臨床犯罪学者・火村英生の推理 ダリの繭(上)

臨床犯罪学者・火村英生の推理 ダリの繭(上)

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
紙の本 [参考] 586円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

推理作家・有栖川有栖の新作刊行と、犯罪学者の火村英生の誕生日を祝すささやかな宴。そこで見かけた、宝石チェーン社長で有名人の堂条秀一が殺された。しかもアリスの友人が容疑者で!? 新たな事件、始動!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 角川ビーンズ文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ビーンズ文庫
電子版発売日
2014年02月21日
紙の本の発売
2013年05月
サイズ(目安)
5MB

関連タグ:

臨床犯罪学者・火村英生の推理 ダリの繭(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年09月01日

    第3巻(上)を読破。

    今回は上下巻ということなので、下巻が発売されるまで読むのを控えていました。

    どうせ続きを読みたくてじたばたするのが目に見えてますからね!



    アリスの脱稿祝いと、火村の誕生日祝いを兼ねてレストランで食事をしていたアリスたち。

    彼らはダリ髭がトレードマークの宝石商社長・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月07日

    作家アリスシリーズ。
    これも読んだはずなのに、犯人はおろか内容もうろ覚えって・・・
    一体ジュエリー堂条社長を殺したのは誰なのか⁉

    さっくり読めたので、間を開けずに次の巻を読もうと思います。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    時代は古いですが面白く読めます

    すいか 2019年10月13日

    この本(上下2巻組み)は、表紙絵、登場人物紹介絵、挿絵があるバージョンです。絵が無くても構わないなら、同じ角川でも角川文庫のバージョンの方が、1巻完結なので安いです。
    ちなみに、挿絵は上巻が7枚、下巻が8枚です。

    また、コミカライズされている「シュルレアリスムの午後」ですが、漫画家さんご自身...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月25日

    ダリの繭(上)
    宝石店社長でダリっぽいおとこが殺害される。三角関係のもつれや異母兄弟との遺産分配などが疑われる。


    C0193

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月13日

    すっかり2人のお茶目な場面を忘れていて読んでいて「あ!」となった。可愛いです。まだ途中。最後まで楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月24日

    ミステリーの上下ってあんまり読まないかもしれません。
    もしくは、両方出たのを買っているのか・・・
    続きが気になります。
    そして色々忘れてしまいそうです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月29日

    角川文庫のは1冊だったのになぜ上下巻になったのか…。
    一気に読みたかったよー。
    挿絵のせいならちょっと不服。
    ダリ社長はもっとどっしりしたおっさん想像してたのに結構ダンディ系だったりアリスがかわいかったりで相変わらず挿絵見ると一瞬誰だってなるのがとまらないw
    そしていつも通りトリックも犯人も完全に忘...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月05日

    彼に最近あったのは? という警察からの問い合わせ。
    友人が、事件に巻き込まれたかと思ったら、家族。

    あらびっくり、な家庭環境。
    複雑と言えなくもないですが、円満ならよろしいかと。
    富が巨大すぎて、動機がありすぎて
    謎が多すぎて分かりません。
    すべては『すべて』に当てはまるのか。
    最後の状態は、どう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月06日

    作家アリスシリーズの第2弾。
    全国展開している宝石店チェーンの社長・堂条秀一が、別宅のフロートカプセルの中で死体となって発見された。
    フロートカプセルとは、巨大な繭のような形をしたカプセルで、その中に張った特殊な液体に浸かることで、心身の疲れを癒やすのだという。
    今回もまた事件解明のために警察に協力...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月13日

    異母兄弟で仲がいいというのがそもそも信じられない私としては事件の関係者はそれぞれ何か隠してるように思えてしまう。

    火村先生の抱えるものが少し見えてそちらも気になるけどまだ明らかになることはないんだろうなー

    このレビューは参考になりましたか?

臨床犯罪学者・火村英生の推理 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

臨床犯罪学者・火村英生の推理 に関連する特集・キャンペーン