【感想・ネタバレ】武士道セブンティーン(30件)のレビュー

レビュー

Posted by ブクログ 2019年04月13日

何度読んでもいいな。
今回は早苗とレナの決闘後で吉野先生の武士道への想い。武道、武士の仕事は、戦いを収めることばい。スポーツと武道の違いは日本人として心に染みる。
香織の武士道も男前。安心しろ。命まではとりはしない。かっこいい。
また数年後読み返すのは決まってる。
その時にまた新しい面白さに気づくの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年12月18日

強さへの問い

自分の強さ
相手の強さ

自身の弱さ
相手の弱さ

勝つということ
負けるということ

己に勝つということ
相手に勝つということ

それらの問いへの一つの答え

勝負ではない
決着ではない

収着ということ
収めるということ

勝つということではない
負けることは恥ではない

いかに...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年10月28日

前作では香織ちゃんが悩んでましたが、今作では早苗ちゃんが悩む番でしたね。相変わらず2人ともとても可愛いです。早苗ちゃんのライバル校に転校して香織ちゃんに絶交されたらどうしよう、なんて、女子高生らしい悩みが本当に可愛くて、ニヤニヤしちゃいます。そして前作の最初では強くなることしか頭になかった香織ちゃん...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月15日

ヤバイ!武士道シリーズどハマりです。
福岡と神奈川、離れ離れになった2人がまたそれぞれ成長していく物語。シックスティーンでもかなりの成長ぶりを見せた2人だったけどセブンティーンの一年でもかなり成長したねー。
福岡に転向して色々悩んだり戸惑ったりほんとに早苗と一緒に自分も泣いたり笑ったり成長させてもら...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年02月10日

剣道少女たちの青春ストーリー第二弾。

今回の話も最高に面白かった。
全然前の巻に負けてないというか、むしろ面白くなっている。
この作品は笑いと感動のバランスが本当に絶妙で、読んだ後心が清々しくなる私にとっては稀有の作品である。

前回、剣道通じて親友(剣友?)となった香織と早苗だが、物語の最後で早...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月20日

早苗のいる福岡南と、香織のいる東松で舞台が分かれているけど、前作に続き、面白かった。
あんなに頑なだった香織が、早苗の影響を受けて、少しずつ変わっていく様がいい。やっぱりこの2人すきだなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月09日

たまたま旅先で出会った一冊。剣道を通じての青春ストーリー。可笑しさもあり、涙もありと眩しすぎる位。面白くて一気に読んでしまいました。続きも気になるし、前作も気になるので古本屋で探します!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月19日

武士道シックスティーンの続編。
早苗の転校により別々の地で武士道を歩む。

武士道についてこんなに真剣に悩む女子高生、本当にいたら素敵ですね。

まだ武士道エイティーンに続きます。
楽しみですね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月02日

読み終わるのがもったいない!ずっと読んでいたい!そんな素敵な作品。

またシックスティーンを読みたくなってくるなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月21日

小学生から高校卒業まで剣道を続けていたので、前作も熱く読ませて貰いました。
剣道はスポーツなのか武道なのかと言うことは永遠に付きまとうテーマですが、六三四の剣に感動して剣道を始めた元少年としてはやはり剣道は武道だと思います。
強さを求める香織もほんわかしている早苗も等しく武士道精神を胸に抱いて剣の道...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年09月01日

再読。武士道という名の大きな道の右端と左端を歩み始めた香織と早苗。冒頭からウルウル来てしまう。「戻ってくるなら勝ってからにしろ」「あたしたちの剣道が負けていいわきゃないだろうが」「あたしが認めてるのはお前の剣道だよ」と香織が早苗を叱咤する場面は最高。最後のお別れの場面も泣ける。誰もが待ち望む続編を期...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年04月06日

おもしろい!久しぶりに寝る間を惜しんで読んだ。

剣道を知らなくても、物語中で語られる武士道精神や、スポーツ剣道に対する人物たちの思いには共感できるところがあり、考えさせられるところもある。

後輩のために頭を下げるシーンなんて思わずグッと来ちゃったね
高校2年ってそういう時代だよなぁと、自分はこん...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月10日

娘に読んでほしくて、自分が超速で読み終わった後、即、渡した。香織と早苗を結ぶ軸に加えて黒岩というあらたな視点を配し、少女の等身大の思考で語りながらも膨らみのある物語だと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月05日

武士道シリーズ2作目

早苗は福岡へ転校
前巻でインターハイまで描いていたのはなかった事にして新学年になるとこから
今回も香織視点と早苗視点の交互

香織が精神的に成長している
「武者」ではなく「武士」になったんだね
なので自分の「国」や「藩」とも言える学校のために後輩を育てたり後輩に成長の機会を作...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月04日

磯山と早苗の成長をただただ嬉しく思いながら親のように見守りながら読んでしまった。
戦いを収めるのが武士道...。ふむふむ爽やかで清々しく魅力的な世界がそこには広がっていた。次作も楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月24日

続編も面白い。武士道とはという命題にそれぞれが答えを導き出す。その迷いと決断。ラストのそれぞれの決闘がスリリングで良い

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月12日

『武士道シックスティーン』の続編である『武士道セブンティーン』は、早苗と香織の別れのシーンから始まる…。

今回は、前作以上に対比が素晴らしい。
“早苗と香織”、“東松と福岡南”、“静と動”、“剛と柔”、“武士道とスポーツ”
どの対比も一概にはどちらが良いとは言えないものに対するそれぞれの思いや悩み...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月22日

一作目は香織の破天荒振りに戸惑いを覚え、なかなか物語に嵌まりきれなかったが、早苗と香織をじっくり堪能してからの二冊目は、かなりスピード感があって面白かった。

二人ともずいぶんと大人になった印象。

そして、二人ともとてもカッコいい場面が!
見ものである。

二人の友情も良いが、ここに来て武士道の何...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月23日

青春だ!
いい!
剣道とは何か?スポーツ剣道とは何か?そのうちkendoとかなるんですかね。
いつの日か、彼女たちは最高の舞台で戦うことができるんでしょうか?
その日が来るのが楽しみですね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月16日

十七歳になった香織と早苗の一年間。
福岡と横浜に、離れ離れになってしまった二人。
お互いを思い合っているのに、素直に連絡をとって、わだかまりを解くことがなかなかできない。
これ、女の子同士の腹の探り合いっていうより、どこか不器用な十代の男女みたいで、ちょっぴり可笑しい。

早苗は転校した福岡南という...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?