「倉阪鬼一郎」おすすめ作品一覧

「倉阪鬼一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:倉阪鬼一郎(クラサカキイチロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1960年01月28日
  • 出身地:日本 / 三重県
  • 職業:作家

早稲田大学第一文学部文芸科卒。1987年『地底の鰐、天上の蛇』でデビュー。『三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人』は第3回世界バカミス・アワードを受賞。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/10/16更新

ユーザーレビュー

  • 若さま大団円 諸国を駆けろ
    ランニング、料理、将棋、俳句・川柳、猫などがお好きな倉阪鬼一郎さん、若さまシリーズ№8「諸国を駆けろ」、2017.8発行です。著者の得意な分野をぜんぶ網羅したハッピーエンドの作品と言っていいと思います(^-^)読みやすく楽しめました。
  • 元気が出る俳句
    タイトルに偽りなしのアンソロジーです。何度となく読み返すたびに「俳句っていいな」と思います。
    白眉は「いそぎんちやくその他生きとし生けるもの」の京極杞陽の項ですね♪
  • 猫俳句パラダイス
    倉阪鬼一郎さん「猫俳句のパラダイス」2017.1発行です。猫だらけの俳句(川柳)アンソロジーです(=^・^=) 俳句では①子猫らの逃げ場所となる書棚かな(いそむら菊)川柳では②泣き笑い我が人生は猫といた(戸部好郎)③猫といる時間がとてもやわらかい(玉利三重子) 作不詳で、④表札にネコの名前も三つ添え...続きを読む
  • 猫俳句パラダイス
    猫好きな俳人が詠んだ、猫の描写の俳句アンソロジー。猫好きな人なら「あるある」と思うでしょう。著者もまた、猫好きであり、解説が猫にメロメロな様子が表れて微笑ましいです。「俳句はわからない」と言う方で猫が好きの人におすすめの1冊ではないでしょうか。
  • 赤い球体 美術調律者・影
    ピクトマンシ-、すなわち絵画魔術というものが文学上にあって、最も有名なものは、『ドリアン・グレイの肖像』であろう。従って、ほとんどのピクトマンシ-は、ゲームに登場するものを含め、「あるものを絵の中に写すことにより、その対象を封じ込めたり操作する」というスタイルをとっている。
    本作のなかのピクトマンシ...続きを読む

特集