吼えろペン 1
  • 完結

吼えろペン 1

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

東京近郊のレンタルビデオ・CD店の2階にある、(株)炎プロダクション。そこでは一人の熱血マンガ家が、日夜命がけで原稿と格闘していた。その男の名は、炎尾燃。彼はこれまで、締切りに間に合わないという弱音を吐いたことは一度もなかった。たとえ締切りにあと1日しかなく、24ページの原稿が真っ白のまま残っていたとしてもだ。だが、今回ばかりはさすがの燃も難しいかもしれないと思い始めた。お盆前の厳しい進行スケジュールに、いよいよ精神的についていけなくなってしまったのだ。そこで燃は、以前講師をしたことがある代々木アートデザイナー養成学院のコミック科に、アシスタントの助っ人を頼む。2時間後。燃に負けず劣らずの熱血ぶりを見せる学生・前杉英雄が、代々木から郊外の炎プロまで、自転車をかっ飛ばして、フラフラになりながらやって来るが…!?
『燃えよペン』でおなじみの、嵐を呼ぶマンガ家・炎尾燃が帰ってきた!燃とアシスタントの仲間たちが巻き起こす、大熱血、なのに爆笑の怪作。たかがマンガと侮るなかれ。彼らにとってのマンガは、自分の命の全てをかけたものなのだ。絵から、セリフからほとばしる魂の叫びを聞け!彼らのメッセージを受け止めろ!!なお各回のタイトルは、かの熱血刑事ドラマ『太陽にほえろ!』の第1話から第4話のサブタイトルのもじりになっている。そんな細かいところまで熱いのだ!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
サンデーGX
電子版発売日
2012年10月12日
サイズ(目安)
45MB

吼えろペン 1 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    漫画のノウハウ漫画ではなく、漫画家の生きざま漫画。全13巻。
    悩んだ時は炎尾先生が熱いアドバイスで助けてくれます。
    こんな生き方ができたらと、思ったり、思わなかったり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    島本和彦先生の魂のこもった漫画。燃える漫画家炎尾燃先生の周りで起こる騒動のお話。殆ど実話な話もあって面白いです!「島本はマンガ熱すぎる」という人(笑)にもお勧め。絶対ハマリます!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    熱い熱い熱すぎるぜ!島本先生!いやさ!
    炎尾燃!!

    情熱溢れ過ぎる漫画家、炎尾燃とその周囲にひしめく漫画人たちの激しい創作活動を綴った自伝的作品?
    本作の主人公は、窮地に追い込まれた炎尾が代々木アートデザイナー養成学院(会社更正中)より呼び寄せた前杉英雄(マエスギヒロ)ことヒーローだ。

    だが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    1巻で完結した前作と違い、この作品は13巻まで続いた。漫画業界の内実を描くという基本の部分は抑えてあり、炎尾燃=島本和彦という部分においては「そう思いたければ思いやがれ」と開き直っている感がある。また、同業者の漫画家も描いてあり、「うしおととら」「からくりサーカス」の藤田和日朗をモデルにしたキャラを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月28日

    以前twitterで、「世の中の97%は妥協で出来てるけど残りの3%に自分の情熱を捩じ込むんです。」(うろ覚え)というツイートを見たが、この漫画はまさにそんな感じ。
    漫画という「フィクション」と現実世界、自分の情熱や欲望を注ぎ込むべき「作品」という理想と「売りもの」という現実、その狭間でどちらにも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月31日

    読めば読むほど癖になる!尖った漫画はやはり面白いぜ!!描き手の情念が伝わってくる描写と台詞にただただ熱くなる!!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「おれが面白いと考えていることはこれだ!! 」
    燃えよペンよりフィクション色が強くなっているものの、作品の熱さは変わりません。むしろより熱くなってます!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    初めて読んだ時はビックリしました!(笑)自分の中には無いタイプだったので。でも、おもしろくてぐいぐい引き込まれてしまいました。全13巻。熱い漫画でございます!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    燃えよペンの続編的扱いながら内容は別物。燃えよペンがフィクションを名乗ったノンフィクションであるのに対し、こちらはごく一部を除いてフィクション色が強くなっている。またしてもラストは胴体着陸。この人に軟着陸なラストを期待するのが間違いといえば間違いなんだけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    絵が今風でないことは確か。しかし、これほどに面白いマンガには中々出会えるものではない。内容的には、マンガ家が主人公のギャグマンガ。一種無駄とも思える熱さが、、燃える。絵の上手いマンガ家はたくさんいるが、マンガらしいマンガを感じさせてくれる作家は希少だと思う。…まあ、ごたくはともかく。読め!面白いから...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

吼えろペン のシリーズ作品 全13巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~13件目 / 13件
  • 吼えろペン 1
    完結
    605円(税込)
    東京近郊のレンタルビデオ・CD店の2階にある、(株)炎プロダクション。そこでは一人の熱血マンガ家が、日夜命がけで原稿と格闘していた。その男の名は、炎尾燃。彼はこれまで、締切りに間に合わないという弱音を吐いたことは一度もなかった。たとえ締切りにあと1日しかなく、24ページの原稿が真っ白のまま残っていたとしてもだ。だが、今回ばかりはさすがの燃も難しいかもしれないと思い始めた。お盆前の...
  • 吼えろペン 2
    完結
    605円(税込)
    大雨のある日。自転車で炎プロダクションへ急ぐアシスタント・ヒーローは、波香という女の子を跳ねてしまった。彼女は手術を前にした入院患者なのだが、不安で病院を抜け出し、さまよっていたのだ。ヒーローは波香が、自分たちが「月間少年パルチザン」に描いている「ファイヤープロジェクト」の大ファンであると知る。作品に出てくる女性キャラクター・銀河ヒカルに感情移入し、ヒカルから勇気をもらって...
  • 吼えろペン 3
    完結
    605円(税込)
    炎尾燃は、例によって追い詰められていた。小さなカット、カットとコメント、単行本の表紙、そしてレギュラーの連載。なんでもかんでも調子よく引き受けてしまったため、時間がなくなり、何一つ締切りに間に合っていないのだ。そこで燃は『月刊シャイニング』の編集部に電話をかけた。締切りを少し遅らせてもらうためである。雑誌の発売日から逆算して、実際の締切りはまだ先。そう考えた燃は、この申し出...
  • 吼えろペン 4
    完結
    605円(税込)
    「ファイヤープロジェクトプロレス編」を執筆中の炎尾燃。息抜きにテレビのプロレス中継をつけると、リングの上では思いがけないことが起きていた。ピューマンという人気レスラーが、燃がフィクションとして描いた技を実践しているのだ。その結果、燃にはパクリマンガ家の烙印が押されてしまう。燃はマンガ家のプライドをかけて、実現不可能と思われる技を次々と考え、描いていく。だがピューマンもレスラ...
  • 吼えろペン 5
    完結
    605円(税込)
    燃にちょっと縁のあったラジオ番組「ジェミニプラネット」を通じて、マンガ家に憧れる小学生・森大樹くんが炎尾プロを訪ねてきた。大樹は、初めて見たプロの現場に驚いて、燃やアシスタントたちに次々と鋭い質問を投げかける。燃たちはなんとか詭弁を弄して、その質問をかわしていくが…!?
  • 吼えろペン 6
    完結
    605円(税込)
    人気マンガ家・渡飛鳥が、マンガ家仲間の燃、流れ星超一郎、うかつけんじを緊急招集した!飛鳥の口座から、毎月どこかに多額の使途不明金が流れているらしい。そしておそらく燃たちの口座も同じようなことになっているだろうと告げる。飛鳥は、かつて自分たち4人が妄想した正義の探偵事務所「天使ちゃん」が現実のものとなり、勝手に活動をしているのではないかと考える。ありえないと否定する燃だったが、...
  • 吼えろペン 7
    完結
    605円(税込)
    代々木アートデザイナー養成学院の同窓会に出席したヒーロー。そこで彼は、かつてのライバル・大馬場や、ラブコメが大当たりして現在超売れっ子マンガ家となっている高城に再会する。高城は売れてこそいるが、その作品は自分が本来描きたいメカアクションとは全然違っていた。そこで高城は自分を見つめなおすために、次週の連載をわざと落とすことにする。そしてその穴埋め原稿をヒーローと大馬場に競わせ...
  • 吼えろペン 8
    完結
    605円(税込)
    某ホテルで開かれた結婚式の最中、結婚記念マンガ「お笑いカップル・タケハラ夫婦」というパンフレットが配られた。それは萌の手によるものだが、現在の絵柄とは比べようもない未熟なモノだった。だが驚くべきは、なんとこの作品が2人の結婚を想定して5年も前に描かれていたということ。「キャラクターさえ決まっていれば、ストーリーなんてだいたいわかっちゃう」と言い切る萌に、周囲は改めてマンガ家の...
  • 吼えろペン 9
    完結
    605円(税込)
    巨大イベント「次世代東京おもちゃ・ホビー・キャラクター・フェスティバル」の会場で、『週刊リベンジ』連載陣16作家全員によるサイン会が行われることに。出版社側は、2時間で100枚の色紙をこなすため、絵が印刷された色紙にサインのみを書くように念を押すが、燃の隣りに座った富士鷹ジュビロは「絵を描いてこそのマンガ家ではないか?」と燃をたきつける。最初は応じる気のなかった燃も、「できないと...
  • 吼えろペン 10
    完結
    605円(税込)
    アイデア出しに詰まった燃は、彼が言うところの“アイデア・エナジー”といわれるエネルギーに満ちた店を探していた。さまよい歩いた挙げ句、ついに絶妙なファミレスを発見した燃は、見事30分間で最上のネタを絞り出す。そんな満足げな燃を見て、同業者と思われる男が突然話しかけてくる。しかも、ネームが書かれたノートを渡し、読むなり使うなり好きにしていいと言い出した。燃が読んでみると、その話はな...
  • 吼えろペン 11
    完結
    605円(税込)
    「週刊リベンジ新人デビュー大賞選考会」の審査員に選ばれた燃、富士鷹、流れ星超一郎の3人。例年ならば、最上位にいるマンガ家の意見が大賞決定に影響を与える(らしい)のだが、彼らはそれぞれが推す作品を手に真っ向から激突。結局その年は大賞ナシとなってしまった。そして翌年、「今年の新人賞こそはおれの手で選ぶ」と心に期す燃のもとに、担当編集者が「大賞を取れるよう指導してほしい」と一人の新...
  • 吼えろペン 12
    完結
    605円(税込)
    月刊「シャイニング」編集長・ボタQは、いつもゆったりとブラブラしている男。だがある日、週刊誌の編集長に威張り散らされたことから、彼の闘志に火がついた!発行部数・宣伝予算など週刊誌とは比較にならない現状で、ヤツらに威張り返すにはどうしたら良いか…。一度は連載陣の総入れ替えも考えたボタQに対し、相談を受けた燃は「マンガ家なんてみんな同じ。容れ物を変えるしかない」とアツく訴える!!
  • 吼えろペン 13
    完結
    605円(税込)
    人気連載マンガの映画化をきっかけに、一躍メジャー誌に成長した「月刊シャイニング」。だが、いまだ誌面を覆うマイナー色が読者層とズレを生じ始め、それを狙って人気作家を引き抜こうとする他社の魔の手が迫りつつあった。危機を感じた星紅がボタQと訣別して単独行動を始めた頃、燃のもとには富士鷹や流れ星から奇妙な電話が相次ぎ…

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています