家入一真の一覧

「家入一真」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:家入一真(イエイリカズマ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1978年12月28日
  • 出身地:日本 / 福岡県

著作に『こんな僕でも社長になれた』などがある。

作品一覧

2017/08/25更新

ユーザーレビュー

  • なめらかなお金がめぐる社会。 あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。
    ■著者が扱っているメインテーマ
    なぜ小さな経済圏で生きるべきなのか?

    ■筆者が最も伝えたかったメッセージ
    世間の価値基準に囚われず、各自が純粋に自分がやりたいこと、
    幸せを感じることに追及できる社会。

    ■学んだことは何か
    受け身で生きてしまうと、世間体や会社の評価、また消費を煽るメーカーや
    マス...続きを読む
  • なめらかなお金がめぐる社会。 あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。
    【要約】
    日本社会は成熟し、「お金がすべて」という商業主義から、「目的を達成したい」という自己実現主義へ価値観のシフトが(若い世代を中心に)起こっている。インターネットはあらゆるものを民主化し、人々の多様な価値観に応えるプラットフォームを生み出してきた。自分の挑戦をするべく声をあげた個々人へ資金を民...続きを読む
  • こんな僕でも社長になれた
    著者の半生が赤裸々に語られている。
    人は本当に些細なきっかけで共同体から孤立してしまうんだと思った。
    この本はそんな孤立してしまった人に、勇気を与えられるだろう。
  • なめらかなお金がめぐる社会。 あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。
    自分が何となく考えていたことを家入一真さんはすでに3年前に著作としてまとめていて少し恥ずかしい思いをしてしまった

    資本主義の限界を指摘して、固定的な考えに対するマイノリティの生きづらさを主張するのは簡単だが、家入さんはそれに対して資本主義という大きな枠組みの中でCAMPFIREという答えを出して実...続きを読む
  • なめらかなお金がめぐる社会。 あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。
    とにかく、「誰かを応援すること」から始めようと思った。人を応援することで得た信頼や繋がりが、「社会への貯金」となって将来自分を助けてくれるかも..!!

    インタネットによって、「やりたいことができる」民主化が始まった。オリジナルソングをYouTubeで発信できるし、小説をwordで書いて電子書籍化...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!