岡本綺堂の一覧

「岡本綺堂」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

作品一覧

2021/07/13更新

世界怪談名作集
無料あり
秋の修善寺
無料あり
麻畑の一夜
無料あり
穴
無料あり
池袋の怪
無料あり
磯部の若葉
無料あり
一日一筆
無料あり
異妖編
無料あり
有喜世新聞の話
無料あり
牛
無料あり
鰻に呪われた男
無料あり
お住の霊
無料あり
御堀端三題
無料あり
思い出草
無料あり
温泉雑記
無料あり
怪獣
無料あり
怪談劇
無料あり
影を踏まれた女
無料あり
籠釣瓶
無料あり
かたき討雑感
無料あり
河童小僧
無料あり
蟹満寺縁起
無料あり
鐘ヶ淵
無料あり
兜
無料あり
火薬庫
無料あり
勘平の死
無料あり
画工と幽霊
無料あり
黄八丈の小袖
無料あり
経帷子の秘密
無料あり
ギタンジャリ
無料あり
魚妖
無料あり
魚妖
無料あり
銀座の朝
無料あり
九月四日
無料あり
蜘蛛の夢
無料あり
栗の花
無料あり
心中浪華の春雨
無料あり
慈悲心鳥
無料あり
十番雑記
無料あり
女侠伝
無料あり
人狼
無料あり
西瓜
無料あり
水鬼
無料あり
青蛙神
無料あり
青蛙堂鬼談
無料あり
玉藻の前
無料あり

ユーザーレビュー

  • 岡本綺堂 怪談選集(小学館文庫)
    夏に読むのにぴったりな怪談集。発表から100年近くたつが、無駄のない綺麗な文章でページが進む。猿の眼、一本足の女、影を踏まれた女、鰻に呪われた男、白髪鬼あたりが特に好み。綺麗なオチのつかない不気味な話はあとを引く、やはり綺堂の怪談は素晴らしい。
  • サンカの民を追って
    「山窩」と呼ばれているが単なる名称に過ぎない。
    山窩じゃない人々がつけただけの名前。
    昭和30年頃に姿を消した実際に日本の山に住んでいた漂流の民。
    そんな山窩の話をまとめた短編集。
    ある時は非民賎民と呼ばれ蔑まれながら
    そしてまたある時は日本古来の自由の民だ、原日本の末裔だと呼ばれているが
    実際どう...続きを読む
  • ちくま日本文学全集岡本綺堂
    杉浦日向子さんが書いた解説を別の本(「うつくしく、やさしく、おろかなり ー私の惚れた「江戸」」)で読んで、これは読まねば、と思って読んだのだけど、出会えて本当に良かった。 江戸の息吹を伝えてかつ、読み物としても断然面白い。半七捕物帳より5篇、三浦老人昔話より4篇、青蛙堂鬼談より2篇、戯曲から「修禅寺...続きを読む
  • 青蛙堂鬼談 岡本綺堂読物集二
    雪の降る日、招待状を受け取った「わたし」は青蛙堂へと出掛けて行った。その夜集まった人々の語る、怪談不思議譚12篇を収める。青蛙というのは中国で崇敬される三本足の蝦蟇で、支那土産に貰った竹の彫り物を気に入って号したもの。語り始めはこの青蛙にまつわる話。
    青蛙堂鬼談として含まれているのは、青蛙神、利根の...続きを読む
  • 青蛙堂鬼談 岡本綺堂読物集二
    夜ごと人間の血を舐る一本足の美女、蝦蟇に祈祷をするうら若き妻、井戸の底にひそむ美少年、そして夜店で買った目隠しされた猿の面をめぐる怪異―。ひとところに集められた男女が披露する百物語形式の怪談十二篇に、附録として単行本未収載の短篇二篇を添える

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!