われらの時代

われらの時代

作者名 :
通常価格 539円 (490円+税)
紙の本 [参考] 572円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

快楽と不能の無限の繰返しから抜け出て、幼年時代の黄金の象徴だった天皇の現在の姿に手榴弾を投げつけ爆破しようとする少年。遍在する自殺の機会に見張られながら、自殺する勇気もなく生きてゆかざるをえない“われらの時代”。いまだ誰も捉えられずにいた戦後世代の欲望をさらけ出し、性を媒介に現代青年の行きづまりを解剖して、著者の新たな文学的冒険の出発となった長編小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2014年03月14日
紙の本の発売
1963年07月
サイズ(目安)
1MB

われらの時代 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2010年02月13日

    大江氏の初期の作品はなんて面白いんだろう。われらの時代、万延元年のフットボール、セブンティーン・・・・・。特にこの作品で、天皇を暗殺しに行き、未遂に終わる場面の官能性はとても印象的です。しかし、初期以降の作品はとても(私としては)つまらない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    虚栄と汚辱の話。
    気に入ったページの端を折ってたらえらいことになりました。折り過ぎ。特に妊娠したのパリに行くだのの言い争いのところ。
    最低なわれらに似合うのは、最低な時代なのでしょう。

    09.06.09

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    若かりし頃の大江健三郎の作品。
    当時の空気を感じる学生達の激しい動きの裏にある湿った日本の若者の心が、読み手の呼吸を奪う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月03日

    面白い!
    読みにくい比喩や暗喩かあり、読むのがしんどく不要なのではと思う部分もあったけど、終盤は小説の世界に没頭してしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月15日

    遅く生まれてしまった世代の苦悩、鬱屈、閉塞感が伝わってくる。
    そこから抜け出したいのに抜け出せず絶望する。
    兄弟二人は抜け出せそうになったのに結局抜け出せず絶望する。
    時代が変わっても同じような苦悩がある気がする。

    読んでて気持ちのいい内容じゃないのに、
    ページをめくる手が止まらなかった。
    特に後...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月30日

    大江健三郎って下手にノーベル賞取ってしまったから何やかんや言われるけど、初期の作品の衝動というかみずみずしさというのは素晴らしい。これは現在進行形で若者である人間にしか書けないだろうし、個人的な体験に並ぶ傑作だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月14日

    大江健三郎(1935-)初期の長編小説、1959年の作。

    日常性という倦怠、鬱屈、閉塞、虚無。そこは、無限遠に縁取られた外部無き空虚。溢れているのは、その媒介性によってそれ自体が虚偽の手段であると同時に虚偽そのものになってしまった、言葉。

    他者関係が、言葉=媒介という虚偽によって空転するしか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月06日

    戦後すぐの若者の「割り食った」感を、象徴性の強いエピソードで綴った長編。

    割り食ったっていうのは「命をかける機会」を失ったことについてで、その点は今と違うけど、割り食ったって思っちゃう時代に対する怒りは共感できた。今は何が原因かはっきりしないあたりもっと悪くなってるかもしれない。

    エピソードも展...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月02日

    初期の長編。このころから虚飾や装飾を抑えた直接的なことばを使ってイメージを排除した性を描いている。遍在する自殺の機会につねに監視されながら生きるしかない現代の若者のすがたは読んでいてとても共感できた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月09日

    戦後の若者の閉塞感を描いた作品。
    共通の価値、命をなげうってでも賭けるべきもの、そのようなものが与えられない現在の閉塞感。それを何とか打開しようともがき、危険な行動に走ろうとする若者。しかし、その危険が己の身にリアリティをもって差し迫ってくると恐れおののき何もできなくなってしまう。そしてそのような自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング