怖い俳句

怖い俳句

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

世界最短の詩文学・俳句は同時に世界最恐の文芸形式でもあります。日常を侵犯・異化するなにか、未知なるものとの遭遇、人間性そのもの……作品の中心にある怖さはそれぞれですが、どれも短いがゆえに言葉が心の深く暗い部分にまで響きます。一句二句、暗唱して秘められた世界に浸ってみてください。不思議なことに、そこはかとない恐怖がやがてある種の感動へと変わるはずです。数々のホラー小説を手がけ、また俳人でもある著者が、芭蕉から現代までたどった傑作アンソロジー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 詩集・俳句
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎新書
電子版発売日
2012年09月21日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

怖い俳句 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年05月21日

    俳句って、なんか、いいもんだなと思った。俳句は写真に似てるかもね。描写しつつ仄めかす。俳句の世界に興味を持たせてくれたいい本でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月14日

    寺山の歌集に衝撃。
    しかし頭の悪い高校生ゆえ季語を知らない。
    切れ字もぴんとこず。
    とはいえ川柳というと言葉が低俗な印象。
    やっぱり俳句より短歌だ、
    俳句ではわずかに山頭火くらいだな、
    とまったく無駄なこだわりを持ち続けていたが、
    まったくの誤りであると眼を見開かされた。

    言葉少なく指し示すことの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月07日

    【怖い~を読む―2】
    いそうでいない…とか、見えそうで見えない…
    ってのが、「怖さ」を引き起こすんだろうなぁ。
    俳句は17音…すべてを語るには短すぎる…
    わかりそうでわからない…う~む、やっぱり怖い…

    本書にもあるように…
    「鑑賞する主体によって、感じる怖さはおのずと違ってきます。」
    …というわけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月23日

    そういえば最近、
    (怖い思いをした事が無いな・・・。)

    本書を手にとりながら、そう思った。

    夜中のトイレも
    母親の小言も
    ホラー映画の中のゾンビにも

    ビビらなくなったね。私…。

    ふと、
    (怖いもの…

    どこへ消えたんだろう?何時の間にいなくなっちゃったんだろう?)

    無敵の私は、ほんのちょっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月01日

    世界最短の詩である俳句。

    その俳句の世界で、誰もがその名を知る「俳聖」松尾芭蕉は
    「言ひおほせて何かある」(すべてを言いつくしてしまって、何の妙味があるだろうか)
    と言っている。
    (この言葉は本書の中でも紹介されている)

    要するに「チラリズム」

    ただ、俳句で「怪奇」や「恐怖」を表現した場合、短...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月06日

    これはすばらしい。俳句はあまり知らなかったが、この1冊で、とたんに興味が湧いてきた。俳句とは写生であるという理論もあるが、その場合も描写される現実をあるフレームで切り取るということになり、その構成の中に暗示された「背後の意味関係」が重要になる(それがなければ凡庸な句にしかならない)。そういった暗示性...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月26日

    世界最短の詩文学・俳句は同時に世界最恐の文芸形式でもあります。日常を侵犯・異化するなにか、未知なるものとの遭遇、人間性そのもの…作品の中心にある怖さはそれぞれですが、どれも短いがゆえに言葉が心の深く暗い部分にまで響きます。一句二句、暗唱して秘められた世界に浸ってみてください。不思議なことに、そこはか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月09日

    まえがき冒頭は
      俳句は世界最短の詩です。
    とのこと

    俳句・・・何気にと手にしたら、結構はまりました
    はっきりくっきりこわい句や、そこはかとなくこわい句の数々
    芭蕉から、戦前、戦後、女流、自由律、現代まで、
    多くの俳人の作から著者が採ったものを紹介
    この最短の詩から、背景や意味を読みとるのは、
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月20日

     短歌やってて俳句に触れないってやっぱ変じゃね、と思って入門の入門から。前に『怖い絵』がプチベストセラーになりましたね。「怖い」ものって実は悲しみとか可笑しさとかと表裏一体で、単純な感情ではない。
     ただ、取り上げる句数が多過ぎなんですかね。評がボキャ貧な気も。「気絶するほど怖い」「白いぶよぶよした...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月28日

    このテーマ、最初は絵画だったんじゃないかと思うんだけど。いきなり俳句に飛んだか?w。指摘されてみると、情報量が極端に少な、く想像の入る余地が大きい俳句だからこそ怖いと思える点があるし詠み人の解釈によって、普通の俳句が恐怖に変わる点も面白い。、

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています