娼年

娼年

作者名 :
通常価格 385円 (350円+税)
獲得ポイント

1pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

恋愛にも大学生活にも退屈し、うつろな毎日を過ごしていたリョウ、二十歳。だが、バイト先のバーにあらわれた、会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香から誘われ、とまどいながらも「娼夫」の仕事をはじめる。やがてリョウは、さまざまな女性のなかにひそむ、欲望の不思議に魅せられていく……。いくつものベッドで過ごした、ひと夏の光と影を鮮烈に描きだす、長編恋愛小説。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2011年06月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2019年07月15日

    この常軌を逸したところが、たまらない人には刺さる作品です。
    映画化もされこういう表現が合っているかは分かりませんが、世の中に広く周知されてると思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月04日

    和田裕美さん紹介本の中から、ちょっと特異な本を選出。
    よこしまな気持ちで読む。。

    なんて内容でしょうか!

    主人公の森中 領(もりなか りょう→リョウ)くん、
    クールで冷淡な感情は、やや感情移入するも、

    男ならだれでもちょっとは、あこがれる様々な体験に
    うらやましいやら、尊敬するやら。。。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月30日

    先に映画を見てしまいました。あまりの衝撃に、原作はどうなってるのか、あのシーンはどのような表現をされているのかなど、気になって読まずにはいられませんでした。

    実際、本の方がマイルドに感じましたが。

    リョウくんがしている仕事の内容は問題あるかもしれないけれど、対人関係の仕事をしている人はとても参考...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月07日

    タイトルと内容に圧倒されがちです(と私は感じました)が、丁寧に真摯に読み進めると、単純に性を売る少年とクラブオーナー女性という枠から外れたほの温かさの伝わる物語でした。

    【あらすじ】
    主人公は未成年の大学生、リョウ。
    とあるきっかけから女性客をもてなすボーイズクラブのオーナー、御堂静香に出会い、娼...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月14日

    人から借りた本。 はじめ、異性になんて破廉恥なものを貸してくれたんだ!と思ったが、文章は簡潔で読みやすく、(やってることは一部汚いともいえるが)心が篭っていて、不思議と汚いと思わない。 読む前は村上龍『オーディション』みたいなドロドロの汚ったない話かと思ったが、普通にほっこりしてしまった。咲良が可愛...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月10日

    映画を観てから読んだため、頭の中の映像が全て映画の映像で出てしまう。正直に言えば、映画を観たときは臨場感が薄い気がした。だから原作はどんな風に書かれているのか気になって買ってきた。で、読むと、映画の方が臨場感があった気がする。でも決して原作が良くない訳じゃない。むしろキレイに読ませるいい作品だった。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月20日

    なかなか衝撃的な内容なのに、描写がリアルかつきれい。ラストがそれでよかったのか疑問が残ったので★一つ減。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月02日

    愛の形にも色々あるものです

    主人公リョウのバイト先にホストで友人のシンヤが連れてきた女性御堂静香に気に入られ静香の自宅に連れて行かれるそこには若い女性がいてリョウはその女性と身体を重ねる。
    静香は女性に娼夫として男性を紹介する仕事をしておりその娼夫にリョウが適応するか若い女性と身体を重ねる事によっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月16日

    人間の欲望の多様性を感じた。
    リョウによって、欲望を満たしていく女性たち。
    女なんて…セックスなんて…といっていたリョウが
    彼女たちと出会い、思いを変えていく物語。

    石田衣良さんの言葉のチョイスがすきでした。

    ほとんどが性描写で、
    とてもエロいのだけれど、
    その中でも人間の欲望の深さや
    見た目だ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月15日

    女性やセックスを退屈だと決めつけていた少年が、ぬるりと娼婦ならぬ娼年の仕事を始めるお話。

    娼年の出会う客は変わった嗜好を持つ女性ばかりなんだけど、決してゲテモノのようには描かれない。主人公は、彼女達とあくまでフラットに向き合い、心の内を覗いていく。そうして仕事を通じて、人の心や美しさに気づいていく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています