義経(上)

義経(上)

作者名 :
通常価格 743円 (676円+税)
紙の本 [参考] 836円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ブックライブ10周年記念】特別企画開催中!

作品内容

みなもとのよしつね――その名はつねに悲劇的な響きで語られる。源氏の棟梁の子に生まれながら、鞍馬山に預けられ、その後、関東奥羽を転々とした暗い少年時代……幾多の輝かしい武功をたて、突如英雄の座に駆け昇りはしたものの兄の頼朝に逐われて非業の最期を迎えてしまう。数奇なその生涯を生々と描き出した傑作長篇小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
490ページ
電子版発売日
2015年02月06日
紙の本の発売
2004年02月
サイズ(目安)
1MB

義経(上) のユーザーレビュー

    購入済み

    さすがは司馬遼太郎

    はまじ 2020年06月30日

    日本人がこれまで飽きるほど見たり聞いたりしてきた義経物語だが、司馬氏のてにかかるとここまで秀逸で欣快の書物となるのであろうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月28日

    軍神と称された幼稚な義経の物語。多くの点において、自らを重ねるところあり、政治感覚の無さ、他者への気持ちのわからなさ、自分を正しいと思う、思い込みの強さ、自らを重ねるようである。

    しかし、痛快な30年弱の人生であっただろう。
    初陣から壇ノ浦まで、古今類を見ない奇跡的な勝利、それはこの時代になかった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月16日

    機動戦士ガンダム。アムロ・レイ。zガンダム。カミーユ・ビダン。シャア・アズナブル。
    うーん。彼らの原型が、「源九郎義経」だったとは。
    ガンダムファン、必見、必読の作品だと思いました。



    司馬遼太郎さん「義経」(文春文庫、上下)。1968年発表だそうです。

    これは、面白い。

    つまり、司馬遼太...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月10日

    大河ドラマの平清盛を見終わった後だし、登場人物を頭に思い浮かべながら読めてよかった。鞍馬にいる時は辛かったんだな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月27日

    2012年の大河「清盛」は、低視聴率で有名になったが、平氏VS源氏について今までよくわかっていなかった自分にとっては見がいがあった。その一方、大河が真実をどこまで語っているか疑問であるため読書により、違う目で歴史について考える機会を持つために、この一冊を手にした。司馬遼太郎だけに、これまたどこまで真...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月01日

    おもしろくて上下巻一気読み。
    義経贔屓の小説ではなく、義経を中心に、鎌倉、朝廷、平家、それぞれの思考、思惑を描いている。

    なぜ鎌倉幕府という政権ができたのか、そもそも武士って何?がよくわかる良書。

    ちなみに、大河ドラマ「平清盛」の後白河上皇のキャラ設定は、この小説の後白河を参考にしてると思う(体...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月26日

    歴史の教科書にはただ淡々と「鎌倉幕府を作った男」とだけ書かれている頼朝の見る血縁関係と義経の持つ血縁に関する純粋な気持ちの対比が興味深い一冊。兄弟同士が血で血を洗う戦国時代が訪れるのはこの頃から定められていたのだと感ぜずにはいられない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月23日

    さすが司馬遼太郎というかんじ。典型的な義経と弁慶のドラマなどは描かず、司馬独自の史観とおそらく調査の裏付けに基づきストーリーを組立て、十分に魅力的な義経の物語になっている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月09日

    今から約1000年前の時代ではあるが大方史実に則ったものなのでしょう。もやもやした歴史知識が明確になり、相変わらず司馬作品は読後の充実感があります。平安から鎌倉時代は激乱の時代だったのですね。皇室も含めとても節操なく、道徳心や法律が育っていない時代ならではの展開に驚きます。司馬の作品は人物のセリフは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月16日

    ここのところ関ヶ原辺りの歴史小説ばかりを読んでいたが、少し遡って源平合戦時代へ。
    私の中の義経といえば『華奢で色白で身軽』『弁慶さんをお供に連れてる』、そして『勧進帳!』レベルの知識。
    まず、源頼朝さんと義経さんって兄弟だったのか!という驚きからスタートw
    自分でも何も知らなかったことにビックリ!
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

義経 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 義経(上)
    743円(税込)
    みなもとのよしつね――その名はつねに悲劇的な響きで語られる。源氏の棟梁の子に生まれながら、鞍馬山に預けられ、その後、関東奥羽を転々とした暗い少年時代……幾多の輝かしい武功をたて、突如英雄の座に駆け昇りはしたものの兄の頼朝に逐われて非業の最期を迎えてしまう。数奇なその生涯を生々と描き出した傑作長篇小説。
  • 義経(下)
    774円(税込)
    義経は華やかに歴史に登場する。木曽義仲を京から駆逐し、続いて平家を相手に転戦し、一ノ谷で、屋島で、壇ノ浦で潰滅させる……その得意の絶頂期に、既に破滅が忍びよっていた。彼は軍事的には天才であったが、あわれなほど政治感覚がないため、鎌倉幕府の運営に苦慮する頼朝にとって毒物以外の何物でもなくなっていた。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています