香乱記(三)

香乱記(三)

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

秦の不敗の将軍、章邯に包囲された絶体絶命の魏王を救うべく、田たん率いる斉軍は、臨済へと向かった。秦軍は二十万、迎え撃つ魏斉連合軍は十万。田たんは、章邯の自在な用兵、精緻な機略の前に苦戦を強いられる。田横は義を以て楚に援兵を乞い、楚の勇将項梁は、項羽・劉邦・黥布らを率いて、章邯の大軍と激突する。楚漢戦争前夜、帝国秦の終焉を圧倒的迫力で描く、驚天動地の第三巻。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2015年02月06日
サイズ(目安)
4MB

香乱記(三) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    遂に秦最後の名将、章邯も楚に下り、秦は滅亡へ・・・項羽は秦朝を倒すが、動乱は収束へ向かわず、さらなる動乱が続く・・・ 面白いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月25日

    秦が滅び、各地で立った王もそれぞれの思惑で争っていく中で、もともと斉の王の血筋の田兄弟も斉を立てていきます。
    項羽や劉邦といったよく知る名前と歴史を別の視点から見れて読みごたえがありました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    二世皇帝の最期・・・
    ここにかかれているように、このとき彼が
    2人の暗殺者を高位につけるから趙高を
    誅せよと言えば歴史はかわっていたかも。
    かわいそうな皇帝だ。

    劉邦のカゲがうすいのがウケる。

    こうやって1つの国から見ると、戦国時代
    に逆戻りした感じだったんだなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白い

    トミー 2016年07月27日

    大変面白くなってきました。
    ワクワクしながら読んでます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月10日

    秦の始皇帝の時代。秦の悪政下において各地で反乱の火ぶたが切られていき、楚漢戦争が勃発、帝国秦が終焉していくまでの話。各国の将軍たちが登場するなか、主人公は斉の田横。前半は田横の様子がよく描かれていたが、後半は楚の項羽と劉邦や秦の章邯が多く登場し、田横の話というより猛将たちの話という感じだった。立場は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月29日

    いよいよ楚漢戦争に田横も巻き込まれていく。
    楚漢戦争を別の視点から見てみると違う中国史が見えてきて面白くなってきた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    途中、少しだれます・・・;;
    田横があまり出てこなかった印象を受けたからでしょうか。歴史は大きく動いているというのに。

    そして蘭まで・・・!?と驚愕しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    秦の不敗の将軍、章邯に包囲された絶体絶命の魏王を救うべく、田儋率いる斉軍は、臨済へと向かった。秦軍は、20万、迎え撃つ魏斉連合軍は10万。田儋は、章邯の自在な用兵、精緻な機略の前に苦戦を強いられる。田横は義を以って楚に援兵を乞い、楚の勇将項梁は、項羽・劉邦...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    宮城谷氏の小説は、他の中国歴史小説と比べると、展開が淡々とテンポよく(テンポよすぎる?)、文章もドラマチックではないので、それがちょっと・・・という人もいるかも。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年02月17日

    最後の秦将・章邯の描かれ方は(司馬遼太郎の『項羽と劉邦』を読み慣れすぎたからか)物足りなさもある。もちろん、主舞台の斉国内や田横周辺の書かれ方は緊密だから、それだけ主人公がまだ歴史の中心へ近づいていないということなのだろう。
    今巻で秦も滅亡し、物語が高潮する途上にあるのを感じる。

    このレビューは参考になりましたか?

香乱記 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 香乱記(一)
    594円(税込)
    悪逆苛烈な始皇帝の圧政下、天下第一の人相見である許負は、斉王の末裔、田氏三兄弟を観て、いずれも王となると予言。末弟の田横には、七星を捜しあてよという言葉を残す。秦の中央集権下では、王は存在しえない。始皇帝の身に何かが起こるのか。田横は、県令と郡監の罠を逃れ、始皇帝の太子・扶蘇より厚遇を得るのだが……。楚漢戦争を新たな視点で描く歴史巨編、疾風怒濤の第一巻。
  • 香乱記(二)
    638円(税込)
    始皇帝は没した。宦官・趙高の奸策により公子扶蘇は自害。皇帝として末子胡亥が即位した。胡亥・趙高により苛政はより激しさを増した。九百の雑役夫を率いて辺境の守備に向かっていた陳勝と呉広が、悪天候による移動の遅れから、「遅参も死、逃散も死、どうせ死ぬのならば」と、蜂起した。反乱軍は瞬く間に万を超え、ついに戦乱の火ぶたは切られた。群雄湧き起つ、烽火燎原の第二巻。
  • 香乱記(三)
    594円(税込)
    秦の不敗の将軍、章邯に包囲された絶体絶命の魏王を救うべく、田たん率いる斉軍は、臨済へと向かった。秦軍は二十万、迎え撃つ魏斉連合軍は十万。田たんは、章邯の自在な用兵、精緻な機略の前に苦戦を強いられる。田横は義を以て楚に援兵を乞い、楚の勇将項梁は、項羽・劉邦・黥布らを率いて、章邯の大軍と激突する。楚漢戦争前夜、帝国秦の終焉を圧倒的迫力で描く、驚天動地の第三巻。
  • 香乱記(四)
    638円(税込)
    無辜の民をも殲滅する残虐無比の項羽と、陰謀と変節の梟雄劉邦。中国の人口を半減させたといわれる楚漢戦争が勃発した。緒戦こそ劉邦は項羽に敗れたものの、劉邦の壮大な包囲網に項羽は追いつめられていく。人民にその高潔英邁を尊崇された不撓の人、田横の正義さえも、漢軍の奔流に呑まれていく。著者をして「理想像」と言わしめた不屈の英雄を描く傑作、明鏡止水の第四巻、完結編。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング

香乱記 に関連する特集・キャンペーン