風は西から 小料理のどか屋 人情帖24

風は西から 小料理のどか屋 人情帖24

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

京から江戸へ二つの風。
凶暴な盗賊「嵐組」と、京都のどか屋の為助!

両国の川開きで沸き立つ宵、南新堀の下り酒問屋に賊!
黒装束の忍者に仮装の一味、花火見物衆の喝采を浴び、屋根船で酒問屋に押し込む!

旅籠付き小料理のどか屋のあるじ時吉を訪ねて、京ののどか屋から若い料理人為助が修業にやって来た。折しも幕府の黒四組のかしらで、のどか屋の常連の安東満三郎から、京の凶暴な盗賊「嵐組」が江戸に向かったという噂が入った。西からの二つの風。江戸じゅうが沸き立つ両国の川開きの宵、世にも大胆不敵な一味が花火見物衆の喝采を浴びつつ屋根船で酒問屋に押し込んだ。

本書に登場する小料理
・鯵の焼き霜造り ・鰹の銀皮造り ・鰤かぶら寿司
・海老の高野巻き ・茄子の芝海老しのび揚げ
・鯛ぞうめん ・鮪の納豆和え ・蛸のやわらか煮
・生姜ご飯 ・焼き茄子冷や汁

ジャンル
出版社
二見書房
掲載誌・レーベル
二見時代小説文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2019年06月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

    Posted by ブクログ 2019年04月07日

    第二十四弾
    今日ののどか屋から来た為助、そして盗賊団も、盗賊団は千吉の名推理と時吉の活躍で、更には大川端の屋台蕎麦も
    そして為助の方は力屋の看板娘おしのと祝言、更には盗賊団に巻き込まれた板前も新たな店を

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月30日

    西から来た盗賊「嵐組」を一網打尽に!なんだか千ちゃんがかわら版に載るのは定番になってきたな(゜゜;)いい料理人にも十手持ちにもなりそう(^^)もう一人、西から来た料理人は「力屋」へ入り婿に♪そして好評の豆腐飯を出す店がどんどん増える(^^;)

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~25巻配信中

※予約作品はカートに入りません

21~26件目 / 26件
  • あっぱれ街道 小料理のどか屋 人情帖21
    九歳の千吉が大手柄! 一茶ゆかりの地・流山で悪党の化けの皮を剥ぐ。 江戸の大火で悪党が近郊の野田、流山に移り、押し込み。 のどか屋常連の大橋季川が味醂造りの秋元家の句会に招かれ、同行した千吉は……。 旅籠付き小料理のどか屋の常連大橋季川は、のどか屋を常宿にしている江戸近郊流山の味醂づくり秋元家の句会に宗匠として招かれた。ただし江戸の大火で焼け出された悪党が近場の野田や流山に移り...
  • 江戸ねこ日和 小料理のどか屋 人情帖22
    のどか屋の看板猫が、江戸を護る猫地蔵に! 意外、これも御利益? 生まれ変わって、おいで! そんな願いが叶ったような不思議なことが重なって…。 旅籠付き小料理のどか屋に人情あふれる話が舞いこむ。 もと侍の料理人時吉と女房おちよ、息子千吉の旅籠付き小料理のどか屋の看板猫のどかが永眠。誰いうともなく祠と石の猫地蔵が祀られ、お参りの人も増えてきた。出会いがあれば、どうしったて別れも……。...
  • 兄さんの味 小料理のどか屋 人情帖23
    息子千吉が兄とも慕う修業先の兄弟子の身に思いがけぬ出来事が… 十歳になった跡取り息子は、浅草の祖父の長吉屋で修業。 大好きな兄弟子の益吉は、潮来から来た若き料理人。 故郷に店を出す夢が突然… 旅籠付き小料理のどか屋の跡取り息子・千吉は満で十、数えで十二歳。祖父の長吉が営む浅草の名店長吉屋へ修業に入ることになった。長吉屋へは関八州から料理人を志す者が修業にやってくる。長屋は三人で...
  • 風は西から 小料理のどか屋 人情帖24
    京から江戸へ二つの風。 凶暴な盗賊「嵐組」と、京都のどか屋の為助! 両国の川開きで沸き立つ宵、南新堀の下り酒問屋に賊! 黒装束の忍者に仮装の一味、花火見物衆の喝采を浴び、屋根船で酒問屋に押し込む! 旅籠付き小料理のどか屋のあるじ時吉を訪ねて、京ののどか屋から若い料理人為助が修業にやって来た。折しも幕府の黒四組のかしらで、のどか屋の常連の安東満三郎から、京の凶暴な盗賊「嵐組」が...
  • 千吉の初恋 小料理のどか屋 人情帖25
    亡父の縁で娘料理人が、のどか屋の厨で修業! 千吉より一つ上の美人! 師匠の長吉が奢侈の咎で、江戸十里四方所払いに。 時吉は主なき長吉屋を護り、のどか屋は若き伜千吉に…。 何が起きても不思議はない。 のどか屋の主時吉の兄弟子・宗吉がのれんを出して三年で亡くなった。十四の跡取り娘は父の後を継いで料理人を目指している。やがて美人の娘料理人が、のどか屋の厨で修業に入ることに……。時吉の跡...
  • 親子の十手 小料理のどか屋 人情帖26
    12/1入荷
    味比べで時吉と闘った、女料理人と童の小店に、地攻め屋の悪辣な脅迫! 品川の「紅葉屋」九つの息子、「おいらは紅葉屋を継ぐ……」。 母と子の願いを叶えるべく、父時吉は捕物への助っ人で、伜千吉は“勘働き”で協力。 旅籠付き小料理のどか屋のあるじ時吉は、十年ほど前、江戸で一番の料理人を決める「味くらべ」に出たことがある。その折に闘った若き女料理人がその後、品川で夫と田楽と蒲焼きの見世「紅...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています