「種村季弘」おすすめ作品一覧

「種村季弘」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/06/02更新

ユーザーレビュー

  • チリの地震 クライスト短篇集
    どの短篇も、読みながら映画にしたくなった。
    エッセイも収録されているが、「マリオネット芝居」に関する対話式論考も秀逸。機械的なものにこそ優美が宿る、というくだりに舌を巻く。
  • チリの地震 クライスト短篇集
    天が許した二人の罪人を、人は許さず飽くまで糾弾し彼らの法で裁こうとする。表題作『チリの地震』のこうした筋書に見られるように、この短編集の登場人物は理不尽に貶められ、しかも結末は必ずしも勧善懲悪とは限らない。しかしその裏にはクライストの冷静な眼差しがあり、彼は静かにそして真摯に人間の姿を描き出そうとし...続きを読む
  • チリの地震 クライスト短篇集
    「チリの地震」息が止まる衝撃。
    今まで読んだ短編の中で、一番の傑作。
    救われた喜び、再会の喜び、困難な中での一体感、待ち受けていたかのような人間の醜悪さ、夫婦に託された微かな希望。
  • 迷信博覧会
    現代まで言い伝えられている迷信を、古今東西の戯曲や故事を参照しながら由来と意味を調べるだけでなく突っ込んでいく、博物エッセイ。

    超常現象や魔法に関わる博物エッセイというと、やはり澁澤龍彦の右に出るものはいないと思うのだが、あちらがたおやかでスルリスルリと進むのに対し、こちらはかなりパワフルに話が進...続きを読む
  • 美食倶楽部 ――谷崎潤一郎 大正作品集
    不気味で滑稽でもあるが艶めかしい。

    「或る調書の一部」の掛け合いなんかは笑ってしまう。
    しかし、善いことができるはずがないから、
    気持ちの好い悪い事をするという一節にどうも心を惹かれる。

特集