ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~

ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。 違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。 本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていたのだ。 過去と現在、まるで再現されるかのような奇妙な巡り合わせに、薄気味悪さを感じる二人。それは偶然か必然か? 深い謎の先にある真実とは?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
メディアワークス文庫
電子版発売日
2015年03月03日
紙の本の発売
2014年12月
サイズ(目安)
3MB
  • 映画化

    「ビブリア古書堂の事件手帖」

    2018年11月1日公開
    出演:黒木華、野村周平、成田凌

ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月11日

    今更ながら、このシリーズの構成、すごい。終わった問題だと思っていたことがどんどん繋がっていく。シリーズものでこんなに上手に繋げられるのは、後付けじゃなくて最初から考えていたんだろうな。
    栞子さんが好意を自覚するとすごく可愛い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月15日

    栞子さんにとって因縁の古書、太宰治「晩年」の行方を追って過去と現在が激しく交錯するサスペンス&ミステリーの完成度が今迄で一番の出来と自信を持って断言できる最高傑作の6冊目です。本書を読んでいると「五浦と栞子さんが付き合っている」という情報を北鎌倉の住人の8割以上が共有しているんじゃないかとマジで確信...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月06日

    "今回の古書は太宰治さんの「晩年」。おもしろかった。
    まだまだ続けてほしいシリーズですが、古書にまつわる話を作るには、相当の調査が必要なのだろう。"

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月28日

    太宰治の晩年の初版本を栞子から奪おうとした田中、彼は現在公判の身である。
    そんな折り、彼は、店員であり、恋人でもある五浦の前に現れる。

    しかも依頼者として。
    田中は、自分の祖父が所有していたもう1つの晩年を探しており、その行方を探す行為を
    ビブリア古書堂に持ち込む。

    署名ではない、しかし、太宰自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月25日

    シリーズ6作目は太宰治作品をベースに進む。
    過去の事件、因縁。
    祖父母の代からの出来事と現代との繋がりに少し混乱。
    内容的にミステリーとサスペンスが融合した感じで。
    全体像はまだ掴めてはいないけど、今後のクライマックスへの序章。
    そんな印象を持った今回の作品でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月20日

    今回は太宰1本。
    『お前は嘘がうまいから、行いだけでもよくなさい』

    「晩年」を追ううちに、47年前の盗難事件から関係者が繋がっていく。
    今までの伏線も回収されてきて、オーラスに向かっていく中で、人間の欲、醜さが露となったラストに新たな謎が!!

    太宰の読んだことない作品を読みたくなりつつ、感想とし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月11日

    古書と本を巡る人間模様を解き明かすシリーズも6作目。今回は太宰治が再びテーマに。栞子と『晩年』を巡って対立した田中敏雄からの依頼。彼の祖父が持っていたという『晩年』を探していく内に、栞子たちは思いがけず自分たちのルーツを辿ることになる。

    一作目の終盤を思わせるようなミステリーとサスペンスあふれる一...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月20日

    太宰治には全く思い入れがないので、読み物として読むだけになったが、まあそれなりに楽しみました。さて、どう落ち着かせるのかなー。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月23日

    面白かった!色々なつながりが明確になってきた…!途中で誰が誰の娘で、、などの繋がりが分からなくなりかけましたが笑 中盤から一気に読み進められた!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月03日

    面白かった。ビブリアも6冊目になるが、なかなか飽きることなく楽しませてくれます。最後の盛り上げ方がうまいですね。中盤以降は一気に読み終わりました。

    このレビューは参考になりましたか?

ビブリア古書堂の事件手帖 のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~
    鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋 「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない、若くきれいな女性だ。だが、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大抵ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも。彼女は古書にまつわる謎と秘密を、ま...
  • ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~
    鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その美しい女店主が帰ってきた。だが、入院以前とは勝手が違うよう。店内で古書と悪戦苦闘する無骨な青年の存在に、戸惑いつつもひそかに目を細めるのだった。 変わらないことも一つある ── それは持ち主の秘密を抱えて持ち込まれる本。まるで吸い寄せられるかのように舞い込んでくる古書には、人の秘密、そして想いがこもっている。青年とともに彼女はそれを...
  • ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~
    鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂は、その佇まいに似合わず様々な客が訪れる。すっかり常連となった賑やかなあの人や、困惑するような珍客も。人々は懐かしい本に想いを込める。それらは思いもせぬ人と人の絆を表出させることも。美しき女店主は頁をめくるように、古書に秘められたその「言葉」を読み取っていき ──。 彼女と無骨な青年店員が、妙なる絆を目の当たりにしたとき思うのは? 絆はとても近いと...
  • ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~
    珍しい古書に関係する、特別な相談 ── 謎めいた依頼に、ビブリア古書堂の二人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。その古い家には驚くべきものが待っていた。 稀代の探偵、推理小説作家江戸川乱歩の膨大なコレクション。それを譲る代わりに、ある人物が残した精巧な金庫を開けてほしいと持ち主は言う。 金庫の謎には乱歩作品を取り巻く人々の数奇な人生が絡んでいた。そして、迷宮のように深まる謎はあの人物までも...
  • ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~
    静かにあたためてきた想い。無骨な青年店員の告白は美しき女店主との関係に波紋を投じる。物思いに耽ることが増えた彼女はついにこう言うのであった。必ず答えは出す、ただ今は待ってほしいと。 ぎこちない二人を結びつけたのは、またしても古書だった。いわくつきのそれらに秘められていたのは、過去と今、人と人、思わぬ繋がり。 脆いようで強固な人の想いに触れ、二人の気持ちは次第に近づいているよ...
  • ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~
    太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。 違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。 本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていたのだ。 過去と現在...
  • ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~
    ビブリア古書堂に迫る影。太宰治自家用の『晩年』をめぐり、取り引きに訪れた老獪な道具商の男。彼はある一冊の古書を残していく――。奇妙な縁に導かれ、対峙することになった劇作家ウィリアム・シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。青年店員と美しき女店主は、彼女の祖父によって張り巡らされていた巧妙な罠へと嵌っていくのだった……。人から人へと受け継がれる古書と、脈々と続く家族の縁。その物語に幕...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています