新三河物語(下)
  • 最新刊

新三河物語(下)

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

本能寺で信長が斃れ、天下は秀吉が簒奪した。大久保一族では彦左衛門が成長し、忠世・忠佐の奮戦を支え続けた。上田攻めでは真田昌幸、大坂の陣では幸村の深謀に苦戦しつつも彼らの忠義は一瞬たりとも揺るがなかった。やがて、家康は天下を掌握し、忠世・忠佐とも大名となるが……。大久保一族の衷心と、家康の絶望的な冷淡。主従の絆の彼方にある深い闇を描く歴史雄編堂々の完結。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2015年02月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

新三河物語(下) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年10月23日

    途中、作風が違うなと思いながら読んでいたが、最後まで読むと、やっぱりいつもの雰囲気だと安心。一人の人生が一気に流れるので読み終えたときには微妙な寂寥感が残る。宮城谷小説を読むといつも自分の人生について考えてしまう。なんとなく暗い気分と余韻が残ってなんともいいがたい気持ち。でも面白いし、何かしら心に残...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月08日

    大久保彦左衛門の三河物語からの徳川家康の物語。はじめの頃は家康の波瀾万丈と大久保家の活躍がメインであったが、最終巻のここでは既に家康は秀吉と並びNo2までとなっていく。だんだん戦が減ってきて活躍するのは武将である大久保家の人々から本多正信、土井利勝など知謀の人に移っていく。また家康も昔から支えてきた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月18日

    戦国武将の息遣いがリアルに伝わって来る一冊。家康を支えた大久保家の倫理観に共感。戦国時代のストーリーも楽しみながら読めると同時に、人との関わり方も再考出来る。働く人が読んでおくべき一冊だと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月15日

    大久保彦左衛門の三河物語完結編
    淡々と物語が展開、真田親子との確執
    家康の執念深さと老齢による妄執
    本多親子の陰険な係わりと、大久保一族へのゆわれ無き処分
    結構、面白く読めるが、やはり人物名には閉口した。
    やはりもう年か
    太助が実在していたとは驚きである

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月06日

    終盤に差し掛かり、大久保一族には悲劇がおとずれる。
    運が悪いとしかいいようがないが、それを大久保彦左衛門が救う。

    意外だったのは、平岩親吉と鳥居元忠の評価。
    嫡子・信康の死が与えた影響はかくも大きかったのか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月08日

    歴史小説の第一人者が描く徳川家康に仕えた大久保一門の年代記。大久保彦左衛門の「三河物語」を下敷きにしているが、著者の眼差しは遥かに遠く、歴史とは何か、義とは何か、を問いかける。全編を通して透徹した語り口が印象的であった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月03日

    家康は天下人に上り詰めていく。大久保一族と家康配下の武将たちとの争いが描かれている。
    家康をずっと支えてきた大久保一族への仕打ちが非常に哀しい。信康を失った悲しみがあるのかもしれないが。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月26日

    松平徳川家の覇権への道における柱石であった大久保一門の物語。三河物語とは大久保忠教(平助、彦左衛門)が記した記録。宮城谷昌光氏の作品を始めて読みました。個人の精神世界を語るのは司馬遼太郎が上?時代群像としての風景描写は宮城谷さんか?本多、酒井、井伊、榊原、鳥居、土井 家康から秀忠、家光に渡る徳川家の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年09月22日

    上田攻め、大久保忠世と信康の側近だった平岩親吉、鳥居元忠の対立。酒井忠次の隠棲。家康が心に秘めた信康の死に対する気持ち。大久保忠隣の失脚。大久保彦左衛門の結婚。『三河物語』の執筆。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年09月14日

    最終巻。大久保家の没落が描かれるが、その段は割とあっさりしている。上巻のころの、家臣のために身体を張る、さっそうとした家康と、この巻の冷徹な天下人としての家康。その変質は、愚直に忠義を貫き続けた大久保家の視点からみるととりわけ寂しく感じられた。

    このレビューは参考になりましたか?

新三河物語 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 新三河物語(上)
    770円(税込)
    永禄3年(1560年)、織田信長の急襲に遭って、今川義元は桶狭間に斃れた。義元に頤使されていた松平元康(家康)は父祖の地、西三河は岡崎城に戻り、悲願の独立を果たす。だが息継ぐ間もなく、一向一揆が勃発。血縁者が敵味方に分かれ、相争う国力消耗の未曾有の事態から家康を救ったのは大久保忠俊(常源)だった。忠俊率いる大久保一党の決死の進退が深く胸を打つ戦国歴史小説の巨編。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 新三河物語(中)
    737円(税込)
    徳川の駿河以東への進撃は、武田の南進によって阻まれた。三方原合戦──家康の前に信玄が立ちはだかる。潰滅的惨敗を喫した家康だったが、天祐ともいうべき信玄の死により再起する。武田勝頼との決戦、長篠合戦において大久保忠世・忠佐兄弟が見せた獅子奮迅の活躍は、信長を驚喜させ、家康の嫡子信康に両雄への憧憬をもたらせた。しかし、運命は極めて残酷な旋回を見せたのだった。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 新三河物語(下)
    649円(税込)
    本能寺で信長が斃れ、天下は秀吉が簒奪した。大久保一族では彦左衛門が成長し、忠世・忠佐の奮戦を支え続けた。上田攻めでは真田昌幸、大坂の陣では幸村の深謀に苦戦しつつも彼らの忠義は一瞬たりとも揺るがなかった。やがて、家康は天下を掌握し、忠世・忠佐とも大名となるが……。大久保一族の衷心と、家康の絶望的な冷淡。主従の絆の彼方にある深い闇を描く歴史雄編堂々の完結。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています