倉阪鬼一郎の作品一覧

「倉阪鬼一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:倉阪鬼一郎(クラサカキイチロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1960年01月28日
  • 出身地:日本 / 三重県
  • 職業:作家

早稲田大学第一文学部文芸科卒。1987年『地底の鰐、天上の蛇』でデビュー。『三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人』は第3回世界バカミス・アワードを受賞。

作品一覧

2024/01/01更新

ユーザーレビュー

  • 廻船料理なには屋 荒波越えて
    おさやちゃんが、決まって良かった。
    おつるちゃんも決まりそうです。
    吉兵衛さんが見つかると申し分ないが。
    次作が楽しみです。
  • 怖い俳句
    先日読んだ「怖い短歌」の姉妹書で、著者である倉阪鬼一郎基準で選ばれた古今の怖い俳句を集めたアンソロジー。(刊行はこちらの方が先)
    読み比べてみると短歌に比べて文字数が少ない分、描写がよりタイトで読み手の想像の入り込む余地が多く「怖い」。
    収録されている句では渡辺白泉の「戦争が廊下の奥に立つている」や...続きを読む
  • 怖い短歌
    倉阪鬼一郎が俳句や短歌もやる人とは知らなかった。
    「怖い」短歌アンソロジー。夢野久作の「猟奇歌」みたいなものから、幻想的なもの、人の心理や、日常に潜むふとした闇を描いたものまで時代を問わず幅広く集めていて、ひとつひとつ解題がつく。
    「ほんたうにふとい骨の子になりましてこれは立派ななきがらになる」「う...続きを読む
  • 三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人
    初倉阪鬼一郎。紛れもないバカミスで、呆れながら大爆笑。バカすぎてもはやミステリという枠組みを超え、一ジャンルを形成してしまっているような。とにかく凄まじい狂気と才能を感じる。人を選ぶだろうが結構好きだったので、この作者はもっと読みたい。
  • 風の二代目 小料理のどか屋 人情帖28
    最初は のどか屋の福猫 ちの の訃報( ´△`)でもその後は幸せいっぱいの今回(*^^*)あの千ちゃんが嫁取りを…(´_`。)゙あんみつ隠密、いい事言うなぁ(^^)格好い~いヾ(@゜▽゜@)ノ

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!