娼年

娼年

作者名 :
通常価格 385円 (350円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

恋愛にも大学生活にも退屈し、うつろな毎日を過ごしていたリョウ、二十歳。だが、バイト先のバーにあらわれた、会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香から誘われ、とまどいながらも「娼夫」の仕事をはじめる。やがてリョウは、さまざまな女性のなかにひそむ、欲望の不思議に魅せられていく……。いくつものベッドで過ごした、ひと夏の光と影を鮮烈に描きだす、長編恋愛小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2011年06月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2021年01月15日

    退屈していた大学生が娼夫になり、女性の欲望に魅せられる。主人公の視点で描かれていく物語で、同じように考えさせられるし純粋に面白いなと思えた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月24日

    良かった。すごく。
    文章が好き。ずっと読んでいたいと思ったくらい。
    共感した物語ではなく、ただ読み手として与えられる全て気持ち良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月26日

    石田衣良の文章好きなんだよな。

    リアルな性描写も美しい文章で綴られてるお陰でか、どこか切なくて儚い。賛否両論ありそうだけど、僕は優しい物語だと思うな。それが例え犯罪でも。

    定規で真っ直ぐ線を引くように水を飲む。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月20日

    最高。
    綺麗な18禁って感じで、憧れさえ抱く世界観。
    早く逝年読みたいし、爽年も読みたい。
    1行ずつ丁寧に読み進めたくなるし、
    世界に引き込まれていってしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月15日

    この常軌を逸したところが、たまらない人には刺さる作品です。
    映画化もされこういう表現が合っているかは分かりませんが、世の中に広く周知されてると思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月04日

    和田裕美さん紹介本の中から、ちょっと特異な本を選出。
    よこしまな気持ちで読む。。

    なんて内容でしょうか!

    主人公の森中 領(もりなか りょう→リョウ)くん、
    クールで冷淡な感情は、やや感情移入するも、

    男ならだれでもちょっとは、あこがれる様々な体験に
    うらやましいやら、尊敬するやら。。。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月03日

    再読本。
    人それぞれの欲望の形。
    表面上は抑えている内側の欲望を露に描き、それに寄り添う主人公の優しさ。
    性的描写が多いながらも、登場人物達の心の動きを捉えた描写。そして、どこか美しさを感じさせる文体は見事と思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月21日

    見ず知らずの年上の女性と短いデートをする、その短い時間でどのくらい相手の女性を喜ばせることができるか。
    彼は娼夫になり自由になったという。外見、年齢、性別、仕事で判断せず、その人の話をきちんと聞くまで判断は保留する。
    耳を澄ますと、その人の秘密の欲望は、その人の傷ついてるところや弱いとこかにある。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月26日

    いろんな人がいるんだなって分かる本。そんないろんな人を等身大に見ることのできる登場人物たちは素敵だった。続編も読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月30日

    先に映画を見てしまいました。あまりの衝撃に、原作はどうなってるのか、あのシーンはどのような表現をされているのかなど、気になって読まずにはいられませんでした。

    実際、本の方がマイルドに感じましたが。

    リョウくんがしている仕事の内容は問題あるかもしれないけれど、対人関係の仕事をしている人はとても参考...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています