河合莞爾の一覧

「河合莞爾」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/06/23更新

ユーザーレビュー

  • ジャンヌ Jeanne, the Bystander
    16 神の倫理 - 17 女神降臨 ここに本作のテーマが集約されている。
     人間の再定義 ≠ ヒト種。ヒトだけがこの世界で人間ではない、という帰結。
     人間は"善き存在(ホモ・サマリタン)"である。
     生命維持のための他者殺害(捕食)は悪しき行いではないため、問題ではない。

    デア・エクス・マキナ
    ...続きを読む
  • デッドマン
    冒頭からひきこまれ、ありとあらゆる推理で
    からくりを暴こうと読み進んだが、
    まったく想像できないミステリーでしたw
    事件は40年もの時を超えて
    真実に辿り着く。
    めちゃくちゃ読み応え抜群の作品でした。
    カラクリは全て目的を達成させるべく
    巧妙に根拠ある犯罪である事を証明してくれた。
    悲しい結末も、納...続きを読む
  • ジャンヌ Jeanne, the Bystander
    SF。ミステリ。ロボット三原則。
    全体的にはアクションも多めのサスペンス調。
    ロボット三原則を遵守しつつ殺人を犯す方法は、予想通り。
    ジャンヌの思考回路が非常に共感できる。好き。
    個人的な好みドストライクのジャンルということもあり、大満足。
    ジャンヌのようなロボットが普及している未来が、自分の理想で...続きを読む
  • カンブリア 邪眼の章 警視庁「背理犯罪」捜査係
    SFもどきの展開にどう落とし前つけるのかが気になった。が、全体に凄く満足。主人公二人組がちょっとヒーロー過ぎるかな、とは思ったが伏線も回収してるし、スピード感もあるし、荒唐無稽な感じも、重い材料をやわらげている。今迄ににない作品。次作にも期待。
  • 粗忽長屋の殺人(ひとごろし)
    落語を舞台にしたミステリとかは結構読んだことありますが、どれも「寄席」を題材にして噺家さんが謎を解いたりとかだったんですがこれはすべてが噺の中で完結しているのがすごい。有名な噺の中で謎を見つけて、おなじみのはっつぁん熊さんがどたばたしながらもその真相をご隠居が解き明かし、落語としてもきちんと成立して...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!