人生の一椀 小料理のどか屋 人情帖1

人生の一椀 小料理のどか屋 人情帖1

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

わたしはもはや武士ではありません。思うところあって刀を捨て、包丁を選びました。刀は人を殺めます。包丁も生あるものを切りますが、正しく成仏させれば、一皿一皿、一椀一椀の料理に変わります。その味が食べていただいた方の気持ちをほぐし、素材は生まれ変わって血となり肉となります。そして、ときにはそれが、人生の一椀になったりもするのです。

ジャンル
出版社
二見書房
掲載誌・レーベル
二見時代小説文庫
ページ数
295ページ
電子版発売日
2011年06月17日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2014年04月17日

    ★4つ、面白く読めた。出てくる料理は思わず作りたくなるような、庶民の料理。今までの時代小説に感じなかった、その時代の暮らしぶりが描かれていたのが気に入った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月03日

    元武士の主人公がある事情から町人となり、料理人として生きていく話。
    血なまぐさい事件はなく、日常の小さな事件や出来事が軸。
    主人公が町人にならなければならなかったある事情は、最後の章で明らかになる。
    最初は全く触れられていなかったので、すっかり忘れていたが、先に全部説明されるより後出しされた方が読み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月18日

    わけあって刀を捨て、今は市井の料理人として包丁をふるう時吉。
    恩人であり、料理の師匠でもある長吉の教えは、まるい味で、ほっこりするような料理を心をこめて作ることだった。
    普段時代小説はほとんど読まないが、食べ物の話となると、別。
    あたたかい料理が、胸に沁みる一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月16日

    可もなく不可もなく、普通の時代小説とゆう感じ。しかし「小料理のどか屋」がその名のとおり、のどかな気分にさせてくれる(^^)続きも気になる作品。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年11月21日

    小料理屋のお話なんだけど、料理は一つのお話の中にちょっとしたスパイスみたいに添えられてる感じもありですね。

    お話の一つ一つが全部話して完全に閉められてる感じじゃなくて、いい方向に向けるように書くからあとは読者の想像次第な感じもいいですね。

    あまり有名な作品じゃないけど、読みやすくて好きです。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~25巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 25件
  • 人生の一椀 小料理のどか屋 人情帖1
    わたしはもはや武士ではありません。思うところあって刀を捨て、包丁を選びました。刀は人を殺めます。包丁も生あるものを切りますが、正しく成仏させれば、一皿一皿、一椀一椀の料理に変わります。その味が食べていただいた方の気持ちをほぐし、素材は生まれ変わって血となり肉となります。そして、ときにはそれが、人生の一椀になったりもするのです。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 倖せの一膳 小料理のどか屋 人情帖2
    元は武家だが、わけあって刀を捨て、包丁に持ち替えた時吉の「のどか屋」に難題が持ちこまれた。婚礼の寸前に花嫁が不治の病に倒れたが祝言は挙げたいと願う二人のために両家の親たちは「いつの日か、あの世でも来世でもいい、どこかで二人がめぐり合い、今度こそ倖せになれるような、そんな思いのこもった“倖せの一膳”をつくってほしい」というのだ。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 結び豆腐 小料理のどか屋 人情帖3
    刀を包丁に持ち替えた元武家の料理人時吉の「のどか屋」に天下一品の豆腐を卸している相模屋の主が病に倒れた。このままでは裏長屋の小さな豆腐屋の絶品な味がとだえてしまう。時吉と常連客たち、長屋の住人が起死回生の策で立ち上がった(表題作の『結び豆腐』)。他に『思い出の一皿』『蛍火の道』『「う」はうまいものの「う」』を収録。時吉の小料理が人々の心をほっこり温める。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 手毬寿司  小料理のどか屋 人情帖4
    冬の江戸の町に強風が吹き荒れるなか、神田三河町の茶漬屋から上がった火の手は、元武家で刀を包丁に持ち替えた料理人時吉の「のどか屋」にまで迫ってきた。師匠の娘おちよと客を一足先に逃がした時吉は、猛烈な火勢と煙のなか、風上に向かって走りだしたのだか……。喧騒のなか、どこからか赤子の鳴き声が聞こえてきた。しかし、火はもうすぐそこまで迫っている……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 雪花菜飯 小料理のどか屋 人情帖5
    江戸の大火で店を消失した「のどか屋」の時吉とおちよは、さまざまな辛苦の末、神田岩本町に新たな小料理の店を開くことができた。やがて新しい客もつきはじめた頃、同じ町内に異形の料理人が店開きし、呑み放題、食べ放題の無料大料理で「のどか屋」を潰しにかかる。そして、お互いののれんを賭けた味くらべの罠が……。その裏には札差と悪徳医者の黒い思惑が隠されていた。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 面影汁 小料理のどか屋 人情帖6
    元武士で刀を包丁に持ち替えた料理人時吉と恋女房おちよの店「のどか屋」に、常連の客、隠密「黒四組」組頭の安東満三郎が顔を出した。ある“やんごとなき御方”がお忍びで食した「のどか屋」の料理をもう一度味わいたいが外に出られない。出張料理をしてほしいというのである。その後、立派な駕籠で向かった先は、なんと江戸城であった。はたしてこの出張、吉と出るか凶と出るか。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 命のたれ 小料理のどか屋 人情帖7
    刀を包丁に持ち替えた元武士の料理人時吉が大川の土手を歩いていると突然、激しい雷鳴が轟きわたり目もくらむ閃光が走った。……と、稲妻に照らされた草むらに若い男が倒れている。男を駕籠で己れの店、小料理のどか屋に連れ帰った時吉は、正気づいた男から、世にも不思議な話を聞かされた。男は時吉たちの末裔だというのだ。しかもそれを裏づける事実が次々と……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 夢のれん 小料理のどか屋 人情帖8
    武士を捨て料理人となった時吉と女房おちよの店「のどか屋」に、顔に火傷の跡が残る若い男が何度も訪れ、弟子にしてほしいと頼む。先頃の火事で料理人の父と母を亡くし、店も失ったという。時吉の料理の師であり、女房おちよの父である長吉のすすめもあって、若者は一からやりなおす覚悟でまず「初心の屋台」を引いて街で修業することになったのだが、そこで事件が……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 味の船 小料理のどか屋 人情帖9
    山間の小藩、大和梨川藩城代組小頭の磯貝徳右衛門は、故あって武士を捨て江戸に出、料理人時吉となった。今は女房のおちよとともに岩本町にその見世ありと評判の小料理のどか屋のあるじである。そこに常連の二人の大和梨川藩士が顔を見せて、相談事があるという。遠い国許で闘病中の藩主に、身罷られる前にもう一度、江戸の料理を食していただきたいというのである。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 希望粥 小料理のどか屋 人情帖10
    男児ばかり連続誘拐(かどわかし)! 江戸を騒がす魔の手はのどか屋の千吉坊にも。 武士を捨てて江戸に出て料理人となった時吉は、女房おちよとともに岩本町で小料理のどか屋を営んでいる。二月初旬、神田多町の湯屋から火が出て、大火となった。時吉とおちよは、救け屋台を引いて、焼け出された人たちのために「希望粥」を炊き出して回った。折しも江戸では、男児ばかりが行方不明になるという奇妙な事件が...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています