思い出のとき修理します2 明日を動かす歯車

思い出のとき修理します2 明日を動かす歯車

作者名 :
通常価格 639円 (581円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

寂れた商店街の片隅に佇む。「おもいでの時 修理します」という不思議なプレートを飾った飯田時計店。店主の時計師・秀司と、彼の恋人で美容師の明里のもとを、傷ついた記憶を抱えた人たちが訪れる。あの日言えなかった言葉や、すれ違ってしまった思い――家族や恋人、大切な人との悲しい過去を修復できるとしたら? 切なく温かく、心を癒やす連作短編集、シリーズ第2弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
344ページ
電子版発売日
2014年01月10日
紙の本の発売
2013年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

思い出のとき修理します2 明日を動かす歯車 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年10月12日

    ゆるやかな時の流れが感じられるのが好き。時計師の秀ちゃんと明里ちゃん、太一くんに関わる人たちのいろんな思いをひとつひとつ大事にして、心と心をつないでいく感じが何ともいえず素敵♪秀ちゃんと明里ちゃんが寄り添って行く様も素敵です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月14日

    一応ミステリに分類しましたが、
    なかなかファンタジー(^ ^

    前作は、こんなにオカルチックだったかな...?
    ちょっと「若い衆向け感」が強かった気が。
    小説なのですが、読後感がマンガっぽい。
    決して悪い意味ではなく(^ ^

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月15日

    なんやろうもう・・・。今、ちょっと乱読気味に読書をしている自覚はある。
    時間が限られているのに読みたい本はめちゃめちゃようけあるから、とにかくガーッと読もうとしてる・・・。
    ・・・んやけど、この本はそうやってガーッと読むのは勿体ないね・・・。

    (ガーッと読んでも大丈夫な本っていうたら失礼すぎるな)...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    あたたかい

    風花 2015年08月08日

    やっぱりこの作家さんのお話は好きだなぁ。優しくて温かくて、今までこんな風に時計を見たことがなかったけれど、最近触ってない時計を触りたくなってしまった。忘れがちな思いを思い出させてくれる、そんな本だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月14日

    日常ミステリー色がぐっと強くなる2巻目。
    4話ありますが、修理したい思い出を持つ人達のお話なのでどれもせつない。

    恋人同士になった2人がホームズ&ワトソンで謎をときつつ距離をつめていくのが
    ほほえましい。
    穏やかといいつつ秀司が結構ぐいぐいいくのが良いです(笑)
    前の恋との違いに幸せそうにワタワタ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月08日

    シリーズ2作目。
    恋人となった秀司と明里を軸にして進む短編集。
    心残りを抱えながら過ごす人達が、ふと飯田時計店に訪れて。
    「おもいでの時 修復します」の言葉のもと、過去を乗り越え未来へ前を向いて進む。そんな姿が綴られています。
    最後には心が温まる。いい1冊でした。
    個人的には「赤いベリーの約束」が心...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月20日

    いろんな〝やさしい〟というのが心に残りました。明里と香奈の関係性には涙が出ました。 本当にいい話の詰め合わせで心があったまりすぎました(* ॑꒳ ॑* ) 続きも買ってあるので読みたいと思います!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月28日

    津雲神社通り商店街にある時計修理店

    おもいでの時 修理します

    そんな看板を出す店、飯田時計店店主の秀司、
    美容師で恋人の明里

    時計の修理が持ち込まれるが、それがただの修理ではなく、思い出が絡むちょっぴり温かく

    切ないそんな物語の数々

    2人のもとにはおもいでの時 の修理を求めてまた1人お客様...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月14日

    ずっと会っていなかった妹・香奈が突然に明里を訪ねてきた。
    卒業を機に家を出てからは、ほとんど帰ることもなく過ごしてきた明里にとって、香奈は微妙な存在だ。
    「一人娘だから」と言ってしまえる香奈は、やはり幸せな時を過ごしてきたのだろう。
    もしも立場が逆だったら、その言葉にどれほど姉が傷つくかわからないは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月09日

    本作もいろんな人の思い出が良い方転がっていく。秀司と明里のふたりがいて、なんだか不思議な力が生まれてくるんだね。太一の一族とか過去もなんだか伏線がいろいろで、また次に繋がる感じだな。ふたりの柔らかく甘いやりとりが、ほっと癒してくれる。

    このレビューは参考になりましたか?

思い出のとき修理します のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 思い出のとき修理します
    仕事にも恋にも疲れ、都会を離れた美容師の明里。引っ越し先の、子供の頃に少しだけ過ごした思い出の商店街で奇妙なプレートを飾った店を見つける。実は時計店だったそこを営む青年と知り合い、商店街で起こるちょっぴり不思議な事件に巻き込まれるうち、彼に惹かれてゆくが、明里は、ある秘密を抱えていて……。どこか懐かしい商店街が舞台の、心を癒やす連作短編集。
  • 思い出のとき修理します2 明日を動かす歯車
    寂れた商店街の片隅に佇む。「おもいでの時 修理します」という不思議なプレートを飾った飯田時計店。店主の時計師・秀司と、彼の恋人で美容師の明里のもとを、傷ついた記憶を抱えた人たちが訪れる。あの日言えなかった言葉や、すれ違ってしまった思い――家族や恋人、大切な人との悲しい過去を修復できるとしたら? 切なく温かく、心を癒やす連作短編集、シリーズ第2弾。
  • 思い出のとき修理します3 空からの時報
    穏やかに交際を続ける明里と秀司。ある日「秀司の時計店を女が手伝っている」と教えられた明里は、店で骨董店の娘・郁実と出会う。東京での仕事を辞めて帰ってきたという彼女は、商店街のお祭り準備で秀司が不在がちの今だけ、店番をしているのだという。自分と境遇の似た彼女に共感を覚えつつも、秀司との関係に少しだけ不安を感じて……。切なく温かく、心を癒やす連作短編集、シリーズ第3弾。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 思い出のとき修理します4 永久時計を胸に
    不仲に思えた両親の絆、亡き妻への秘めた思い……時計店には今日も人々の「思い出」が持ち込まれる。そんな中、秀司が作ってくれているドレスウォッチの完成が近いと聞き、喜びとともに複雑な気持ちになる明里。秀司の元に、スイスの時計工房から手紙が届いているらしいからだ。ともに商店街で暮らす未来を夢見つつ、本当は秀司がスイスで修業を続けたいのではないかと悩み……。ついに完結!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

思い出のとき修理します に関連する特集・キャンペーン