新・平家物語(三)

新・平家物語(三)

作者名 :
通常価格 702円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

平治の乱の実際の戦闘は、わずか半日だった。だが、この半日を境に源平の明暗は大きく分れる。源氏一門の棟梁義朝は、都を落ちてゆく途中で非業の最期を遂げ、その子義平、頼朝は勿論、常盤(ときわ)に抱かれた乳のみ児の牛若まで、業苦の十字架を背負って生きる。一方、宿敵の源氏を軍馬で蹂躙(じゅうりん)した清盛は、もはや公卿の頤使(いし)には甘んじていなかった。平家全盛の鐘は、高らかに鳴りはじめている――。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
吉川英治歴史時代文庫
ページ数
422ページ
電子版発売日
2014年08月01日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2013年09月01日

平治の乱にて、清盛が源氏に勝利し、平家による政治の足掛かりが整い始める。

頼朝が、池ノ尼の嘆願により、伊豆に流罪となる。そこには、幼くして亡くした子の影を見る。常磐も義経を初めとする3人の子供の将来を案じる。親の子供を思う姿が良く描けていると思う。

頼朝を伊豆にではなく、西国に流罪としたらこの後...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月18日

面白かった!!義朝の敗北も紙一重なんだけど、長い目で見れば必然に思えてきて、頼朝を生かすことが平家の滅亡の因になっているという点も、非常に「妙」と思った。
作中著者が民衆のことを、「生命」と表現していた。「人間」でもなく「人」でもなく「生命」と。その表記を読めただけでも僕は「三巻を読んでよかった~」...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月25日

完全に平清盛にハマっている今日この頃の私。
本巻では、平治の乱後の戦後処理、清盛と常盤御前とのやり取り、日宋貿易への着眼など、清盛が一大政治家として飛躍していく様が描かれている。本作品の清盛は非常に包容力が大きく魅力的に描かれている。今まで私が書やドラマなどで読んできた作品の清盛像と言えば、一般的...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年11月21日

平安末期頃~鎌倉までの滅びゆく平家、源氏との戦いを描いた全16巻の大作です。

 続きが読みたくてつい夜更かしをしてしまう作品でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月14日

平氏と源氏の雌雄を決する平治の乱は、平清盛の勝利に終わります。義朝は捕らえられますが、その子の頼朝は、池禅尼のとりなしにより、一命をとりとめることになります。また、常盤御前と牛若丸をはじめ3人の子たちも、命だけは助かることとなります。

後半は、平氏の全盛期を生きた文覚や西行、そして庶民たちの姿が描...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play