銀座『柳寿司』三代目・柳葉旬。柳寿司の末っ子として生まれ、父親の跡を継ぐために寿司職人となって迎えた二度目の春――。寿司職人として大輪の花を咲かすべく、ただ今奮闘中!! 真鯛をけなす息子、真鯛に特別な思いを持つ老母。旬の真鯛の握りは息子の誤解を解くことができるのか!?

ジャンル
出版社
日本文芸社
掲載誌・レーベル
漫画ゴラク
ページ数
226ページ
電子版発売日
2013年04月19日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 江戸前の旬 1
    通常版 1巻 432円(税込)
    銀座『柳寿司』三代目・柳葉旬。柳寿司の末っ子として生まれ、父親の跡を継ぐために寿司職人となって迎えた二度目の春――。寿司職人として大輪の花を咲かすべく、ただ今奮闘中!! 真鯛をけなす息子、真鯛に...
  • 江戸前の旬 2
    通常版 2巻 432円(税込)
    食事を拒否する母の誕生日に、思い入れのあるアワビの握りを食べさせてあげたい! しかし体の弱った母のため、アワビをもっと柔らかくしてほしい。そんなお客様の申し入れに、旬はアワビの旨さをなくさず...
  • 江戸前の旬 3
    通常版 3巻 432円(税込)
    無銭飲食をした野田の手を見て、柳寿司で働かせることにした親方。その意図がわからない旬は、野田の仕事ぶりに寿司職人だったのでは!? と思い始める。しかし、数日後、野田はレジのお金とともに消えて…!?
  • 江戸前の旬 4
    通常版 4巻 432円(税込)
    改装したもんじゃ屋に客が来ないことを悩む、旬の同級生・圭斗。手間をかける旬の仕込みを見て、インスタントでも旨いことを証明してやると、ダシ巻卵の勝負を持ちかけるのだが…!?
  • 江戸前の旬 5
    通常版 5巻 432円(税込)
    強面の大仁田は、想いを寄せる桃子が他の男から結婚指輪を買ってもらう現場を目撃! 落ち込む大仁田に、旬は見た目が悪い魚ほど旨いのだと、トクビレの握りを食べさせる。その旨さに感動した大仁田は勇気...
  • 江戸前の旬 6
    通常版 6巻 432円(税込)
    釣り船の船頭・太田に調理してもらったキアジのなめろうの旨さに感嘆した旬。 その隠し味である「ノビル」は、心臓が弱かった太田の息子のためであり、その息子は大人になって家を出て行ったと聞いた旬は...
  • 江戸前の旬 7
    通常版 7巻 432円(税込)
    働かせてくれといきなり柳寿司にやってきた、グズでノロマな石本。掃除とお茶を淹れることは毎日やっていたという石本に、お茶を淹れさせた親方だが、旬はそのぬるくて濃すぎるお茶にがく然とする。しかも...
  • 江戸前の旬 8
    通常版 8巻 432円(税込)
    コンクール出場で知名度を上げた旬に、ツケ場の出入りを禁止した親方。その真意がわからない旬だったが、卵を割っただけで「料理人としての心遣いがない」と言われた佐々木の相談に乗ったことで、基本を忘...
  • 江戸前の旬 9
    通常版 9巻 432円(税込)
    夫婦ゲンカばかりしている場外食堂のおばちゃんが、家出して柳寿司にやってきた。大黒柱は一本でいいと言う亭主関白なダンナに不満を爆発させるおばちゃん、そして柳寿司に来たダンナと再び険悪に…!? 旬は...
  • 江戸前の旬 10
    通常版 10巻 432円(税込)
    パン屋を営む井上は、息子と思って可愛がってきた茂に、店を出て行くと言われ激怒。しかし茂が店を出る理由は、離島に住む人たちに焼きたてのパンを食べさせてあげたいという純粋な思いだった。旬はふたり...

江戸前の旬 76

購入済み

心に響くね

タカ 2015年02月20日

職人と呼ばれてきた人々の魂や思いやりを感じながら、楽しく読めるシリーズです。
関連シリーズもいけてます🎵

このレビューは参考になりましたか?

江戸前の旬 1

Posted by ブクログ 2011年05月13日

この主人公の仕事に対する姿勢、人への接し方、謙虚さなどを見ていると、コンサルタントとして目指すべき姿ってこんな感じなのかも?って思えます。主人公が自分と同じくらいの年齢だからかも知れません。あと、魚や寿司に関するうんちくが多いこともGOOD!

このレビューは参考になりましたか?

江戸前の旬 1

Posted by ブクログ 2010年07月10日

2年くらい前からコンビニなんかで売り始めたので
何となく興味があって読み始めた漫画。

初見の印象は、一言で表すと「地味」。
少し前の『将太の寿司』や『中華一番』(両方とも第一期)のような
店と客の日常のやり取りを描いている作品なので、
そんなに盛り上がりも無く、ただ淡々と作品が流れていく印象。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

江戸前の旬 2

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年08月05日

アワビ、ヒラメとカレイ、シャコ、ワサビの心、シンコ、マイワシ、ウニ、花火、トキシラズ、鮮度と味

目次だけ見てもすでにおいしそう。笑

ヒラメとカレイは見た目は似ているけど、ヒラメの方が高級。でもカレイにもホシガレイというカレイの王様がいる。
カレイはヒラメに勝てないと思いきやこんな魚がいるんですよ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

江戸前の旬 1

Posted by ブクログ 2017年08月05日

勉強になる漫画。
・鯛が結婚式で使われる本当の理由
・江戸前のアナゴ寿司の出し方
・上りガツオ下りガツオ
・コウイカとアオリイカの違い

などなど。
寿司屋の話なので魚のネタもつきてしまうのではないかと思いつつ、90巻近く続いているこの漫画。
読んでいて勉強になるのであきません。

主人公の旬が若さ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

江戸前の旬 50

Posted by ブクログ 2010年02月11日

間を読んでないのですが、もう50巻てすごい。しかもサイドストーリーの北海道編や父鱒之介編やら同時進行なのもすごいですね。何を目指しているのかしら。

このレビューは参考になりましたか?

江戸前の旬 48

Posted by ブクログ 2009年09月12日

なんか迷いが生じているかのような中途半端さですね。人情ものでいきたいけれど、バトルとかの要素を入れないと、マンネリになって飽きられてしまうかも、という中途半端な感じがしました。

このレビューは参考になりましたか?

江戸前の旬 47

Posted by ブクログ 2009年08月01日

時々しか読んでないので、話が急展開でびっくりしました。祝言の様子とかすごく感動深げに書いてあるのですが、それまでのことをあまり知らないので、なんだかぴんとこないです。まとめて読んでみたいです。

このレビューは参考になりましたか?