アブラクサスの祭

アブラクサスの祭

作者名 :
通常価格 363円 (330円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

東北の小さな町の寺に勤める僧・浄念は、躁鬱に苦しみつつ薬と酒の力を借りて法要をこなす毎日。不惑間近となったいま、学生時代にのめり込んだバンドへの情熱が心を占める。やっと実現にこぎつけたライブのステージで、強烈な恍惚感とともに降りてきた啓示の正体は……。精神を病みロックに没入する僧が、祝祭の只中で感じた歓喜と安らぎ、心のひそやかな成長を描く芥川賞受賞第一作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
149ページ
電子版発売日
2011年10月21日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

アブラクサスの祭 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    かつてロックを志していた躁鬱の僧侶。
    思考は強烈な視覚イメージに。

    躁と鬱
    有頂天と金輪際
    あるがままとないがまま
    正と邪

    両極を行ったりきたりしながらライブへと。
    ライブの強烈なカタルシスに啓示を受けるがきっとその一瞬だけなんだろうな。
    だって祭りやもん。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月04日

     躁鬱に苦しんでいるお坊さんが、学生時代にのめり込んでいたバンドへの情熱を振り切ることが出来ず、不惑を迎え自分の住む町でライヴを開く。
     簡単に書くとこんな粗筋なのだが、勿論こんな単純な話にはなっていない。
     玄侑さんの本を読むのはこれで二冊目になるのだが、その落ち着いた感じの文章や、抽象的であ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月05日

    病と音楽って、似てる。躁鬱でヤク漬けのロックな坊主の話。出てくる音楽はほとんど分からないのに面白い。音楽って毒にも薬にもドラッグにもなるよね。で、環境そのものでもある。


    これ読んで気付いたけど、私も躁鬱の気があるんだなぁ。ただ、幸か不幸か私には病に深く落ちていけるだけの才能がない。病は深く強烈に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by 読むコレ 2012年09月06日

    心に闇を抱えた僧侶の変性意識の描写が息詰まるようです。この結末は救いといえるのだろうか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月18日

    善であり悪である神アブラクサス。それに象徴されるのは善も悪一体化した世界である。最後のライブシーン。主人公の浄念はまさにその一体化を体感する。
    このライブシーンはまさに「祭」のよう。
    人間は六道を漂うひげのようなもの。「あるがまま」ではなく「ないがまま」である。浄念は躁鬱、分裂病であると自認している...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月23日

    映画をみてから原作を。より掘り下げて補完出来た。
    視点が切り替えで、変わってないようで巡ってる、ことが感じられるような。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    うつ病の坊さんはロックに安らぎを求めた。
    読みやすい作品ではないが、面白い。

    ZAZEN BOYS(向井さん)好きにはたまらないかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月26日

    精神を患っている僧侶の浄念は薬(医者から処方される)を飲むことで心の安定を図り、酒を大量に飲む事が恒常化している。そんな彼は昔音楽をやっており、病気から来るものか何らかの啓示なのかライブをする事に。
    物語は主人公とそれを取りまく人々の視点で進んでいきます。
    浄念の危うさと彼の妻、上司、上司の奥さんの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月13日

    躁鬱を薬と酒の力でどうにか乗り切りつつ、騙し騙し法要をこなす浄念に多かれ少なかれ共鳴するひとは多いのではないだろうか。視覚的なイメージも強いため、現場にいるような息苦しささえ覚える。筆者の他の著書に比べて頽廃的、観念的になり過ぎていないのは浄念との距離の取り方が絶妙だからだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月16日

    読んでいて少しだけ苦しかったです。
    それでも、その分優しさが胸を打ちました。
    印象に残ったのは浄念と多恵の鏡のシーン。あとはナムですね。
    繊細さと力強さが入り交じった素敵なお話です。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています