香乱記(四)
  • 最新刊

香乱記(四)

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

無辜の民をも殲滅する残虐無比の項羽と、陰謀と変節の梟雄劉邦。中国の人口を半減させたといわれる楚漢戦争が勃発した。緒戦こそ劉邦は項羽に敗れたものの、劉邦の壮大な包囲網に項羽は追いつめられていく。人民にその高潔英邁を尊崇された不撓の人、田横の正義さえも、漢軍の奔流に呑まれていく。著者をして「理想像」と言わしめた不屈の英雄を描く傑作、明鏡止水の第四巻、完結編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2015年02月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

香乱記(四) のユーザーレビュー

    購入済み

    完璧

    トミー 2016年07月30日

    完ぺきな最後でした。
    感動しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月25日

    漢にも楚にも属さなかった斉。韓信という人物の真の姿はこのような感じだったのかと思いました。田横の選択と彼を慕う人々の選択。項羽と劉邦という巨大な人物で見えませんでしたが、本書で田横という人物に出会えて本当によかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月21日

     秦の始皇帝の時代から、その崩壊、楚漢戦争、漢の樹立までの「項羽と劉邦」の時代を、項羽にも劉邦にも従わず戦い抜いた、斉の田横を中心に描きます。
     兄弟とともに王となる―という予言を受けた田横。激動の時代に兄弟とともに斉を復興し、項羽の暴虐や劉邦の詐謀のなか、悲哀にまみれながらも斉王を助け、すべてを失...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    項羽と劉邦については私も前々から知っていましたが、それは彼らの側から見た歴史を辿る事で彼らの像というものを追ってました。
    これは彼らに屈しなかった人物を中心に据えていて、歴史の中の人物像に新たな印象を与えてくれました。
    途中の戦況の移り変わり等、説明的な部分が多くて(それだけ広域・多方面にわたって注...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月10日

    秦の始皇帝の時代。秦の悪政下において各地で反乱の火ぶたが切られていき、楚漢戦争が勃発、帝国秦が終焉していくまでの話。各国の将軍たちが登場するなか、主人公は斉の田横。前半は田横の様子がよく描かれていたが、後半は楚の項羽と劉邦や秦の章邯が多く登場し、田横の話というより猛将たちの話という感じだった。立場は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    無辜の民をも殲滅する残虐無比の項羽と、陰謀と変節の梟雄劉邦。中国の人口を半滅させたと言われる楚漢戦争が勃発した。緒戦こそ劉邦は項羽に敗れたものの、劉邦の壮大な包囲網に項羽は追い詰められていく。人民にその高潔英邁を尊崇された不撓の人、田横の正義さえも、漢軍の奔流に呑まれていく。著者をして「理想像」と言...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    秦の始皇帝はあまりに有名。その後が漢の劉邦だったという、おぼろげな記憶があっただけですが、本書を読んで「陰謀と変節の梟雄劉邦」であったということを知らされました。ただ全編を通して、劉邦の言動を直接描写する場面はほとんどなかったような気がするし、最後に田横と対面を望んだあたりの描写では、そのキャッチコ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    楚漢戦争。劉邦に包囲され項羽が追い詰められていく。そして自分の正義を貫き通した田横も、巨大な漢の前では無力となっていきます。完結巻。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    中国歴史小説には、必ず真実を見ようとしない暗愚な王(帝)と、自分の保身・栄耀・権力のために耳障りのよい言辞で王の眼を曇らせる側近が出てくる。人間の歴史って繰り返すのね・・・。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年02月19日

    韓信の騙し討ちをはじめとした漢の譎詐は、斉の視点から見ると、項羽の暴虐にも増して淀みを感じさせる。楚漢戦争を第三の国・斉の側から書くことで、地理的に隔てたところから見るというだけでなく、人々のあり方を歴史の高みから捉え直すという構造になっているのが面白い。
    劉邦は、本質を見抜く目は持っているものの、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

香乱記 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 香乱記(一)
    594円(税込)
    悪逆苛烈な始皇帝の圧政下、天下第一の人相見である許負は、斉王の末裔、田氏三兄弟を観て、いずれも王となると予言。末弟の田横には、七星を捜しあてよという言葉を残す。秦の中央集権下では、王は存在しえない。始皇帝の身に何かが起こるのか。田横は、県令と郡監の罠を逃れ、始皇帝の太子・扶蘇より厚遇を得るのだが……。楚漢戦争を新たな視点で描く歴史巨編、疾風怒濤の第一巻。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 香乱記(二)
    638円(税込)
    始皇帝は没した。宦官・趙高の奸策により公子扶蘇は自害。皇帝として末子胡亥が即位した。胡亥・趙高により苛政はより激しさを増した。九百の雑役夫を率いて辺境の守備に向かっていた陳勝と呉広が、悪天候による移動の遅れから、「遅参も死、逃散も死、どうせ死ぬのならば」と、蜂起した。反乱軍は瞬く間に万を超え、ついに戦乱の火ぶたは切られた。群雄湧き起つ、烽火燎原の第二巻。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 香乱記(三)
    594円(税込)
    秦の不敗の将軍、章邯に包囲された絶体絶命の魏王を救うべく、田たん率いる斉軍は、臨済へと向かった。秦軍は二十万、迎え撃つ魏斉連合軍は十万。田たんは、章邯の自在な用兵、精緻な機略の前に苦戦を強いられる。田横は義を以て楚に援兵を乞い、楚の勇将項梁は、項羽・劉邦・黥布らを率いて、章邯の大軍と激突する。楚漢戦争前夜、帝国秦の終焉を圧倒的迫力で描く、驚天動地の第三巻。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 香乱記(四)
    638円(税込)
    無辜の民をも殲滅する残虐無比の項羽と、陰謀と変節の梟雄劉邦。中国の人口を半減させたといわれる楚漢戦争が勃発した。緒戦こそ劉邦は項羽に敗れたものの、劉邦の壮大な包囲網に項羽は追いつめられていく。人民にその高潔英邁を尊崇された不撓の人、田横の正義さえも、漢軍の奔流に呑まれていく。著者をして「理想像」と言わしめた不屈の英雄を描く傑作、明鏡止水の第四巻、完結編。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

香乱記 に関連する特集・キャンペーン