岡本綺堂の作品一覧

「岡本綺堂」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

作品一覧

2023/04/28更新

御堀端三題
無料あり
籠釣瓶
無料あり
半七捕物帳
無料あり
秋の修善寺
無料あり
麻畑の一夜
無料あり
穴
無料あり
牛
無料あり
鰻に呪われた男
無料あり
海亀
無料あり
恨みの蠑螺
無料あり
江戸の化物
無料あり
小坂部伝説
無料あり
鴛鴦鏡
無料あり
叔父と甥と
無料あり
お住の霊
無料あり
思い出草
無料あり
かたき討雑感
無料あり
河童小僧
無料あり
蟹満寺縁起
無料あり
鐘ヶ淵
無料あり
兜
無料あり
火薬庫
無料あり
勘平の死
無料あり
画工と幽霊
無料あり
我楽多玩具
無料あり
木曽の怪物
無料あり
木曽の旅人
無料あり
綺堂むかし語り
無料あり
黄八丈の小袖
無料あり
経帷子の秘密
無料あり
ギタンジャリ
無料あり
魚妖
無料あり
魚妖
無料あり
銀座の朝
無料あり
九月四日
無料あり
蜘蛛の夢
無料あり
郊外生活の一年
無料あり
子供役者の死
無料あり
こま犬
無料あり
拷問の話
無料あり
五色蟹
無料あり
権三と助十
無料あり
正月の思い出
無料あり
真鬼偽鬼
無料あり
心中浪華の春雨
無料あり
慈悲心鳥
無料あり
十番雑記
無料あり
女侠伝
無料あり
人狼
無料あり
西瓜
無料あり
水鬼
無料あり
青蛙神
無料あり

ユーザーレビュー

  • 半七捕物帳―江戸探偵怪異譚―(新潮文庫nex)

    江戸ツアー

    半七捕物帖は読みたいけどまだ読んでなかったのですが、なんと宮部みゆきが編集しているとは!
    面白かったです。凄く。
    読んで良かった。物語が面白いのは当然ですが、物語の舞台になっている江戸の風景、人々の生活が描かれ、どっぷり江戸の世界に嵌まりました。
  • 綺堂むかし語り
    明治から大正、昭和初期の時代の随筆集。関東大震災前の、江戸の風情の残る湯屋や遊びの描写が興味深い。日清、日露戦争の従軍記者として大陸で過ごす随筆は、まだほのぼのとした雰囲気だ。明治41年の修善寺は、著者の暑中休暇を綴る。明治43年には漱石の修善寺大患という出来事があるのだが、同時代の作家の動向がない...続きを読む
  • 岡本綺堂 怪談文芸名作集
    名作集、ってことだし。ほぼ「近代異妖篇」に収録されているので、再読作品ばかりですが。何度読んでも良いものは良い! というより、物語の展開を知っているはずなのに、読むうちにぞくぞくさせられてしまうんですよね。そしてやはり、はっきりとした因縁のわからないものが多いのが怖い!
    「猿の眼」「笛塚」「水鬼」「...続きを読む
  • 修禅寺物語 新装増補版
    明治五年生まれの著者だから、江戸時代はついこの間。江戸時代を生きてきた人もたくさん存命中だったろうし、時代の呼び名が変わっても、中身はすぐに変わる訳じゃない。明治もかなり江戸時代のまんまだっただろう。
    だから、江戸もの「番町皿屋敷」がリアルなのは納得。
    しかし鎌倉時代の「修善寺物語」、平安時代の「玉...続きを読む
  • 半鐘の怪 半七捕物帳ミステリ傑作選
    日本のシャーロック・ホームズですなぁ。

    短編集だったので、一話ごとで読み進めていたので、完読まで時間がかかってしまいました。

    特に気にいっているのが、『奥女中』『向島の寮』ポーのオマージュの『半鐘の怪』です。楽しかったです(*^^*)

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!