「松平千秋」おすすめ作品一覧

「松平千秋」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/04/25更新

ユーザーレビュー

  • ホメロス オデュッセイア 上
    そのタイトルを訳すると、「オデュッセウスの歌」。ここでは、おおむねトロイヤ戦争の登場人物を引き継ぎ、また、有名な「トロヤの木馬」のくだりが回想録として登場したりしますので、「イリアス」の続編として、ぜひ読まれる順番は、「イリアス」⇒「オデュッセイア」でどうぞ(恥ずかしながら、学生のころ逆に読んで挫折...続きを読む
  • ホメロス オデュッセイア 上
    イリアスと並び称されるホメロスの大叙事詩。オデュッセウスの試練の冒険譚と、その家族の苦難の物語が並行して展開され、尽きることない面白さです。これも、もっと早く読んでおけばよかった。
  • ホメロス オデュッセイア 下
    『イリアス』と違った英雄譚。戦記ものというよりは大いなる旅路と家族愛が描かれていて、クライマックスにかけては思わず感情移入してしまう。あと他の人も書いてますが、酒を飲み肉を喰らいたくなる描写がそこかしこに…笑
  • ホメロス オデュッセイア 上
    『イリアス』に続きトロイア戦争末期についていくつか読んで、気が済んだのでいよいよ『オデュッセイア』再読。全篇に海の香りが満ちて開放感にあふれ、『イリアス』とあまりに違う作品世界に改めて驚かされる。もちろんどちらも好きです。

    上巻は息子テレマコスの父探しと、漂流の末パイエケス人の国で助けられたオデュ...続きを読む
  • ホメロス オデュッセイア 上
    オデュッセウスの帰国の旅とその妻に群がる求婚者たちそれぞれの情景は生き生きと描かれている。極上のエンターテインメントでもある。女神との悦楽を捨て、巨人を痛めつけ、最後には手管も使い、妻の求婚者たちを打ち滅ぼすのが爽快である。息子テレマコスの存在も大きい。夫婦愛・親子の愛も優れて感じられる。二千数百年...続きを読む