ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~

小説5位

  • 最新刊

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~

作者名 :
通常価格 702円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ビブリア古書堂に迫る影。太宰治自家用の『晩年』をめぐり、取り引きに訪れた老獪な道具商の男。彼はある一冊の古書を残していく――。奇妙な縁に導かれ、対峙することになった劇作家ウィリアム・シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。青年店員と美しき女店主は、彼女の祖父によって張り巡らされていた巧妙な罠へと嵌っていくのだった……。人から人へと受け継がれる古書と、脈々と続く家族の縁。その物語に幕引きのときがおとずれる。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
掲載誌・レーベル
メディアワークス文庫
電子版発売日
2017年03月24日
紙の本の発売
2017年02月
コンテンツ形式
EPUB
  • 映画化

    「ビブリア古書堂の事件手帖」

    2018年11月1日公開
    出演:黒木華、野村周平、成田凌

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年10月30日

暫くぶりにビブリア古書堂ものを読んだ。今回は外書。シェークスピアの戯曲をまとめたもの。原書か、あるいはそれを複製したファクシミリと呼ばれるものか。赤、青、白の色の皮で製本された本の中で17世紀の本物はどれか?栞子さんの母親である智恵子さんも登場。そして大輔くんと栞子さんとの仲はどうなるか?面白かった...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月19日

大好きな日常系ミステリーの代表作。大満足の最終話。個人的には、これまでの短編集よりも、長編の7の方が読みごたえがあった。映画化も楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月13日

ずっと、6巻までを積読していたのに、6巻を読んでる途中で続きを立て続けに読みたくなったので、仕事の休憩中に買いに走りました。
期待通り?、や、それ以上?に面白かった。

大輔くんも何かわかるようになったのか?と期待させつつ、なんだ違ったのかと残念に思っていたらの、もっと大事なヒント。
う~ん、なるほ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月05日

文学としての深さはないかもしれないが、読んで良かったと思える作品。栞子と大輔が愛おしい。

明星大学と丸善雄松堂があとがきに出てきて嬉しい。

わたしも公私で稀覯書を扱うから、本そのものへの熱さだけはよく分かる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月05日

シリーズ完読。
少しは本を読むほうかなと思うけれど、シリーズを通して知っている本がほとんど出てこないので、全然読書家なんて言えないんだなと痛感。もっと本に詳しい人であれば、セリフや人物名でより楽しめるし、私のような人には作中作品を読んでみようかなと思わせ、よくできている。昔鎌倉で働いていたこともあっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play