アオイホノオ(1)

アオイホノオ(1)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 607円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

1980年代初め。大阪の大作家芸術大学でTV・映画・アニメの講義を受けつつ、漫画家を目指す若者・ホノオは、しかしながら野望だけで具体的には何も動き出していなかった。そんなある日、何気なくサンデーを読んでいた彼は、当時はまだ無名の新人だったあだち充や高橋留美子の作品を目にして…?

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ゲッサン
電子版発売日
2012年10月05日
紙の本の発売
2008年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
51MB

新刊オート購入

    Posted by ブクログ 2014年12月05日

     変に熱い漫画家の島本和彦が、庵野秀明らと鎬を削っていた80年の大阪芸術大学での大学生活を漫画化。
     
     今年(2014年)にはドラマ化してさらに変な勢いづいたアオイホノオ。
     庵野秀明、矢野健太郎ら後の漫画やアニメ会を引っ張るスターに加え、ホノオモユルの視点での当時の漫画の解説で高橋留美子や松本零...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月06日

    ドラマを先に見てから読みました。

    原作は、未熟な主人公を優しく見守ってくれるような、ドラマとは別の暖かさがあって、ダメな子を受け止めてくれる、そんな場所のような、ホッとする雰囲気でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月30日

    ホノオのいーっつも考え事してるところに共感した。
    妄想やら思い込みやらで、一人で苦悶しているところも(笑。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月28日

    分類をギャグマンガにすべきか迷いましたが、最新刊での踏切のシーンがとても良く、ギャグをやりたい漫画じゃないんだな、と思ったのでストーリーに。
    島本和彦先生お得意の勢いありあまる作品ですね。
    漫画家漫画の中でも、主人公はとびきり(ある意味)リアリティのあるキャラクターで、現実が舞台の漫画としては非情に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月11日

    現在マンガ家やアニメの大御所となっている人たちがデビューしだした頃の限りなく実話に近いフィクション。マンガ家かアニメーターを志しながら何も行動に移していない主人公が、デビューしたてのあだち充や高橋留美子に対してダメ出ししているのが凄い!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月02日

    1980年代の初めの大作家芸術大学が舞台のフィクションらしいが、ま、明らかに大阪芸術大学を舞台としたほぼノンフォクションのエッセイ的な漫画と見ていいだろう。私より4-5才くらい年上の漫画家を目指す大学生の話だが、時代の雰囲気とか私の世代も十分に共感できる。
    自分の才能を疑わず、かといって何もしようと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月28日

    漫画家主役の漫画は珍しくないが、80年代ってのはこれだけ。

    『今は青春を』とか言っちゃいながらも、色々な才能に打ちのめされる一巻。

    ダサイクルを抜け出すか?二巻に期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月09日

    テンションの高さが魅力の一つ。
    読むとこちらのテンションも2割増。
    マンガやアニメに興味のある人には、共感することも多いはず。
    大学時代の庵野秀明が出てきたり、あだち充や高橋留美子の作品を批評したりする場面も
    このマンガならではで、ワクワクさせてくれる。
    島本先生には、これからもぶん回し続けていただ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月07日

    これって、わたしが1番マンガを吸収していた時代だなぁと思います。
    その時代のわたしよりも、ちょっと年齢が上の人たちの物語という感じです。

    主人公は、若き日の焔燃。
    なにをするわけでもなく、でもわけのわからない自信だけはあり、選ばれた物の恍惚と不安の間をいったり来たりする。

    この「なにをするわけで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月03日

    1980年代初頭!!
     その時代、マンガが、ぬるく成って来てゐた!!
     そのやうな状況下で、マンガ家だかアニメーターとして、デビュウをかます野望を抱いた男、焔燃は、大阪の大作家大学へ通ひながら、修練に余念がなかった!!
     矢野健太郎大先生がかっこいい!!
     カヴァー裏の高橋留美子先生の、「怒ってない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~22巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 22件
  • アオイホノオ(1)
    605円(税込)
    1980年代初め。大阪の大作家芸術大学でTV・映画・アニメの講義を受けつつ、漫画家を目指す若者・ホノオは、しかしながら野望だけで具体的には何も動き出していなかった。そんなある日、何気なくサンデーを読んでいた彼は、当時はまだ無名の新人だったあだち充や高橋留美子の作品を目にして…?
  • アオイホノオ(2)
    605円(税込)
    熱血芸大生の七転八倒青春エレジー! 時は1980年代初頭-- 近い将来、ひとかどの漫画家になってやろうともくろむ 一人の若者がいた。 男の名は焔燃。 金はないけど夢はある。 恋もしたいが、漫画が第一。 自分の無力さに打ちのめされ 飲めない酒を買う日もあるさ。 熱き野望と空回りの毎日に苦悶する 熱血芸大生の七転八倒青春エレジー 待望の第2巻!!
  • アオイホノオ(3)
    605円(税込)
    ついに立ち上がるホノオ!大都会の中心で何を叫ぶ!? 時は1980年代初頭-- 近い将来、ひとかどの漫画家に なってやろうともくろむ一人の若者がいた。 男の名は焔燃。 何かに吼えたい19歳の若者は 大きな夢と自信をぶら下げ、 首都・東京を目指し立ち上がる-- 話題爆発の新章開始! 熱血芸大生の七転八倒青春エレジー 持ち込み上京編、第3巻!!
  • アオイホノオ(4)
    605円(税込)
    打倒!庵野秀明!?あだち充!?焔のまんが道!! 各方面から大反響の島本的まんが道! 将来、ひとかどの漫画家になってやろうともくろむ 芸大1回生のホノオモユルは、 同級生の庵野秀明の自作アニメーションに衝撃を受け、 あだち充の『ナイン』にもだえ苦しむ! 三歩進んで四歩戻る七転八倒青春エレジー 第4巻!!!!!
  • アオイホノオ(5)
    605円(税込)
    熱血芸大生の七転八倒青春エレジー! 時は1980年代初頭-- 近い将来、ひとかどの漫画家に なってやろうともくろむ 一人の若者がいた。 男の名は焔燃。 己の正義を信じる19歳は 不可能を可能にするべく その眼、その心を研ぎ澄ませる--!! プライドとジェラシーが火花を散らす 熱血芸大生の七転八倒青春エレジー 白熱の第5巻!!
  • アオイホノオ(6)
    605円(税込)
    運転免許も取れないホノオの漫画道は…!? 庵野秀明たちが着々と伝説を築く一方、 車の運転免許すら取れないホノオ。 そして、一歩進んで二歩下がる1980年は暮れて、 ついに衝撃の1981年の幕が明ける! あだち充にとっても、高橋留美子にとっても 庵野秀明にとっても重要な一年が今、始まる!!!
  • アオイホノオ(7)
    605円(税込)
    時は1980年代初頭――近い将来、ひとかどの漫画家になってやろうともくろむひとりの若者がいた。男の名は焔燃(ホノオモユル)。心はすっかりプロ気分の19歳は勝手にライバル視する相手の活躍に焦り、もがき、戦い続ける――!!「エヴァンゲリオン」総監督・庵野秀明の人生も描いた熱血芸大生の七転八倒青春エレジー、急加速の第7巻!!
  • アオイホノオ(8)
    605円(税込)
    時は1980年代初頭――近い将来、ひとかどの漫画家になってやろうともくろむ1人の若者がいた。男の名は焔燃。実力と自信が一致せぬ19歳は勝手にライバル視するプロ漫画家から勇気をもらい…ついに学園ラブコメを描く!!?「高いハードルは華麗にかわす」熱血芸大生の七転八倒青春エレジー不滅の第8巻!!
  • アオイホノオ(9)
    605円(税込)
    時は1980年代初頭―近い将来、ひとかどの漫画家になってやろうともくろむ焔燃(ホノオモユル)は、出版社からの返事の電話を待ちつつ、悶々としていた…そして…ついに一本の電話が…!!!?一方、後に「エヴァンゲリオン」を作ることになる庵野秀明も京都にて…!!?熱血芸大生の七転八倒エレジー
  • アオイホノオ(10)
    605円(税込)
    時は1980年代初頭― 近い将来、ひとかどの漫画家になってやろうともくろむ 焔燃(ホノオモユル)は、アニメ制作者としても 革命を起こしてやろうと野心をたぎらせていた! そして芸大恒例の自主映画発表会にて、ついに! 彼の革命的(!?)アニメ作品が上映され…!? 熱血芸大生の七転八倒エレジー、 創作の深淵をかいまみせる第10巻!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています