箪とぷちファンタジックな雰囲気を出したりという感じでしたが、後半怒涛の展開に思わずうるっときてしまいました。あと忍者がかっこいいのなんの。それぞれに個性があって、そんで豊臣が滅ぶ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月28日

    肺が強いくらいしか取り柄がないなんて自分では思ってる風太郎ですが、何だかんだでみんなに愛されてました。

    ファンタジーをまじえつつ、肩が凝らない読みやすさで時代の息吹を感じられる、万城目さんらしい時代小説。

    みんな魅力的だったけれど、常世に一番惹かれました。心情の移り変わりを想像すると、胸がぎゅっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月27日

    終わり方は、戦国時代ならば仕方のないことなのか…でも悲しすぎた。
    今まであまり豊臣は好きではなかったけど、ひさご様が素敵なキャラクターすぎて、好きになりつつある。

    最後にやりとげた風太郎に、感動。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月27日

    面白かった。
    ついつい夢中になって
    駅を乗り過ごしてしまった。
    意地と自尊心、
    使命と義務、
    自由と尊厳、
    己の思うままに生きる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月15日

    「とっぴんぱらりの風太郎 下」

    ものすごく面白かった!
    ニートの忍者風太郎が、たくさんの仲間に支えられある約束を果たす!

    もう、とにかく泣いた。
    戦のシーンはとてもリアルで手に取るように状況が分かる。

    これ本当にオススメ!

    いい本に出会えた!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月27日

    いくさのシーンは血生臭い。生々しい表現もたくさんあるし。それでも読み進められてしまう、風太郎たちの生きざま。助けられたあの子がどうなっていくのか、非常に気になる...。

    このレビューは参考になりましたか?

とっぴんぱらりの風太郎 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • とっぴんぱらりの風太郎(上)
    忍者×マキメワールドの大大長篇! 伊賀の国をクビになった忍びの者、風太郎。 謎の「ひょうたん」に誘われ運命は流転し始める! 奇才マキメの超絶戦国絵巻、開幕! 天下は豊臣から徳川へ。 度重なる不運の末、あえなく伊賀を追い出され、京でぼんくらな日々を送る「ニート忍者」の風太郎。 その運命は一個の「ひょうたん」との出会いを経て、大きくうねり始める。 時代の波に呑み込まれる風太郎の行く先に...
  • とっぴんぱらりの風太郎(下)
    炎上大坂城の死闘! 法螺貝の音と共に大坂の陣は始まった。 敵は10万徳川勢。 燃える天守閣の中での別れ、宿敵との死闘、そして希望――。 堂々の完結篇! 和議成立ののち、平穏な日々が戻ったのも束の間、血なまぐさい因縁が風太郎を追い立てる。 やがて訪れる最後の大決戦。 燃え盛る大坂城目指し、だましだまされ、斬っては斬られ、忍びたちの命を懸けた死闘が始まる。 崩れ落ちる天守閣、無情の別離、託...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

とっぴんぱらりの風太郎 に関連する特集・キャンペーン