「中村計」おすすめ作品一覧

「中村計」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/09/07更新

ユーザーレビュー

  • 勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧 幻の三連覇
    あの駒大苫小牧連覇の裏には、これだけの挫折と苦労があったとは。今、当たり前のように強い大阪桐蔭高校にも、西谷監督にも、きっと知られていない多くの物語があるのだろう。
    「間違ってなかったからこそ、相手を深く傷つけ、うらみをかった」「香田が、という前に、まず自分の香田を、見る目が変わってしまったのだ」「...続きを読む
  • 無名最強甲子園―興南春夏連覇の秘密―
    2010年に春夏連覇を達成した沖縄県興南高校の野球部に密着したノンフィクション。過去に春夏連覇を達成したチームは直近の大阪桐蔭も含めて7チーム。その中で唯一2010年の興南だけが「高卒、即プロ」となった選手がいなかったチームなのです。前横浜高校監督の渡辺元智氏が「個々の力は松坂や清原、桑田が上でも総...続きを読む
  • 佐賀北の夏―甲子園史上最大の逆転劇―
    2012年の佐賀大会決勝での佐賀北高校勝利を報じた7月26日付け新聞記事。
    他紙が打線の爆発とかエースの踏ん張りとか、いかにもわかりやすい勝因をあげる一方で、朝日新聞の見出しは「がばい手堅い7犠打」。写真も2回1死1、3塁で2番打者のスクイズしようとするバットにボールが当たる瞬間。佐賀北の百崎監督が...続きを読む
  • 歓声から遠く離れて―悲運のアスリートたち―
    類希なる才能と、運を手にしたアスリートの
    光と影を読むことができました

    ここにでてくるアスリートは
    恥ずかしながらほとんど知らないひとばかりでした。
    その世界では滅多に得られない結果を
    「出してしまった」人達

    彼らは運と才能で得た栄光がゆえに、
    生涯悩み、抜け出せず、苦しみ続ける

    常に結果を出...続きを読む
  • 甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実―
    第18回ミズノスポーツライター賞 最優秀賞受賞作。中村計の『歓声から遠く離れて』という本を読み、中村計の書く文章に益々興味が湧いたので、出世作である本書を読んでみることにした。

    「松井5敬遠」に関わった星陵、明徳義塾の両監督、明徳義塾のピッチャー、松井の次の5番打者、松井秀喜…、多くの関係者に取材...続きを読む