上杉謙信

上杉謙信

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

謙信を語るとき、好敵手信玄を無視することはできない。精悍孤高の謙信と千軍万馬の手だれの信玄。川中島の決戦で、戦国最強の甲軍と龍攘虎搏の激闘を演じ得る越軍も、いささかもこれに劣るものではない。その統率者謙信と彼の行動半径は? 英雄の心事は英雄のみが知る。作者が得意とする小説体の武将列伝の一つであり、その清冽な響きは、千曲・犀川の川音にも似ている。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
吉川英治歴史時代文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2011年01月31日
紙の本の発売
1989年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

上杉謙信 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年12月18日

    上杉謙信というタイトルだが、上杉・武田両方の視点で川中島の戦いを描く。
    互いが互いの腹を読みあい、裏をかこうとする。
    吉川英治のごつごつした文章が、なぜかつるつると気持ちよく入ってくる。

    歴史の結果は知っているけれども、謙信の視点に立てば捨て身の戦法が功を奏するのではないかと、信玄の立場になれば...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月20日

    上杉謙信で連想するのは、川中島の戦い、毘沙門天、敵に塩を送るハナシ、等々。信長や秀吉と違って戦国時代日本のトップに立つことには興味がなく、自分の力の誇示に満足するアスリートのような印象がある。吉川英治が描く上杉謙信もストイックな戦いのプロ。戦の感覚を味わうために戦国武将をやっているってカンジだ。かと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月24日

    日本史に疎いというか、時代小説に苦手意識のある私だが、読んでみたらすごく面白かった。

    謙信を描くには信玄を描かなければならないのか。なるほど終生のライバルってこういう関係なのかと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    直江兼続について巡っていたらいつの間にか謙信公に心酔し始め、うっかり読んでしまいました。
    悩んだら戻ってこれる、居場所みたいな本になりそうです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    こよいの霧はすべて血か。

    濃霧の中激戦となった永禄四年、第四次川中島の戦いを焦点に、歴史小説の大家吉川英治が読ませます。上の文は、合戦を終えて主従二人で合戦上を引き上げるときの謙信の心情。ゾクっときた。

    英雄の心事は英雄のみが知る。
    好敵手であった信玄と謙信。
    謙信が単騎、信玄の陣中に斬り込み、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月13日

    「敵に塩を送る」という言葉でも有名。武田信玄とは、何度も川中島で戦う。武田信玄と優劣つけがたいほど強い。しかし天下取りなどには、興味をあまり示さない。鬼神。自ら毘沙門天の転進と信じていた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月28日

    上杉謙信について知りたかったので読んだ。
    と言っても、この本は川中島の戦いメイン。信玄vs謙信について知りたい場合にはいい。すごく面白かった。謙信の落ち着き払って肝のすわってるところがかっこいいなあ。
    勝敗については、どうなんだろう。
    あと、塩のところ。かっこいいなあ謙信。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月20日

    激しかった第四次「川中島の戦い」前後の話。死の中に身を置いて生をとる謙信の生き方が潔い。出家僧でもあった謙信が戦いの中に身を置いた苦悩と哲学も描かれている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月21日

    川中島の戦いとその前後をピックアップして書かれている。自分としては、上杉謙信の人となりについて(出自や独自の宗教観を持っていたこと、琴や歌を愉しむことなど)、人物自体を知りたかったので、そのような目的からは得た物がそれほど無かった。次の機会にそういった本を読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    第四次川中島だけを抜粋し、
    描いた史観がなんとも潔かった。
    国主になるまでの苦悩と葛藤を無視した形で
    上杉謙信像を描くのは多少物足りなさも感じるが
    すごいことだと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています