武士道セブンティーン

武士道セブンティーン

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
紙の本 [参考] 759円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

「強さは力」の香織と「お気楽不動心」の早苗。対照的な剣道をする相手から多くを吸収したふたりだったが、早苗は、家庭の事情で福岡の剣道強豪校に転入。そこでの指導方法は、いままで学んだ剣道とはまったく違う、スポーツを極める剣道だった。一方香織は、母校の女子剣道部で後輩の育成に精を出し、狭かった自分の世界をひろげてゆく。互いを思いつつも、すれ違う17歳。ふたりは、目指す剣道に辿り着けるか──思わず剣道が好きになってしまう青春小説、第2弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
シリーズ
武士道シリーズ
ページ数
409ページ
電子版発売日
2011年06月17日
紙の本の発売
2011年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

武士道セブンティーン のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月22日

    「武士道シックスティーン」に続く第2弾。

    ああー、おもしろかったです!個人的には、シックスティーンよりもずっとおもしろかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月11日

    「セブンティーン」もおもしろかった!自分が今までこの本を読んでこなかったことが悔やまれるほどでした。
    自分が福岡出身なので、物語の半分は舞台が福岡で、博多弁が大量に登場するのも心地よかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月23日

    香織と早苗がそれぞれ別の場所で互いを思いながら困難に立ち向かっていく姿に感動した。武道とスポーツの違い。武士道とはなんなのか。
    前作に続き、剣道の世界の深さを知れる作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月23日

    香織ちゃん成長してるーーーーーー
    ちゃんと色んなことを受け入れられる人になってるよー
    香織にも早苗にも、導いてくれる人がいる、答えを教えてしまうのではなく、よく考えてごらん、って導いてくれる人。これがなかなか絶妙で。

    まだこの2人の成長を見られるなんて嬉しいなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月29日

    前作に続いてとてもいい話だった。
    どんなにひどい言葉でも、その裏にはやさしさがあることもあるんだなと思った。そして、この本には、田原美緒という香織の後輩も新しく登場して、美緒と香織の関係にはとてもあこがれたし、いいなと思った。
    この本の話の続きを早く読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月15日

    剣道にはさして興味はないのに...何でこんなに面白いんだ??武士道シリーズ第二弾。同じ高校剣道部だった香織と早苗は転校で離れ離れに。前作では荒くれものだった香織は随分まるくなり、ノホホンお気楽だった早苗は何だかお悩みモード。とにかく二人の目線で語られる物語は、各々特徴的な文体で魅力的。前作よりも、香...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月23日

    別れ別れになった香織と早苗。それぞれの学校で17歳という大切な一年間を悩み・もがきながらも成長していく様は実に清々しい。

    シックスティーンを読んだ後のセブンティーンは、何と言っても磯山香織さんの可愛さ爆発!もう何度クスクスしたことか。そしていつの間にか後輩や早苗にとっても優しい気持ちを持てるように...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月13日

    何度読んでもいいな。
    今回は早苗とレナの決闘後で吉野先生の武士道への想い。武道、武士の仕事は、戦いを収めることばい。スポーツと武道の違いは日本人として心に染みる。
    香織の武士道も男前。安心しろ。命まではとりはしない。かっこいい。
    また数年後読み返すのは決まってる。
    その時にまた新しい面白さに気づくの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    娘に読んでほしくて、自分が超速で読み終わった後、即、渡した。香織と早苗を結ぶ軸に加えて黒岩というあらたな視点を配し、少女の等身大の思考で語りながらも膨らみのある物語だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月23日

    前作の続き、17歳になった香織と早苗。
    武士道×女子高生の組み合わせが面白くて。
    剣道を通じて、学んで成長し、道を探りながら自らの武士道を見つけるところが良かった。
    離れていても、心が繋がっている同志ともライバルとも言える香織と早苗の関係性がとても素敵。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています