さよならインターネット まもなく消えるその「輪郭」について

さよならインターネット まもなく消えるその「輪郭」について

作者名 :
通常価格 902円 (820円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

およそ半世紀前に産声をあげたインターネット。そのテクノロジーが生み出した新しい「世界」は社会、経済、文化、時間、家、あらゆるものをつなぎ、変化させた。しかし常時接続や無線接続、IoTのなかでその輪郭は消失し、自由と可能性に満ちた「世界」は、むしろ閉ざされつつあると家入氏は指摘する。パソコン通信からSNSを経由し、サーバー事業やプラットフォーム事業、さらに都知事選まで、ネットと共に人生を歩んできた氏が、なぜ今その「世界」に別れを告げるのか? 果たしてその「世界」の未来の姿とは? これは、その「輪郭」を取り戻すための思想の旅。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書ラクレ
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年08月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

さよならインターネット まもなく消えるその「輪郭」について のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年01月19日

    名著だと思う。本質的な豊かさは優しさと多様性の中にあることを気づかせてくれる。主従の主は、常に人であり心であるべきで、インターネットというツールではない。大切なことだと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月22日

    これからのネット社会の質的な変容についての本質的なことが多く書かれていると思う。
    自分はネット社会に触れ始めたのはWindows98以降なので、90年台前半の頃の何が出てくるのかわからない偶然性にあふれていたネット最初期の追体験としても面白い。今後の個人として/ビジネスとしてのネットとの付き合い方を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月26日

    世界に向けて開かれていくはずの、現実の世界を大きく広げていくはずのインターネットが、自分に都合のいい世界に個人を引き込ませる形となり、現実を広げていくどころか現実を追認し制約をかけ、同類同士の閉ざされた小さな世界を大量に生み出し、それらが交わることなく監視しあうような、そんな状態におちいっている現状...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月11日

    かなり昔から気になっている人でした。

    現時点では刊行より3年近く経ってしまいましたが、問題なく今この時を語っています。ドッグイヤーと言われるこのジャンルでは核心的な素晴らしい内容であると言うことでしょう。

    本書にも書かれていますが、そういえば都知事選にも出ていましたよね。

    ホリエモンや孫さん、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月23日

    家入さんの過去とインターネットの変遷が学べる一冊。これからも適度な距離感で上手に付き合っていきたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月15日

    パソコン通信の時代から、Web2.0の頃まで、ネットは現実世界では出会えない新たな世界との出会いを感じさせてくれた。今では、スマホの登場とFacebookなどSNSにより、逆に提示される情報はパーソナライズ化され、人間関係も狭いものになりがちである。さらには、自分の情報や発信がどこの誰もにもオープン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月23日

    2ちゃんねるからインターネットに入った口なので、著者の懐かしむ「輪郭がある(現実世界と区別がある)インターネット」が少し分かる。同時に、今まで気が付かなかったが、TwitterをはじめとしたSNSが普及した2010年代から、如何にインターネットの世界が変貌しているか理解する事ができた。ネットの世界に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月22日

    様々な事象は拡大縮小を繰り返す。
    インターネットもまた然り。
    結局は人が作ったものは人を超えられないということか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月20日

    30代後半の人は、インターネットの歴史が実体験に基づい総括されているのが感じられると思う。インターネットがハサミのようなものより、ラインさえあって、関係者だけ繋がっていればいいという方が怖いと思いました。
    これは、まさしく家入さんが感じている分断が、それでもいいという人が出始めているということなのか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月02日

    家入さんの新刊。本書は、ネットの変遷をめぐる様相がまざまざと伝わってくるものとなっている。

    ネットの世界もハード・ソフトを含め日々バージョンアップし、20年前とは比べ物にならないスピードで進化してきた。そんな中、その当時から入り込み今日まで携わってきた家入さんの目から見たら、今はまさに「断裂・亀裂...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています