ふぉん・しいほるとの娘(上)

ふぉん・しいほるとの娘(上)

作者名 :
通常価格 979円 (890円+税)
紙の本 [参考] 1,045円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

幕末の長崎で最新の西洋医学を教えて、神のごとく敬われたシーボルト。しかし彼は軍医として、鎖国のベールに閉ざされた日本の国情を探ることをオランダ政府から命じられていた。シーボルトは丸山遊廓の遊女・其扇を見初め、二人の間にお稲が生まれるが、その直後、日本地図の国外持ち出しなどの策謀が幕府の知るところとなり、厳しい詮議の末、シーボルトは追放されお稲は残される。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年05月02日
紙の本の発売
1993年03月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

ふぉん・しいほるとの娘(上) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年07月29日

    シーボルトと長崎丸山の遊女お滝との間に生まれたイネの生涯を描いた幕末期の歴史小説。
    上巻はシーボルトとお滝の馴初めから、イネが単身、学問を捨てきれず、シーボルトの弟子であった宇和島藩の医師二宮敬作を訪ねるところまで。
    江戸時代の長崎、出島の様子、また、そこに過ごすオランダ人の生活、遊女との関係等が詳...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月17日

    シーボルトと言えば、日本に西洋医学を広めたことと、シーボルト事件という歴史の授業習った程度しか知らなかったのだけど、この壮大な歴史ドラマにただただ感動するばかりでした。しかし1400ページの大作に読むのはかなり難儀(笑)。大河ドラマにでもしてほしいくらいだけど。

    シーボルトが日本に来たのは1823...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月15日

    シーボルトが長崎の遊女に産ませた娘お稲の物語。前半はほぼシーボルトと遊女其扇の話しで、シーボルト事件を軸に来日から追放まで。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月16日

    てっきり「フィクション」だと思って不勉強なままで読み始めたんですが、基本はノンフィクション。随所に著書の創作も盛り込まれているんだと思いますが、登場人物はほぼ100%、Wikipediaで検索したら出てきます。幕末の動乱期における歴史を追いつつ、シーボルトの私生児であった「お稲」の人生を辿る、という...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月17日

    遊女として長崎の出島に出入りしシーボルトの子を産んだ其扇(ソノギ)さん。
    幕府の政策やら時代背景の記述とともに物語は続いていくのだけど、その部分は飛ばしてソノギさんの部分だけ読みたくなってしまう。
    どういう時代に生きた人たちであるかがわからないと本当の理解は得られないだろうから仕方ないと思うけど。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月28日

    日本がもっとも変わる時代に、長崎の出島は輝いた場所だった。シーボルト、出島、西洋医学。当時の日本人の世界を知りたいエネルギー、新しい医学への情熱は、すばらしい! オランダ人と日本人はこのころ出会っていたんですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月30日

    母国を思うあまり国禁を犯し、追放となった点は致し方ないと思えるが、当時の日本へ医学を惜しみなく伝承した点、また、遊女であっても深い愛情に溢れていた点はシーボルトに好感が持てる。対して、当時の日本には悲しい現実が多々あったものだと思わされる。娘の稲の今後に期待し下巻へ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月15日

    江戸鎖国時代の長崎にオランダ船でやってきた医学者シーボルト。出島に出入りする遊女其扇(お滝)との間に生まれたお稲は、偉大な父と同じ医学、産科医として自立していく。職業を持った女などいない時代に医者としての道を志し、教えをうけた石井宗謙に犯され女児を生みながらも幕末、明治維新を生き抜いていく。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「間宮林蔵」でも出てきたシーボルトと、遊女其扇の出会いから物語は始まる。やがて二人の間にはハーフの女の子が生まれるが、シーボルトは国外追放を受けることに。彼女はどのように成長するのでしょうか・・・??なんかすごい不安。この時代でハーフ。しかも美女。大丈夫か??どきどき

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月05日

    シーボルトの娘・イネの生涯。
    司馬遼太郎『花神』に出てくるような村田蔵六との関係はほとんどありません。
    日本で初めての女性医師になるために、シーボルトの娘として生まれてきたのですね。

    上巻はイネの父シーボルトや母オタキの内容が多いです。

    このレビューは参考になりましたか?

ふぉん・しいほるとの娘 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • ふぉん・しいほるとの娘(上)
    幕末の長崎で最新の西洋医学を教えて、神のごとく敬われたシーボルト。しかし彼は軍医として、鎖国のベールに閉ざされた日本の国情を探ることをオランダ政府から命じられていた。シーボルトは丸山遊廓の遊女・其扇を見初め、二人の間にお稲が生まれるが、その直後、日本地図の国外持ち出しなどの策謀が幕府の知るところとなり、厳しい詮議の末、シーボルトは追放されお稲は残される。
  • ふぉん・しいほるとの娘(下)
    日本に残されたお稲は偉大な父・シーボルトを慕って同じ医学の道を志す。女の身で医者になることなど想像すらできなかった時代に、父の門下生を各地に訪ね産科医としての実力を身につけていくが、教えをうけていた石井宗謙におかされ、女児を身ごもってしまう……。激動の時代を背景に、数奇な運命のもとに生まれた女の起伏に富んだ生涯を雄渾の筆に描く吉川英治文学賞受賞の大作。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング